July 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 甲山森林公園にて2 | Main | 箕面の森 »

May 22, 2005

立てば芍薬

syakuyaku1 syakuyaku2

尼崎の農業公園で今をさかりとバラの花が咲いています。ちょっと目を移してゴールデンウィークの頃にぎわっていた牡丹園をのぞくとそこでも少し花が咲いていました。牡丹の花の残り花と思われるでしょうが、じつはこれはシャクヤクの花なんですね。ボタンとシャクヤクの花はよく似てるといわれますが、ボタンは木でシャクヤクは草という違いがあります。では何ゆえに牡丹園にシャクヤクの花が咲いてるかというとボタンを接木で増やす際にはシャクヤクが台木として使われるからなんです。1枚目の写真を見るとわかりますがボタンの木の根元の部分からシャクヤクが茎ををのばしているのがわかります。昨年買ったボタンと今年咲いたボタンの花の色や形がちがうという人がよくいてますが、そういった場合は台木に使ったシャクヤクの茎がのびてきて花をつけたということです。のびてきた葉を比べるとシャクヤクの方が切れ込みが深くて葉の付け根のほうから分かれています。美人を形容するのに「立てば芍薬座れば牡丹」などといいますが、茎が分岐しないでしゅっとした形の芍薬と枝分かれしてこんもりした牡丹の木の形に例えているのだそうです。ほんとかな?

« 甲山森林公園にて2 | Main | 箕面の森 »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 立てば芍薬:

« 甲山森林公園にて2 | Main | 箕面の森 »