« 早見ごろ | Main | 青い一日 »

February 16, 2007

箕面のお山に鵺(ヌエ)を撮ること

Toratugumi

むかし むかし、宮中の清涼殿の屋根に夜な夜な頭は猿、胴は狸、手足は虎、しっぽは蛇という化け物が現れて宮中の人々を悩ませたそうな。そこで弓の名手としてしられた源三位頼政という武士がよばれてその化け物を射落とし退治した・・・。その化け物の声の正体がこのトラツグミだといわれています。もともとトラツグミのことを鵺といったので、この化け物の名もぬえといわれるようになったそうです。金田一耕助シリーズの映画の宣伝で昔「鵺の鳴く夜は恐ろしい」というのがありましたね。なんか陰気な声で鳴くのだそうです。そのトラツグミをはじめて見ました。箕面のあたりに今年はウソとかオオマシコとか珍しい野鳥が多く出てるということでぶらぶらと出かけたのですが素人バードウォッチャーの悲しさどこにいけばそんな鳥が見られるのかわからずに歩いて滝まで往復しました。ちょっとした展望台のある場所に帰りがけに上ったら少し開けたところで見つけた黄色くみえた鳥がこのトラツグミです。さすがに滝まで往復した後に坂を登ったので息がきれてもっと写真を撮りたかったのですがトイレの影に隠れてしまったので休憩してしまいました。あとで探してみましたがさすがにもう見つけることはできませんでした。やっぱり山に来るといろんなものが見れますね。今日見たものはキセキレイ、コゲラ、ヒガラ、ヤマガラ、エナガ、ルリビタキ。野鳥のほかにも猿とか立派な角の鹿を見ました。下の写真は今年初めて見たルリビタキのメス(たぶん)。なんで(たぶん)がつくかというと若いオスはメスと同じ色をしてるからです。

Ruribitaki

« 早見ごろ | Main | 青い一日 »

「自然」カテゴリの記事

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

アニキさんこんにちは。
トラツグミのこと勉強になりましたm(__)m
泣き声を聞いたことはありませんが本当に気味が悪いんでしょうかねえ。見た目は綺麗な鳥なんですけど。

私も箕面にはよく鳥見に行きましたが鹿が出たとはびっくりです。自然豊かな森ですね。

TOSHIさん
いっらしゃいませ。 ネットで鳥の声を配信してるのを聞きましたがヒ~~といった、なんかテンションのさがる鳴き声でした。不気味と感じるかどうかはその人の感性によるのではないでしょうか?
残念ながら鹿は暗がりにいてましたので写真には撮りませんでした。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89521/13932380

Listed below are links to weblogs that reference 箕面のお山に鵺(ヌエ)を撮ること:

« 早見ごろ | Main | 青い一日 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ