« 黄色い秋 | Main | 花水木の紅葉 »

November 09, 2005

消えゆくミヤマアカネ

miyamaakane1

すこし前になりますが甲山に日本一美しい赤とんぼといわれるミヤマアカネを探しに行きました。ミヤマアカネは近年急激に数を減らしているといわれてる赤トンボで、阪神間でも新聞で目撃情報が募集されたほどです。私も実物を見たことはありませんでした。このトンボは低山や丘陵地の湿地や田んぼに生息し、羽に褐色の帯がはいり、オスは成熟度がますと羽まで赤みをおびてきます。トンボの羽の先にある縁紋とよばれる点も赤くなるといわれています。miyamaakane2 メスは地味な茶褐色をしてますが、やはり茶色の帯が羽にあり、渋めながらいい姿のトンボです。実際にこのミヤマアカネの生息地にいって思ったことは、阪神間などの都会の近郊でこの環境が保たれてる場所を探すのはかなり難しく、見られなくなったのも仕方がないなということです。ミヤマアカネは流水性のトンボで、湿地や草地を流れる細い緩やかな流れに 産卵し、ヤゴもそこで育ちます。羽化後も成虫はその生息地からほとんど外にでないようです。昔はどこにでもある田んぼ横を流れる用水路を利用してたので普通に見ることもできたトンボなのでしょうが、用水路もコンクリートで固められ、田んぼも乾燥化がすすんでいる現代においては残念ながら衰退していくのみと思われます。日本の原風景とともに生きてきた赤とんぼといえるミヤマアカネが絶滅危惧種となる日も近いかもしれません。

« 黄色い秋 | Main | 花水木の紅葉 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

アニキさん、お世話になりました。
ありがとうございました。
赤トンボは本当にたくさんの種類があるのですね。
ミヤマアカネ、きれいなトンボですね。
少なくなってきているのですね、残念です。
私もアニキさんの後について歩いて
色々なトンボやチョウを見てみたいです。

ふるやのもりさん いつもありがとうございます。 私のblogを通じて蝶やトンボに興味をもってくれる人が増えるとうれしいです。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89521/7000728

Listed below are links to weblogs that reference 消えゆくミヤマアカネ:

« 黄色い秋 | Main | 花水木の紅葉 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ