« 2代目月下美人開花模様 | Main | 梅田のアサギマダラ »

October 14, 2007

ルリタテハとシルビアシジミ

Ruritateha37

Ruritateha47_2 せっかくの休日なのにお天気が今ひとつぱっとしない日でした。そんな日は出かけようかどうしようか、行くんだったらどこにしようかと悩んでいるうちに時間がどんどん過ぎていってしまいます。お昼ご飯をすましてやっと思い腰をあげて原付にまたがって出かけた先は尼崎市内の農業公園。今年のコスモスの咲き具合を見にいったのですが、あいにくコスモスの花は一つも咲いていませんでした。モズでも撮って他に行こうとしたときに気がついたのがこのルリタテハです。この公園には薔薇の花が多く植えられているのですが薔薇の花に蝶がとまる姿って私は見たことがありません。いろんな色があり良い香りのする薔薇の花なのに蝶はいつも冷やかすだけで通り過ぎていきます。それが蝶の中では花にはあまり興味をしめさないといわれているルリタテハがとまっているのですから意外でした。ストローをのばしているものの花の中心部ではなく逆さまになって花の下のガクあたりの膨らみで何かすってるように見えました。

Sirubiasijimi17

ここまで来たのだからついでにもう少し猪名川を遡ったところの川原でシルビアシジミを探して見ることにしました。ぜんぜん日がささないし夕方近くになったので期待はできなかったのですがキンエノコログサの上で休んでいるシルビアを見つけることができました。本当はもう一匹同じ穂の上にいてたみたいなんですがレンズを向けるとすぐに飛んでいってしまいました。少し前に見にいった時はさっぱり姿が見られなかったのですが、今日はついてる方ですね。この状態で日が差してくれたならキンエノコログサの穂が黄色く光って見えてきれいだったでしょうに残念でした。

« 2代目月下美人開花模様 | Main | 梅田のアサギマダラ »

昆虫」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

お早うございます。
バラにルリタテハとは不思議な光景ですね。
私もイネ科の雑草に口吻を差し込んでいるキタテハを見たことがあります。蜜はないと思ったのですが。

an toshiroさん いらっしゃいませ

蝶が吸うものは蜜ばかりとは限らないので、このルリタテハも毛虫の落とした糞がたくさんあったのでそれが狙いだったかもしれません。でもこの写真はもうちょっと左に寄せないとあきませんね。右の余白が多すぎです・・・反省。

蝶の種類は片手で数えるくらいしか知らない私です。
最近気をつけて植物観察するのですが
アニキさんにはやっぱりかないませんね(笑)
ルリタテハもシルビアシジミも初めて見ました。

bikkiさん いらっしゃいませ

ルリタテハはこの時期 よくみかけることができますが、普通は花にはよってきません。たいてい日光浴する姿とか樹液によってきたところしか見れません。シルビアはすでに絶滅危惧種なのでどこかで情報をしいれないと見れないと思いますし、よく見かけるヤマトシジミと区別が難しい蝶です。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 2代目月下美人開花模様 | Main | 梅田のアサギマダラ »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ