July 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« これは使えるカモ | Main | 最後の一枚 »

March 11, 2007

服部緑地の椿

Ezonisiki_1

梅の花もほぼ終わってしまいましたが、桜が咲くまでにじっくりと見てもらいたいのが椿の花です。まだ寒い時期から咲きはじめる椿の花ですが、木へんに春と書くぐらいですから花の盛りはこれからと考えていいのではないでしょうか。服部緑地の都市緑化植物園にいきますと椿山があり、そこには700品種もの和洋の椿が集められています。そこで撮影した園芸品種をいくつか紹介したいと思います。上の写真は蝦夷錦(エゾニシキ)といわれる品種ですが、絞り模様が美しい古典的な品種で絞り模様の入り方が花によってぜんぜん違うのが面白い椿です。

Uraku

太郎冠者(タロウカジャ)=有楽(ウラク)

有名な侘び助椿はこの花から作られたといわれる椿です。太郎冠者とは狂言で一番に登場する人物であることから、春一番に咲くのでつけられた名で、関西でいう有楽の名は織田信長の弟で茶人でもあった織田有楽斎からきているそうです。

Benikarako

紅唐子(ベニカラコ)=日光(ジッコウ)

花の中央にあるしべの部分が丸く弁化している変わった椿で、唐人の子供の頭にある丸く結い上げた髪型がその名の由来。中央部が白い月光(ガッコウ)=ト判といわれる品種に対して中が赤いこの花を関西では日光とよぶ。

Ikkyu_2 一休                    小輪筒咲きの白花。白い花は傷みが目立つのできれいな花を探すのにこまります。清楚でシロワビスケにも似た花はきっとお茶席の花にすると似合うでしょうね。

                    

Tukinowa_2

月の輪               

濃い赤地に白斑が大きく入る品種。個人的にはこの花が今日見た花の中では一番のお気に入りでした。                  

                       ほかにもいろんな品種の椿があり、洋種椿の豪華で華やかなことといったらバラの花にも劣りません。お近くにお住まいのかたはぜひ行ってその目でお気に入りの椿を探してみて下さい。

« これは使えるカモ | Main | 最後の一枚 »

」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。
椿は一輪、凛と咲く風情がとても良いものです。
趣の感じられる名前が多いのは椿ならではですね。
私はとても覚えきれず
アニキさんの博識にはかないませんね。

bikkiさん

椿は品種がとても多いので私も看板に名前がかいてないと、ほとんどわかりません。梅や桜ばかりでなくたまには椿の花と品種名を見ながら歩くというのも一興かと思います。

おはようございます。
椿は花が開く前に茶色くなってしまって全体がきれいに撮れるときが少ないのにアニキさんはきれいに撮られていますね。
私はマーブルのツバキ、好きなのに出会うときはいつもどこか傷んでしまっているものばかり(+_+)

でつさん

椿の花はきれいなものを探すのが、やっぱりたいへんです。
メジロの足跡だらけのものも多いですしね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 服部緑地の椿:

« これは使えるカモ | Main | 最後の一枚 »