« ミヤマカワトンボを撮るⅡ | Main | アオハダトンボとハグロトンボ »

July 23, 2007

ぐちゃっ

Hanamuguri17

Bunpou17 世間のお子様たちはもう夏休みなんでしょうか。今日の服部緑地はわりと静かやったんですが、蓮の咲く池や流れのある広場にはチョウトンボが飛びまわっていました。蝶の姿はあまりみかけなくてナガサキアゲハとかツマグロヒョウモン、アオスジアゲハ、ナミアゲハを少し見ただけでした。ところがクヌギの樹液にはおどろくほどのハナムグリの集団がむらがっており、圧倒的な数にカナブンがあまり近寄れない様子。たぶんシラホシハナムグリだとは思うのですがシロテンハナムグリとよく似てるのでちょっと自信ありません。こんなにたくさんのハナムグリを見たのははじめてです。このぶんだと夜にはカブトムシなんかも出てくるのかもしれません。そのあとに見たのがミツバチの集団。このおびただしい数からして分蜂というやつかもしれません。ミツバチは新しい女王蜂が生まれると女王蜂が集団を率いて巣から外にでて新しい巣を探して引っ越すのだそうです。それを分蜂というのですが、こんなに暑い時期が分蜂の時期だったのかな?

Tamamusi17

蜂はあまり刺激したくないのでそそくさと退散したのですが、そのあと歩いてるとなにか光物の昆虫が飛んできて木にとまりました。飛んでる姿からもうタマムシであることがわかって目で一生懸命追いかけて着地地点にカメラを向けてファインダーをのぞくのですが、その時にはもういてません。タマムシは意外なほど早い動きをするようでぐるぐる木をまわったかと思うと再び飛んでいってしまいました。さっきのミツバチを撮影したときにストロボを使った状態が維持されていてそのままシャッターをきってしまい写りがあまりよくないのでまた目の前に飛んできてほしいものです。山の中ではないけれどいろんな虫が見れて夏の服部緑地はお子様たちの自然観察にはおすすめの場所ですね。

« ミヤマカワトンボを撮るⅡ | Main | アオハダトンボとハグロトンボ »

昆虫」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ミヤマカワトンボを撮るⅡ | Main | アオハダトンボとハグロトンボ »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ