« 渓流のトンボたち | Main | 服部緑地、夏のトンボたち »

July 22, 2006

梅雨明けを待たず

Uka1 Uka2

_005_1

今年は本当によく雨が降ります。梅雨明けとともに毎年クマゼミの大合唱がはじまりますが、その兆しが少し見え始めました。街路樹にクマゼミの抜け殻を見かけるようになったので、夜になるのをまって外にでてみたらクマゼミの羽化を見つけました。もう少し早く気がつくと幼虫の背が割れて頭がのぞく場面から撮影できたのですが、今日はぶらさがった状態からの撮影です。クマゼミの羽化は羽がのびて広がったときを撮るのが一番きれいだと思ってますが、じっと見てると蚊にくわれるので時々のぞきにいく程度にしてたらいい場面を見逃してしまいました。まあしばらくはセミの羽化が続きますので撮影するチャンスはいくらでもあると思います。

« 渓流のトンボたち | Main | 服部緑地、夏のトンボたち »

「自然」カテゴリの記事

Comments

わたしも去年うちの庭で蝉の羽化を見つけて感動した事を思い出しました。その蝉の羽の透き通るような美しい色といったら、神秘です---☆梅雨明けが遅くて蝉もボヤイテいそうですね^^)

ちかこさん>羽化直後のクマゼミの羽って本当にきれいですね。

妖精の羽を連想してしまいます。でも あの大合唱には毎年悩まさ

れます。

こんばんは。
今年の「蝉時雨一番」、今日、聞きましたよ。
長雨にウズウズ、というところでしょうか。
無垢な蝉の羽に美しさを感じます。
明石縮という夏織物はご存知ですか?
軽やかさ、蝉の羽の如しと呼ばれるものです。
蛇足でした(笑)

bikkiさん>梅雨明けと同時に蝉時雨がやっぱりはじまりましたね。明石縮とははじめてきく名ですが、きっと涼しげな着物なのでしょうね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89521/11061730

Listed below are links to weblogs that reference 梅雨明けを待たず:

« 渓流のトンボたち | Main | 服部緑地、夏のトンボたち »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ