« 妖しくも美しいやつ&CM | Main | 猪名川のヌートリア »

December 01, 2007

ムラサキツバメとムラサキシジミ

Muratu57

Muratu17 Muratu47

久しぶりに暖かい日で近所を散歩しながらいつもの団地内の集会所にあるヘクソカズラの絡まるシャリンバイの植え込みでムラサキシジミを撮っているとムラサキツバメがやって来てくれました。ここでムラサキツバメに遭遇するのは3度目です。しかし過去二回とも羽を開いた姿を見たことがなかったのですが今日はやっと開翅してくれました。私は羽の表側を見ないとオスかメスかは区別ができないので、羽の表を見てやっとこの蝶がオスであることがわかりました。オスは全体に紫がかった黒っぽい羽をしていて、メスには前翅にムラサキシジミのような明るい紫色の部分があります。残念ながらまだ私はメスにお目にかかったことがありません。

Murasi17 Murasi27

上の写真がムラサキシジミ。ムラサキツバメとちがって後翅にはちょろっと突き出た尾状突起がありません。珍しく菊の花にとまったんですがあまり花にはよってこない蝶なのでよく見かける蝶のように花とセットで撮影されることが少なく、枯葉色の羽の裏のせいでその存在を知らない人が多いのが残念です。右がムラサキシジミのオスの開翅。ムラサキツバメとちがってじつに派手で美しく何度撮影してもあきることがありません。羽の裏と表のギャップがまたいいですね。閉じた羽が開くとき宝箱が開くような期待感があります。

« 妖しくも美しいやつ&CM | Main | 猪名川のヌートリア »

昆虫」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

野鳥も奇麗ですが、蝶もとっても奇麗ですね。いつもこの色や光沢、模様には感心します。
しかし、冬でもこんなに種類がいるんですね。うーん、私もよく見てみよう。福島では無理かなあ。

doudesyoさん おはようございます

ムラサキツバメは基本的に南方の蝶ですので福島ではいてないと思いますが、最近の温暖化や植樹によって関東あたりではよく見られるようになったそうです。
ムラサキシジミは北限が仙台あたりだったと思うのでシイやカシの植わってるあたりを探せばいてるかもしれませんよ。

あれからリベンジしたんですが、もう蝶の姿が少なすぎて・・・・
近いようで遠い場所、でも良いですね!
どこかで世代を繰り返しているんですね!
いつか撮影出来る日をゆめみます

Nanamiさん

大阪城公園や南港でも記録があるらしいので食草が植わってる近場の公園や学校でもムラツの繁殖してる可能性もあるわけですから、そのうちこんなところでといった場所でみられるかもしれませんよ。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 妖しくも美しいやつ&CM | Main | 猪名川のヌートリア »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ