« 桜とマミチャジナイ | Main | 強風の日には »

April 19, 2006

春の妖精

_005

春になると尼崎市北部を流れる猪名川流域の河原に黄色いセイヨウカラシナの花が咲くのですが、今日見に行ったところ猪名川と藻川の分岐点をのぞけば以前ほどの大群落がなくて所々に花が咲いてる程度でした。ねらいはセイヨウカラシナの花に飛んでくるこのツマキチョウなのでチョウが見れれば一応満足なのですが、去年と比べると殺風景な感じがしました。白い蝶を見ればモンシロチョウだと思われてるでしょうが、それ以外にもこのような蝶がいてるのです。このツマキチョウは羽の先のとがったところに黄色い部分があり、後羽の裏側に迷彩色のような複雑な模様があるのが特徴です。ただしメスの羽には黄色い部分はありません。自然の菜の花の類いを食草としているようで、街中にはいてなくて見ることができるのも春の一時期だけだそうです。そのためスプリング.エフェメラル(春のはかない命)と呼ばれる蝶の一つにかぞえられます。

« 桜とマミチャジナイ | Main | 強風の日には »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89521/9673518

Listed below are links to weblogs that reference 春の妖精:

« 桜とマミチャジナイ | Main | 強風の日には »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ