« 雪の日の南天 | Main | 冬のハイビスカス »

December 26, 2005

いずれが山茶花、寒椿

sazanka

上の写真は生垣の赤いサザンカを撮影したものです。この季節に咲く花は種類が少ないのでよく目につきますが、一重のサザンカとちがい赤い八重咲きのものとなると私はこれがサザンカであるのかどうかはっきり区別がつきません。この季節にはカンツバキも同じように咲いているからです。カンツバキはサザンカの仲間らしいのですが、違いがさっぱりわかりません。比較的背が低くて横広がりのものがカンツバキであろうと判断してますが、立ち性のカンツバキというものもあるらしいし、たんに冬咲きの椿を寒椿と呼ぶこともあります。普通の椿とサザンカの区別は葉の大きさや黄色いしべが筒状に集まっているかどうかとか花が散らずに花首ごとおちるかなどで区別できますが、サザンカとカンツバキとなるとほとんど差異がわからず、種別がかかれている看板にたよるのみです。カンツバキの中にはさらに関西でシシガシラとよばれるものもあるようですので、さらに混乱していまいます。はっきり区別がわかる人はいてるのでしょうか?

« 雪の日の南天 | Main | 冬のハイビスカス »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いずれが山茶花、寒椿:

« 雪の日の南天 | Main | 冬のハイビスカス »

June 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ