« 日光浴 | Main | ツキヒホシ~ »

February 27, 2006

猪名川公園

inagawakouenn

私の住んでいる尼崎市には自然の池というのがほとんどありません。子供の頃にはザリガニとりなどができる池がわりとあったはずなんですが、いつのまにか全部なくなってしまってました。北部の猪名川公園の中にある利椎富池は尼崎にのこった数少ない自然の池ということになりますが、フェンスに囲まれていて見下ろすことしかできない池です。この公園のあたりは猪名川自然林といって旧猪名川の堤あとがそのまま樹林となって残っていて豊中側と尼崎側の左右にあります。おそらくこの池は猪名川が堰きとめられたあとに池として残った川の名残なのでしょう。とくに魅力的な池ではありませんがカモたちを少々見ることができ、オオバンやヨシガモなども見られます。写真の黄色い実のついた木はセンダン。数多く実がなるので千珠から名がついたらしいです。栴檀は双葉よりかんばしの栴檀はじつは白檀のことでこの木とはべつもの。ooban 右の写真はその利椎富池で見られるオオバン。普通のバンよりは大きく黒い体に白いくちばしとひたいが目立ちます。猪名川公園のすぐ北を流れる猪名川では河川敷を歩くとたいてい数羽のホオジロを見ることができます。hoojiro 見かけるたびになんども接近を試みるのですが、近づけそうで近づけない鳥です。ノートリミングで撮影したいものですが、河川敷では隠れるところもないので近づくとたいてい枯れ草の中に逃げ込まれてしまい大きく撮れたことがありません。ちょっと郊外にでると普通にいてる鳥ですが尼崎の中ではきっと珍しいと思います。「一筆啓上仕り候」と鳴くといわれますが、そんなふうに聞こえたという記憶がありません。

« 日光浴 | Main | ツキヒホシ~ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89521/8862730

Listed below are links to weblogs that reference 猪名川公園:

« 日光浴 | Main | ツキヒホシ~ »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ