« 尼崎港のミサゴととんび | Main | 甲子園浜にて »

February 05, 2008

服部緑地のルリビタキとカワセミ

Ruribitaki38

お天気も良さそうだったので朝から服部緑地に行ってきました。お目当ては今日もアオバトだったのですが今日も朝早くに一度でただけだそうで、そのあとは全くお出ましがなくせっかく朝から出かけたのにまったく手持ち無沙汰といった感じでした。今日は平日にもかかわらず多くのカメラマンが入れ替わり立ち代りやってきてました。そのうちの何名かは音楽堂横のルリビタキを撮影に行かれましたので私もあとから行ってみました。ここのルリビタキは餌付けされてるのですがずっと出っ放しではないので時々やってきては躑躅の中から現れてエサを取っていきます。まだ若いのかちょっと色がさえません。直射日光があたると写りがいまいちな気がします。

Sime18

じっとしてると寒いので二度のルリビタキのステージを見てから小鳥の森でイカルを撮ってると今日はシメが一緒にいてました。なぜかシメはイカルと一緒に行動することが多い鳥で木の実を同じようについばんだり地面で餌探しをするのを見かけます。今年シメを見たのは初めてでした。いつのまにか午後になってたので帰ろうかとも思いましたが、どこかでアオバトに出会うかもしれないのでダメもとで霊園の池まで行ってきました。ぐるっと池を一周したけれどこれといって何もいてないなあと思って休んでいたとき目の前の鉄柵に一瞬色鮮やかな鳥がとまりかけてすぐに見えなくなりました。

Kawasemi68

その正体はこのカワセミ。服部緑地には池がたくさんありますので、どの池でもカワセミはやってきますがここのカワセミは本当にサービスがよくって普通はカワセミがいてるのに気がついて少しでも接近しようとするとさっと逃げられるのですがこのカワセミは可能な限り接近をゆるしてくれるので辺りにほかのカメラマンもいないし貸切で撮り放題でした。

Kawasemi58 Kawasemi78

できたらエサを捕まえたところを撮りたいと思って見てましたが今日はなかなか飛び込んでくれなくてやっと飛びこんでもエサをくわえたまま遠くに移動してとまったり、小さな魚なんかはすぐに飲み込んでしまうのでうまくいきません。最後にやっと魚をくわえた姿をとらしてくれましたがちょっと遠いのでトリミングです。

Kawasemi88

« 尼崎港のミサゴととんび | Main | 甲子園浜にて »

「自然」カテゴリの記事

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
ブルーの代表見たいなルリビタキとカワセミですね。どちらも、なかなか撮る機会がないのですが、特にルリビタキのオスは未だに出会えないでいます。シメとイカルですが、私のところにいたイカルもやはりシメと一緒でした。しかし、シメとイカルがごちゃごちゃにいるのではなく、シメの群れとイカルの群れが接しているといった感じです。

doudesyoさん コメントありがとうございます。

シメの団体さんはあまり見たことがありませんね。
やっぱり福島は自然がいっぱいでいいですね。
きっとオスのルリビタキもいてるんでしょうけど、オスは茂みの中をのぞきこむように見て歩くと見つかることがあります。あまり明るい場所にはでてこないのかもしれません。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 尼崎港のミサゴととんび | Main | 甲子園浜にて »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ