« キアゲハ登場 | Main | GWの大阪城にて »

April 29, 2007

武田尾 春の蝶

Torahusijimi1

Torahusijimi2 今年になってはじめて武田尾まで行ってみました。今日は雲ひとつない快晴の一日で、連休のため廃線跡をハイキングする家族連れや団体のハイカーが多くて写真撮影が目的の私としてはちょっと迷惑。今は夏鳥の渡りのシーズンなのですが、山のほうではまあ鳥の姿をみつけるのは無理なので声だけ聞いて満足するしかありません。杉の木のてっぺんでオオルリが鳴いてるのはなんとか見えたのですが、さすがにこれは撮影対象外です。そうなると撮影の対象は私の場合蝶などの昆虫ということになるのです。今日はわりといろんな蝶の姿を確認できました。テングチョウ、キチョウ、モンシロチョウのほか、意外に多くいたのが上の写真のトラフシジミ。よくウツギの花などに蜜を吸う姿を見ますが今日は水辺でもその姿を確認できました。ちょっとだけサービスに羽の内側をちらっとみせてくれたので、羽の内側も縞模様が見えるということをはじて知りました。

Kotubame

そして今まで見たことなかったのですが、初めて見たのがコツバメという蝶。この蝶もスプリング・エフェメラルと呼ばれる春だけ登場する蝶です。ちょっと体を寝かし気味にして静止するところに特徴があります。残念なことにピントがあまくて写真のできとしてはペケですが、はじめて撮ったことですので証拠写真ということでお許し願いたい。一応トリミングして画像処理も施しましたがこれが限界です。本当に惜しいなあ・・・。このほかにもスプリング・エフェメラルとしてはツマキチョウがわりと多く飛んでたし、川をはさんで大きくは取れなかったのですがミヤマセセリもいてました。そしてクロコノマの姿も日陰でよくみました。春にクロコノマを見たのは初めてです。大きなアカタテハもよく見たのですが、ハイカーがあまりに多くてきれいな個体を取るチャンスがなかったのも悔やまれます。下の写真左がミヤマセセリ、右がクロコノマチョウ。

Miyamaseseri Kurokonoma

« キアゲハ登場 | Main | GWの大阪城にて »

昆虫」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89521/14889373

Listed below are links to weblogs that reference 武田尾 春の蝶:

« キアゲハ登場 | Main | GWの大阪城にて »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ