« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

June 25, 2006

六月の雨には

Ajisai1

Ajisai2_1 Gakuajisai_1

どこか近所で紫陽花のきれいな場所はないものかといろいろ行ってはみたのですが、どこも気に入った花つきの紫陽花を見つけることができなかったので、結局うちのすぐ横の団地内の紫陽花を撮ってきました。紫陽花の花はわれわれが花だと思ってる部分は装飾花というもので本当の花ではなく、ガクアジサイを見てもらうとよくわかりますが、中央部の細かいものが集まってるところに本当の花は咲きます。花の色は日をおうごとに変化していき花言葉はたしか「移り気」だったように覚えています。土のpHで花色はきまるともいわれていて日本の土は酸性土なので基本的に青が多いということです。梅雨の時期は家の中に閉じこもりがちになりますが、小雨の中をぼ~っと傘をさしながら紫陽花をながめるということも一興かと思います。Kutinasiそういえばいつのまにかクチナシの花が咲いていました。甘い香りがあたりにただよって、春のジンチョウゲ、秋のキンモクセイとともに街中で香りを楽しませてくれる貴重な花ですね。クチナシの実は黄色い色の染色につかわれ、食材の色つけにも利用できるときいたことがあります。

June 18, 2006

元浜緑地の睡蓮

Motohamaryokuti

尼崎市南部にある元浜緑地は水遊びのできるわんぱく池とか大きな滑り台なんかがあって、休日ともなると家族連れでいっぱいになる公園です。普段はお昼休みにここでお弁当を食べる近くの会社の人たちや近所のお年よりの憩いの場といった感じのところです。夏が近づいてきますともみじ池とよばれる池にスイレンの花が咲いて、よくみると大きくなったミドリガメなんかがスイレンの葉の上や石の上にたくさんいてます。ところでスイレンの花で気になることが一つ。多くの人がこのスイレンの花を見て「ハスが咲いてる」というのはなぜでしょう。どう見てもハスの花よりは小さいし、ハスのように葉や花が大きく立ち上がることもありません。スイレンはたいてい水面に花も葉も浮くような感じか少し茎が伸びてるぐらいでしかありません。Suiren スイレンの花ってあんまりメジャーではないのでしょうか。スイレンは未の刻(午後2時)に花を閉じるのでヒツジグサとも呼ばれてるそうで、午前中が見ごろというのは蓮の花と同じですね。でも、蓮のようにレンコンはとれません。蓮の葉もかなり大きくなってきていよいよ夏の到来です。Ginyanma3 スイレンの葉に産卵するギンヤンマのペアが見られるようになりました。スイレンの花にとまって産卵してくれる写真が撮れないものかといつも期待はするのですが、なかなか都合の良い写真は撮れないものです。それに暑くなるとじっと見てるなんてことができません。

June 10, 2006

花菖蒲

Hnasyoubu2

六月になってはじめてのblogの更新です。尼崎市の農業公園の花暦もすすみまして花菖蒲がかなり咲いてました。できたらトンボとか蝶が花菖蒲にとまってくれるのを撮りたかったのですが本日はあまり撮影のチャンスがなくてまたのお楽しみということになりました。今日は雨は降りませんでしたがお天気は曇りで直射日光がさしてる状態で撮影するよりはかなりソフトな感じで撮れました。つゆどきはこの公園の梅の木にもたくさん実がなっていてよく実をとってる人をみかけます。つゆに「梅雨」の文字をあてるのは梅の熟す時期に降る長雨ということなんでしょうね。そのつゆの雨の中しっとりとぬれて咲く花菖蒲の花もアジサイとともに風情を感じさせてくれて趣があります。花菖蒲は端午の節句で菖蒲湯に使うショウブとはまた別種で本当のショウブには花菖蒲のような派手な花はつかないそうなので、花菖蒲を持って帰ってお風呂にいれてもまったく芳香はありません。カキツバタのように水辺の花というわけでもないので必ずしも田んぼみたいに水につかってる必要もないのだそうですが、たいていの菖蒲園では花の季節になると水をひいて雰囲気をつくりますね。

« May 2006 | Main | July 2006 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ