« ちょっと変 | Main | 甲山のルリビタキ »

November 23, 2007

ヤマトシジミとヒメツルソバ

Yamatosijimi17

せっかくの休日ですからお天気もいいしどこかに出かけてもよかったのですが、ちょっとその気にならなくて今日も近所をうろついただけでしかも収穫はなし。今日も撮りだめしてるものの中から選びました。こう寒くなると蝶の姿もほとんど見なくなりましたが、それでも気温が上がってきますとまだヤマトシジミが飛ぶ姿が見られます。Yamatosijimi37_2 ヤマトシジミはあまりにもどこにでもいてるうえに非常に小さな蝶であるためあまり注目されることのない蝶ですが小さな花とセットで撮るとなかなか絵になる蝶だと思うのです。本来なら食草であるカタバミの花で撮るべきなのかもしれませんが、花壇の下草に使われてるコンペイトウのようなヒメツルソバの花がきれいでしたし、下の方を飛ぶヤマトシジミがよく訪花してくれてますのでヒメツルソバで撮ってみました。ヤマトシジミのオスは羽の表が薄いブルーをしていてよくみるときれいな蝶なのですがぱっとしません。メスの方はというと黒っぽい羽の表をしています。

Yamatosijimi27 

ところが低温期に発生するシジミチョウの多くにあるようにこの蝶のメスもオスのように羽が青いものが現れます。これを青メスとマニアの人たちは呼んでいるようです。ちなみにヒメツルソバはポリゴナムという名の方がよく通っているかもしれませんが、ヒマラヤ原産の植物で強健でよく増え秋には紅葉します。落ち葉のせいで私の写真では紅葉がよくわかりませんね。

« ちょっと変 | Main | 甲山のルリビタキ »

昆虫」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

「花」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ちょっと変 | Main | 甲山のルリビタキ »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ