« モンキチョウ | Main | ゼフィルス1号 »

May 30, 2007

ツバメシジミ

Tubamesijimi1

郊外にいてる都会人からみると珍しい生物もいいですが、もっと身近なところできれいなものをと思って河川敷でツバメシジミを撮ってきました。オスが羽を開くとその空色の美しさがすばらしいのに、本当に小さな蝶なので気がついてもらえないのが残念です。

Tubamesijimi2_1

羽の裏面には橙色の斑紋が後羽の隅にあり、ワンポイントになっていてなかなかお洒落な蝶です。羽のはしっこにちょろっと尾状突起があるのがわかるでしょうか。これを燕のスワローテールにたとえてツバメシジミの名がついてます。

Tubamesijimi3

これがツバメシジミのメスです。4月に撮影したものですが、オスとちがって羽の表側が黒く、うっすらと前羽の付け根あたりに空色のりん粉が広がっています。しぶい美しさを感じますね。マメ科の植物が幼虫の食草ですのでクローバーの広がる草地とか秋には萩の花の咲く場所でもよく見かけます。

« モンキチョウ | Main | ゼフィルス1号 »

昆虫」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

ツバメシジミというのですね。初めて分かりました。小さい頃野山で見た記憶があります。違ったかな?たぶんこのツバメシジミだと思いますが、その頃は、小さいけどきれいな蝶だなあと感心していたものです。

doudesyoさん こんばんは

やっぱり誰が見てもきれいですよね。きっと福島のあたりだともっと珍しい蝶がいてると思いますよ。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« モンキチョウ | Main | ゼフィルス1号 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ