« 大物公園の桐の花 | Main | 空飛ぶステンドグラス »

May 05, 2006

四十雀

Sijuukara2

最近はまったく近所で姿を見なくなったと思ってたシジュウカラを久しぶりに見ました。大物公園の桐の木のてっぺんにキジバトがいてたのでなんとか撮影できないものかとうろうろしていたときにどこからかやってきて餌探しをしてました。四十雀などの小鳥が身を逆さまにして餌などをとる姿を撮影してみたいと常々思ってたのでこの写真は狙い通りの写真なのですが、残念ながら顔が影になってしまってよくわかりません。かろうじて目にキャッチライトが入ってるのでましなほうといえるでしょう。餌をくわえてたりしたらもっといいのですが・・・。そういえば姿を見せたのはこのオス一羽だけだったのが気になりますね。たいていシジュウカラを見つけるときはもう一羽がどこかにいてることがおおいのですが、もしかしたら繁殖のシーズンですからどこかで卵を抱いてるのかもしれません。ちなみに胸の黒ネクタイが太いほうがオスです。

« 大物公園の桐の花 | Main | 空飛ぶステンドグラス »

「自然」カテゴリの記事

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

細い足でしっかり枝につかまっていますね。
鳥は足がすべっても羽ばたけるからいいですね(笑)

四十雀やメジロなんかはよく逆さまになって餌探しなんかするんですけど、きっと身軽だからできるんでしょうね。足の力も強いかもしれません。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89521/9907237

Listed below are links to weblogs that reference 四十雀:

« 大物公園の桐の花 | Main | 空飛ぶステンドグラス »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ