« 炎天花 | Main | やっぱり暑い! »

August 20, 2007

これがシオカラトンボ!

Siokaratonbo17

Mugiwaratonbo17 シオカラトンボなんかどこにでもいてるし、誰でも知ってると思われるかたも多いでしょうが、シオカラトンボによく似たトンボも多いし、この暑さでは写真を撮りに出かけることもままなりませんので過去に撮影した画像も利用して取り上げてみることにしました。よく人様のblogやHPを見て回るとシオカラトンボではないものをシオカラトンボとして紹介しているものがかなりあります。ひどいのになるとシオカラトンボなのにオニヤンマと書いてあって、しかもそれにコメントをいれてる人たちも何も疑問を感じてないのもありました。最普通種であるシオカラトンボも都会人にとってはまともに見ることのないトンボになってしまったのでしょうか。上の写真がオス。成熟したオスは白い粉をふいて青白く見えます。尾の先の黒い部分が多いことと青い目が特徴ですね。メスはムギワラトンボともよばれ黄色っぽい色をしてますが、時々オスのように粉をふいたものもいてるようです。

Oosiokara17_2

一番よくシオカラトンボと間違われているのがこのオオシオカラトンボでしょうね。シオカラトンボよりもおおがらでがっしりとしており色も濃く、羽の付け根に黒い三角形の部分があります。メスの黄色い色もはっきりとしていてなかなかきれいなトンボです。

Harabirotonbo_3 Sioyatonbo27_3

左が少し若いハラビロトンボ。成熟するともっと青白いなお腹になるはずです。右が春の代表的なトンボでシオヤトンボ。シオカラトンボよりもずっと小型です。

Kohukitonbo17 コフキトンボ。シオカラトンボと比べるとふと短いといった印象を受けます。胸の黒筋が多いように見えますが成熟度がまして白くなると黒筋もほとんどわからなくなるようです。メスには羽にミヤマアカネのような帯があり麦わら色をしたものとオスと同色型のものの2タイプがあります。

いずれもオスは粉をふくのでシオカラトンボによく似ているトンボですが、細かいところはおいといてシオカラトンボのスタイルと目の色を覚えておけば、他のよく似たトンボを見てもどこか違うなと感じるはずです。シオカラトンボはトンボの中でもかなりかっこいいトンボですから。

« 炎天花 | Main | やっぱり暑い! »

昆虫」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 炎天花 | Main | やっぱり暑い! »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ