« ギンヤンマの産卵 | Main | 再度タマムシ »

August 25, 2005

北をめざすトンボ

usubakitonbo1 ギンヤンマの撮影で雨に降られて、やっと雨があがり帰りかけたときに目の前の梅の木にウスバキトンボがとまってくれました。せっかくですのでしまったカメラをまた撮りだして撮影させてもらいました。この個体は赤みが強くでているので成熟したオスみたいです。普通ウスバキトンボは黄色からオレンジ色をした体色をしてます。以前撮影した写真を比較のためにアップしておきますusubakitonbo2。集団で飛ぶ姿をみてアキアカネと間違われることが多いようですが、アキアカネのようなアカネ属(いわゆる赤トンボ)に分類されるトンボではありません。お盆の頃に多くみられるのでこのトンボのことを精霊トンボとよぶところもあるのだそうです。ウスバキトンボは熱帯から亜熱帯にかけて広く分布するトンボで日本には春になると南方から飛んできて産卵します。そして卵は40日ほどの短い期間で成虫になり、北をめざしまたそこで産卵、羽化します。このように世代交代を繰り返して最終的には北海道のはしまで分布を広げることになるのだそうです。ところが南方系のトンボですので低温には耐えられずに寒くなれば全滅してしまい、また翌春に南から新しいトンボがとんでくるといった生態のトンボなのです。生き代わり死に代わり北をめざす彼らはまさに精霊トンボといえますね。

« ギンヤンマの産卵 | Main | 再度タマムシ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

トンボの群れがどれだけの距離を飛べるのかわかりませんが、
津軽海峡を渡るウスバキトンボを見てみたいと思います。

bikkiさん ウスバキトンボは長時間飛び続けることができるトンボですので、ひょっとしたら誰かみたことがあるかもしれませんね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89521/5635562

Listed below are links to weblogs that reference 北をめざすトンボ:

« ギンヤンマの産卵 | Main | 再度タマムシ »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ