« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

February 25, 2008

イカルとコイカル

Koikaru18

前回行った時はみごとにふられてしまった千里中央公園のコイカルの撮影に行ってきました。今年は広場の真ん中近くに出てくるみたいで、私が行った時はすでに大砲部隊の方々が撮影の真っ最中でした。大砲部隊の方々は距離をおいて撮影できるのでいいのですが私のレンズでは可能な限り接近しないと大きくは撮れません。近づいて逃げられでもすると恨みをかうことになるので、しかたなく団体さんの記念撮影から。

Koikaru28

Koikaru38 公園を一周して戻ってくるとイカルたちは去年と同じネズミモチの木のあたりに集結してました。ここは木が多いのである程度は接近できます。今日はコイカルが三羽もいてて、コイカルさんが集まったところが撮影できました。去年もそうだったけどコイカルは木の影の中からでようとしないので餌拾いの場面では日が差してるとかえって撮影が難しいように思います。イカルとコイカルの違いがわかるでしょうか。左の写真で顔の黒マスクが大きくて背中が茶色でわき腹が橙色がかってるのがコイカル。右手前のマスクが小さい方がイカルです。コイカルの尾の付け根部分は白いということにはじめて気がつきました

Koikaru48

地面で餌を食べてるのばっかり撮影するのも面白くないので枝にとまってくれるのを待ちました。周囲を見回して他のカメラマンやバーダーがいなくなったのを確認してから、何かに驚いて団体さんが飛び上がったのでこちらも思い切って前進です。ここでコイカルを見失ってしまうと元も子もないのですが、コイカルはわりとおっとりしてるらしくて飛び上がってもすぐ近くの枝にとまってくれました。そういえばイカルの団体さんが飛び立ってもいつも居残って餌を食べてるのはコイカルです。

Osidori88

おまけは千里中央公園の池に来てるのは知ってるけど見たことがなかった遠いオシドリ

February 24, 2008

ホオジロガモと残雪の梅林

Hojirogamo28

Hojirogamo18 ホオジロガモを見に千里南公園に行ってきました。阪急電車の駅を降りるともう12時だというのに夜から朝方にかけて降った雪が残っており、さすが千里のお山あたりは尼崎や大阪市内とはちょっとちがいます。お目当てのホオジロガモは1羽だけが公園の池にいて、日曜日ともあってこの寒いのにカメラマンたちが集まってました。ホオジロガモというのをはじめて見ましたが、やたら水中に潜るカモでした。海ガモなので港や河川、湖などでは見ることがあっても公園の池で見られるのは珍しいのではないでしょうか。よく見かけるカモみたいにずっと水の上に浮かんでいてくれると撮るほうも楽なんですが、潜るたんびに次に浮上してくる場所がかわってくるのでじっと待ってるのも退屈で寒いし、進行方向に先回りして浮上を待つといった撮影をしてみました。水上に出てる時間は短くすぐに潜ってしまうのでオートフォーカスで撮影したほうがよさそうでした。

Tugumi18

Senriminami ホオジロガモに夢中で気がつくのがおくれたのですが、ここの公園には梅林があり、しかもなかなかよく咲いていました。もっと早く来ることができればきれいな雪と梅の写真も撮れたと思いますが、かなりとけだした雪の中の紅梅です。そういえば最近はずっと鳥ばっかり撮影しに出かけてたので花の写真は撮ってませんでした。もう梅の季節なんやなあ・・・雪がかぶった紅梅なんか撮れたらいいのになんて考えてしまいます。そうこうしてるうちにまた雪がちらつき始め、ハチジョウツグミとかいうツグミも撮りたかったのですが今日は見当たらず雪の中の普通のツグミです。思ったよりもいい感じで雪と背景の緑の中の光点が画像の中に取り込めました。

February 19, 2008

緑地公園と霊園のアオバトさん

Aobato98

バーベキュー広場のアオバトも1羽だけとか5羽ほどの小集団は見たことがあるのですがあまり大きな団体さんは見たことはありませんでした。しかし今日はかなりの数のアオバトが1時すぎのステージで登場したのが見れました。次から次へと地上に降り立つのを見ると、いったいどこにこれだけの数のアオバトがとまってるのか不思議でなりません。鳩だとわかる大きさの写真を撮るには離れてるので一番接近できる場所に陣取るのですが、そこからでは木や案内標識が邪魔だし斜面になってるので中央部がくぼんでいる地形ではくぼ地に入った鳩はまったく見えず多くの鳩を撮ることができません。しかも降り立った鳩は歩きまわるので一コマで撮影できるのはせいぜい7.8羽ぐらいでしょうか。カメラマンは確実に撮影できるバーベキュー広場に集中してますがほかの場所でもアオバトは見ることはできます。Aobato108

緑地公園に隣接している霊園で先日アオバトを撮影できたので今日もくるかどうか待ってみました。カワセミなどを撮りながら待ってるといつのまにか前回とほとんど同じ場所のメタセコイヤの中ほどにとまってるのをみつけました。やっぱり霊園の池にもアオバトはくるんや。少し離れた場所から撮影をはじめて少しづつ接近していきます。かなり大きく撮影できたのでバーベキュー広場のカメラマンたちの所に戻ってアオバトの画像をみせて自慢すると「水のみに降りてきたか」の質問。そうや、接近したら降りてこないから水飲みのアオバトの姿が撮られへんやん!

Joubitaki28

本日のおまけは地面でエサ探しをしている霊園のジョウビタキくん。音楽堂の壁のあたりにも1羽縄張りをはってるのがいてるけどこちらの方がサービスよさそうでした。

February 17, 2008

アオバト大きくゲットだじぇい!

Aobato58

Aobato98 今日も朝から服部緑地に行ってきました。池に氷がはるぐらい今日は寒い日で日本庭園のほうは今日もダメでした。バーベキュー広場にきのうは沢山アオバトがでたらしいんですが、今日行ってみたら沢山いてるのはカメラマンばかりで、おまけに大きなタカがバーベキュー広場内に飛び込むなんてこともあったりで大きな群れが降りてくることはありませんでした。まあ 小集団を3ステージほど見たところで時間も1時半を過ぎ、雪も降ってきたりしたもんですからその場は撤収。休憩してるうちに雪もやんだので霊園の池でカワセミを見てから帰ることにしました。ところが霊園の池をぐるぐる回ってるうちに最初キジバトだと思ってたのがじつはアオバトだということに気がつきました。霊園の池には以前はよくアオバトがきたらしいのですが最近はさっぱりだと聞いてましたので期待してなかっただけにうれしさ倍増です。しかもほかにカメラマンは一人もいないので貸切状態。接近して逃げられてもかまわないのですきなだけ近づいて撮影できました。

Aobato48 Aobato78

あ そうそう 最初の目的のカワセミもいつもの場所にきてくれました。しかも今日はいつのまにやらもう一羽いてました。カワセミもそろそろペアリングの季節なんでしょうね。

Kawasemi78 Kawasemi68

いつも愛想よく出て来てくれる日本庭園のルリコさんのおあっぷも 頂戴いたしました。

Ruribimesu18_2

February 16, 2008

アオバト撮ったド~!!

Aobato18

服部緑地のアオバトねらいで出撃すること4度目にしてやっとアオバトの姿をおがむことができました。羽に紫色がはいるのがオスで緑一色の羽がメスです。最初いつもの日本庭園でまってたんですがちょっとほかのポイントをのぞきにいってる間に現れたらしくて、ここではまたもチャンスをのがしてしまいました。

Aoji28

アオバトの代わりにアオジが池の木にとまってくれました。

Ruribimesu38

今日はメスのルリビタキの出がよくってカメラマンの間をうろついてくれました。苔むした桜の木の根元にとまってくれたのがなかなかいい感じで撮れました。もう少し上の方にとまってくれるとおじさんはもっとうれしいんやけどな。

Aobato28

午後から仕事に行かないといけないので最後に昨日20羽ほどのアオバトが出たといわれるバーベキュー広場をのぞいてみたところ運良くアオバトが数羽降りてドングリをひろいはじめした。フェンスがあるために誰も近づけないのでアオバトにとっては安心して食事ができる場所なんでしょうね。なんとかトリミングすればいけるかなといった程度の証拠写真は取れましたが、最初の立ち位置が悪かったせいでオスがまともに写ってるのが少なくって不満が残りました。やっぱり水場でフェンスのフィルター抜きで撮りたいなあ・・・。

February 13, 2008

海老江干潟のスズガモとオオジュリン

Ebiehigata18

阪神淀川駅からすぐの淀川に人工的に造られた海老江干潟があります。冬には多くのカモたちがその周辺に集まってきて電車からでも水面がカモでうめつくされているのが確認できます。以前にも行ったことはあるのですがその時はオナガガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、ホシハジロといったよく見かけるカモとウぐらいしかわかりませんでした。今年はそれにくわえてスズガモが来てるのに気がつきました。

Suzugamo18

Suzugamo28

スズガモのオスは緑色の光沢がある黒い頭に波模様の背中がきれいで、ちょっとキンクロハジロに似ています。メスのほうは嘴の付け根に白い部分のある茶褐色の渋い色あいをしてます。活動してるスズガモが少ない上にあまり岸辺近くにはいてませんでしたので一番近くにいてるのを撮影してトリミングしてみました。

Oojurin18

岸にはえてる葦の中にはオオジュリンがいてて、これもはじめて見た鳥ですのでなんとか全体像を一枚撮りたかったのですが葦が邪魔をしてうまく撮れません。夏羽のときのオオジュリンのオスは黒い頭をしてるそうですが、この時期は普通のホオジロのメスと区別しにくいように思います。今日ここで見たカモ以外のほかの野鳥はツグミ、ヒバリ、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメと阪神電車の鉄橋沿いを飛んでた灰色をした謎の猛禽。

February 11, 2008

小型の猛禽と遭遇

Moukin38

甲山まで行ってきました。日の当たってない場所ではまだ少し雪が残ってたりしてましたが今日は日差しが暖かく感じられました。事務所前の掲示板で野鳥情報を見ると前に見た時にはなかったウソとかトラツグミ、アオゲラといった野鳥の名前が増えてました。休日ですので森林公園内を歩いている人も多くバーダーの人もそこかしこで見かけました。歩いていると私を呼び止める声がきこえました。バーダーのおじさんがトラツグミがいてるというのです。早速いいものが見れるかと期待が高まりましたがおじさんが指差したあたりにはメスのルリビタキ以外はなにも見えません。逃げられたかなとおじさんと話しながら探してると黄土色をした鳥が飛び立ちました。しまった!まだトラツグミはいたんだ・・・。杉木立の暗がりではキクイタダキが飛び回っていて撮りたいところなんですが、暗がりではシャッタースピードが延びないのでこれは断念しました。Moukin28 これといって撮りたい野鳥には遭遇しないまま歩き続けて広河原までやってくるとブッシュの中から飛び立った猛禽を見つけました。頭の上を旋回しながらすぐにどこかに行ってしまったのですが、小型の猛禽類は初めて見ました。せいぜいハトぐらいの大きさで下から見ると薄い茶色をしてました。あまり猛禽類に遭遇したことがないのでこの鳥がなんという鳥なのかわかりません。ご存知のかたがおられたら教えてください。トリミングしてもはっきりしないので難しいかもしれませんね。

今日撮った写真の中ではアオジがきれいでしたのでおまけに貼っておきます。Aoji18

肉眼ではもっとお腹の黄色がきれいだったように思ったんですけどね・・・。

  * TOSHIさんに謎の猛禽はハイタカであることを教えていただきました。

February 10, 2008

甲子園浜にて

Kousienhama18

連休ですのでどこに行っても人が多いだろうと思って近場の尼崎の埋立地に入ってみましたが、昨日の雪がとけてどこを歩いてもぬかるみ状態であるため歩きにくくて、ぐるっと埋立地を一周したもののお目当てのケアシノスリの姿はどこにもなく、いてたのはトビとホシハジロの団体さんのみ。しかたないので甲子園浜に行ってきました。海で野鳥を撮影したことがないので何が撮れるのかちょっと興味があったのですが目につくのは普通に池や川で見かけるような鳥ばかりでした。まあ、お天気もよくなったので沖の鴨が早春の光の中をのんびり浮かんでるのをながめてるのも一興カモ・・・「春の海 ひねもす のたりのたりかな」 ですな。この浮かんでるカモたちは種類がよくわかりませんでしたね。みんな首を後にして寝てるし、浜から見ると逆光になるので見づらいんですよ。キンクロハジロかスズガモのような気がします。

Hamasigi18

もっと海らしい鳥が見たくて浜の西の端まで歩いてみました。こんどはぬかるみではないけど砂浜を歩くのもなかなかしんどいものです。海辺らしい鳥というとシギ、チドリの類いということになるんでしょうね。たぶんこの団体さんはハマシギだと思います。人が近づくと一塊になって飛んでいく姿にみとれてしまいました。

Sirotidori18

ハマシギに混じってシロチドリもいてました。千鳥という名はしっていてもどんな鳥か知らない人もいてるでしょう。昆虫やゴカイやカニなどを食べるらしいんですがシギなんかと比べると短いくちばしをしてます。チドリの仲間は敵が近づくと怪我をしてるふりをして巣から敵を遠ざけ卵を守るといわれてますね。

Hajirokaituburi18

なんか物足りない気がしてたのをいっぺんに吹き飛ばしてくれたのが潜るたびにだんだん近づいてきてくれたこの鳥。浜でテトラポットに座って海を見てたとき鳥見の団体さんにカンムリカイツブリを見たかどうか聞かれたのですが、ひょっとしたらこいつかもと思ってしまった海のカイツブリ。残念ながらカンムリカイツブリではないけれどハジロカイツブリという鳥で冬鳥だそうです。赤い目がものすごくきれいで印象的でした。飛ぶと羽の内側の白が目立つのでハジロというそうです。

February 05, 2008

服部緑地のルリビタキとカワセミ

Ruribitaki38

お天気も良さそうだったので朝から服部緑地に行ってきました。お目当ては今日もアオバトだったのですが今日も朝早くに一度でただけだそうで、そのあとは全くお出ましがなくせっかく朝から出かけたのにまったく手持ち無沙汰といった感じでした。今日は平日にもかかわらず多くのカメラマンが入れ替わり立ち代りやってきてました。そのうちの何名かは音楽堂横のルリビタキを撮影に行かれましたので私もあとから行ってみました。ここのルリビタキは餌付けされてるのですがずっと出っ放しではないので時々やってきては躑躅の中から現れてエサを取っていきます。まだ若いのかちょっと色がさえません。直射日光があたると写りがいまいちな気がします。

Sime18

じっとしてると寒いので二度のルリビタキのステージを見てから小鳥の森でイカルを撮ってると今日はシメが一緒にいてました。なぜかシメはイカルと一緒に行動することが多い鳥で木の実を同じようについばんだり地面で餌探しをするのを見かけます。今年シメを見たのは初めてでした。いつのまにか午後になってたので帰ろうかとも思いましたが、どこかでアオバトに出会うかもしれないのでダメもとで霊園の池まで行ってきました。ぐるっと池を一周したけれどこれといって何もいてないなあと思って休んでいたとき目の前の鉄柵に一瞬色鮮やかな鳥がとまりかけてすぐに見えなくなりました。

Kawasemi68

その正体はこのカワセミ。服部緑地には池がたくさんありますので、どの池でもカワセミはやってきますがここのカワセミは本当にサービスがよくって普通はカワセミがいてるのに気がついて少しでも接近しようとするとさっと逃げられるのですがこのカワセミは可能な限り接近をゆるしてくれるので辺りにほかのカメラマンもいないし貸切で撮り放題でした。

Kawasemi58 Kawasemi78

できたらエサを捕まえたところを撮りたいと思って見てましたが今日はなかなか飛び込んでくれなくてやっと飛びこんでもエサをくわえたまま遠くに移動してとまったり、小さな魚なんかはすぐに飲み込んでしまうのでうまくいきません。最後にやっと魚をくわえた姿をとらしてくれましたがちょっと遠いのでトリミングです。

Kawasemi88

« January 2008 | Main | March 2008 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ