« 飛ぶ宝石と日本最小の鳥 | Main | 宝ヶ池の鴛鴦 »

January 04, 2008

ビンズイとカワセミ

Binzui18

この冬も千里中央公園にコイカルが現れたときいたので出かけたのですが、昨年のポイントにはカメラマンの姿もなく、今年は別の場所なのかもしれないと思ってウロウロしていると松林の中で数羽のビンズイが餌をさがしてました。近づくとたいてい逃げるのですが一羽のんびりしているのを撮影することができました。

Kawasemi28

池を一周しているとどこからかカワセミの鳴き声がきこえてきたので池の中をのぞきこむとメスのカワセミを見つけることができました。残念ながら南向きの場所からの撮影ですので逆光でほとんどシルエットなんですが、そのことを考えてもカワセミの羽がまったく青く見えません。背中の部分だけが水色に見えますね。カワセミの羽の色はじつは構造色になっていてシャボン玉やCDのようにそれじたいはきれいな色をしてないのに光の干渉によって色があるように見えるというものなのだそうです。カワセミの場合微細な羽毛が光を反射して緑や青にみえていたということになるのでしょうね。けっきょく今日はコイカルどころかイカルの姿も見ることができませんでした。通りかかったバーダーやほかのカメラマンの人に聞いてみてもここんとこ姿を見せてないということでした。

« 飛ぶ宝石と日本最小の鳥 | Main | 宝ヶ池の鴛鴦 »

「自然」カテゴリの記事

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 飛ぶ宝石と日本最小の鳥 | Main | 宝ヶ池の鴛鴦 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ