November 29, 2022

シロフクロタケと極小ツチグリ

Sirohukurotake111122

ご近所では鳥の方がいま一つなので今日も緑地にきのこ探しに行ってきました。

Himekanmuritutiguri111122 Himekanmuritutiguri111222

駐車場にバイクを置いてヒメカンムリタケとか松毬からはえるきのこなどが出てないかと思って駐車場内の松の並びの下を見ながら北上。芝生がないところでBB弾ほどの小さなツチグリを発見。

Himekanmuritutiguri111322

あまりに小さいので普通に歩いてたら絶対みつかりませんね。しかもこんなに日当たりの良い場所ではキノコ探しをする人でも無視して歩く場所です。ヒメカンムリツチグリというツチガキの仲間ではと思うんですがどうでしょう。

Nisematukasasimeji11122

小川のあたりで松毬からはえるきのこをみつけました。ニセマツカサシメジというのを撮ったことがないので探してたのですが、これはどうでしょう。

Nisematukasasimeji111322 Nisematukasasimeji111422

堀上げて小川で洗って土をおとしてみました。松毬から直接柄がでるのはニセマツカサシメジらしいのですが、大き目の傘のものは柄の下部がのびて垂れ下がったのでマツカサキノコモドキという線もありでよくわかりません。

Sirohukurotake111322

先日倒れていたシロフクロタケというのが見れないかと思って探していたら携帯がなってみつかったというので急いで移動。ちゃんと生えてるシロフクロタケはあちこちに土がついているけれど光沢のあるきれいなきのこでした。

Sirohukurotake111222_20221129115301

Sirohukurotake111522

傘についている土をはらってみたけれど粘性があるようできれいにはとれませんでした。

Sirohukurotake111422

傘が直射日光をあびて光ってみえます。時間がきたので撤収

November 26, 2022

緑地の冬きのこなど

Enokitake11122

午後から緑地へ。そろそろハダイロガサとか出てるかもと思って出かけたのですが、竹林のあたりにハダイロガサは見当たりませんでした。途中、切り株下に束生する黄色っぽいきのこを発見。またナラタケモドキかニガクリタケかなと思ったけれど切り株の後ろ側を見て正体がわかりました。

Enokitake111222

これってエノキタケですやん。傘表面のぬめりに枯れ葉がはりついてとれないのが不満。

Kinoko11261 Kinoko11262

今度はヒメカンムリタケのポイントに行ったけれどヒメカンムリタケにはまだ早いみたいでした、朽ちた切り株にはえてるキノコを初めてお会いする同好の士に見つけてもらって撮影。傘に条線があるように見えたのでクヌギタケだろうと思ったのですが、帰ってから画像をよく見ると条線というよりはシワのように見えます。イタチタケの方が可能性はたかいかも。

Saratakerui11122

同じ切り株の残骸に出ていた極小の黄色いサラタケ類。

Hiratake111122 Hiratake111222

これもみつけてもらいました。新鮮なヒラタケです。まだ白こぶ病に侵されていないみたいなので食べれるかも

Mannentake11122

近くにあったマンネンタケ。ずいぶんといい色をしてるのですが、白っぽいところが目立つのが残念

Kinoko11263

チップの道に入ったところで抜いてあった白いキノコ。ヒダはピンクがかり、ツバはないようでした。

Sirohukurotake111222

どうやらこのきのこはシロフクロタケとかいうきのこみたいで、ウッドチップなどを好むらしい。なんか毒キノコっぽいけれど食菌らしい

Kanitake112122

カニノツメは相変わらずでてました。このシーズンにカニノツメとは珍しいかも。ということでお目当てのキノコは見つからずに本日はこれまで。

November 25, 2022

オオチャワンタケとマツカサキノコモドキなど

Ootyawantake111122

雨があがって良い天気になったので緑地へキノコ探し

Tisiotake11122

緑地は日当たりの良いところに松林があることが多いけれど、あまり日が当たらない場所の松林へ。新鮮なチシオタケをみつけました。

Matukasakinokomodoki111222

やっぱりあったマツカサキノコモドキ。色の白いやつ

Himehokoritake11122

ヒメホコリタケと思われる小さなキノコ。やや黄ばんで見えるのは成熟度がすすんでいるからかも

Matukasakiokomodoki111122

どなたかが掘り起こしておいていてくれたマツカサキノコモドキ

Usubeniitatitake111222

チップを積み上げてる場所。この前はもう夕方だったので見落としていたウスベニイタチタケと思われるきのこ

Usubeniitatitake111122

ウスベニイタチタケというと春のきのこなのだが、涼しくなったので春と勘違いしてるのかな

Ootyawantake111422

Ootyawantake111222

Ootyawantake111322

チャワンタケの仲間。傘の内側がかなり皺がよってるので以前見たカニタケの可能性も考えたが、カニタケはアミガサタケの仲間なので春に登場するはず。ここはやっぱりオオチャワンタケが妥当だろうか。中のゴミを撮ろうとすると胞子が舞い上がったので成熟した個体と思われる。

Tubanasihumidukitake112122

傘の中ほどの盛り上がりが気にかかるけれどチップがはえてるところを好むヒダナシフミヅキタケかも。でもヒダナシフミヅキタケには吸水性がないのでやっぱり別物かな。時間がないので今日はこれまで。

November 23, 2022

カニノツメなど

Kaninotume111122

午後から時間ができたので雨後のきのこが出ていないかと思って緑地へ。チップの道を歩いていてカニノツメをみつけました。

Kaninotume111222 Kaninotume111322 Kaninotume111422

Kaninotume111622

卵(幼菌)を切ってみました。

Tubanasihumidukitake11122

ツバナシフミヅキタケでええかな

Kinoko11221 Nayotake111122

チップの道のかわええきのこたち。ナヨタケ類なのかも

Nikuutiwatake112122

木には新しいニクウチワタケがでて赤い浸出液が玉になってました。傘がついてるのが珍しいかと思ったので傘ごと撮影

Kotamagotengutake114122

森の中をさまよっていると一つだけだがコタマゴテングタケでてました。

Kikurage111122

雨の恩恵でキクラゲ

Nikuutiwatake112222

木の付け根に重なってたキノコ。やたら大きいけれどこれも管孔面が迷路状というか立体的で乱れた感じなのでこれもニクウチワタケなのかも

Kitunetake111122

チップの山でみつけたキツネタケ

Nayotake111222

乾くと白くなってるのがわかるナヨタケと思われるものを撮って本日は撤収

November 19, 2022

カワセミとソウシチョウ

Kawasemi111122

11月18日撮影分

猪名川にベニマシコがいてたというので見に行ったのですが、生憎ベニマシコは見ることはできずにカワセミが愛想が良かったのでカワセミばっかり撮った。

Kawasemi111222 Kawasemi111322 Kawasaemi111322

カワセミがエビを捕まえてたので撮影したが何をくわえてるのかよくわからないな

Kawasemi111422

やっぱり日が当たると羽がええ色だしてくれます。

Kawasemi111522

羽の動きをとめきってないけど格好がよかったので

Kawasemi111622

よく見ると何かくわえてるような

Sirohara111122

で、ここからが11月19日撮影分

緑地の小鳥の森に行ってきました。今まで汚い暗いと不評だったここの湿地ですが少し模様替えされてました。

Sirohara111222

シロハラ♂の姿が見られました。

Sousityou11722

で、ソウシチョウ

Sousityou111122 Sousityou111222 Sousityou111322 Sousityou111422 Sousityou111522 Sousityou111622

もうちょっと近ければいいのですが

Kuroji112222 Kuroji112122

ん?ここのクロジ♂ってこんなにきれいだったかな。まあ今日はこんなとこで許したろう

November 18, 2022

ホテイタケやアトリなど

Hoteitake111122

運動を兼ねて三田を歩いてきました。あたりは落ち葉にすっかり埋もれてましたが、枯れ木の陰でみつけたホテイタケ

Hoteitake111222 Hoteitake111322

Momiji112122

モミジも今が見ごろなのかな

Murasakigomutake11122

ムラサキゴムタケ

Kamiurokotake11122

カミウロコタケかな?スミレウロコタケというのもあるらしい

Akinotamurasou11122

アキノタムラソウ

Arimahuji11122

山の紅葉はあと一息といった感じ

Atori111122 Atori111222 Atori111322

アトリ

Hoojiro11122

ホオジロ

Aoji111122_20221118015501

アオジ。まだミヤマホオジロは来てないのかな?

Momiji112222

紅葉がきれいだったので

Tugasarunokosikake11122

何か鳥が来ないかと座ってみてましたが不発だったので近くのツガサルノコシカケを撮ってみました。5時近くになったので撤収

November 15, 2022

泳ぐマガンなど

Magan113122

午後から服部緑地に行こうと思ってバイクで猪名川の土手にあがると鳥友さんが一人で撮っていたのでバイクをとめてちょっと撮影。ここだとやや離れてるけど泳いでる姿がよく撮れました。

Magan113222

口をあけたマガン。後ろにマガモがいてます。

Magan113322

仲が良いカルガモと。カルガモは渡りをしないのでカルガモと一緒に行動している間はこの川にいてるのではないでしょうか

Magan113422 Magan113522

マガンのパタパタ。パタパタというよりはバサバサといった感じでした。

Magan113622

草紅葉とマガン

Kouyou1115

マガンが見えなくなったので服部緑地へ。紅葉が目についたので一撮影📷

Kotamagotengutake113122

雨の効果でキノコがでているだろうと思ったのですがさっぱりで、かろうじて一つだけみつけたコタマゴテングタケ

Morinokarebatake111122

最初ワカフサタケのようなきのこだろうと思ってたのですが、

Morinokarebatake111222

傘の裏を見てモリノカレバタケの仲間だと思いなおしました。かなり歩いたはずなのに収穫が少ないのがちょっと残念。本日はこれまで。

November 14, 2022

萌黄茸と黄金茸

Moegitake111222

雨がやんで今日は晴れという予報だったのでキノコ探しを兼ねて、なにか鳥がいてないかと思ってきずきの森へ。晴れてくると思ったのですが一日ほぼ曇りで時々日が差す程度でした。

Kakinomitake113122

秋によくカキノミタケがみつかる柿の木の下で落ち葉をかきわけて一つみつけました。

Moegitake11122 Moegitake111422 Moegitake111322

くずくずになった廃材のあるところでモエギタケをみつけました。モエギタケは地上性のきのこのはずなんですがここのは木からでてました。雨でぬめりが落ちてしまってるものが多くてゴミが傘に張り付いているような状態でちょっと残念。雨が降る前にみつけたかったな・・・

Yakeirotake111122

切り株から出ていたヤケイロタケと思われるきのこ。傘の裏が灰白色に黒で厚みもないのでヤケイロタケとしたのですがどうでしょうね。

Numerisugitakemodoki112122

廃材をきって重ねてあるところでみつけたヌメリスギタケモドキと思われるもの。

Koganetake111122

Koganetake111222 Koganetake111322

なんとコガネタケを道端でみつけました。あまりキノコが出ないように思ってた森なんですが、丹念に探せば何かとはえてるのかもしれません。

Nisebyoutake111122

よくみつかるモエギビョウタケなどとは大きさが違うのでノーマルのビョウタケかと思って撮ったのですが、ニセビョウタケというのがあって枯れた草本類の茎などにはえる記述をみつけましたのでもしかしたらそのニセビョウタケなのかも?

Suppontake112122

スッポンタケもみつけましたが雨も降ったことだし、グレバはすっかり落ちてしまってました。

Hoojiro111122

上まで上がってみたのですが、普通のホオジロをみつけたのみ。今日はこんなとこでお終い

November 10, 2022

夕方の真雁など

Magan112222

11月9日撮影分

緑地に行ってみたのですが天気は良いのに今日はぱっとしたものがみられません。

Kosumosu112122

コスモスがきれいに咲いていたのでちょっと撮影

Nikuutiwatake110122

木の付け根部分に出ていたルービーレッドの浸出液をだしていたニクウチワタケらしきもの

Kunugikamemusi111122 Kunugikamemusi111222

ハーブの中にクヌギカメムシらしきものをみつけました。以前お腹の大きなメスを撮ったことはあるけれどオスはぐっと細身なんですね。

Hakkahamusi112122

ミントの葉には涼しくなったのにハッカハムシがまだ見られました。

Haitake111122

移動して猪名川へ。ハイタカが飛んで来たのを撮影

Kitune111122

河原ではキツネが散歩中。ピタッと立ち止まってこっちを見てくれました。

Magan112322

マガンの幼鳥が今日はいてるというので競馬場方面に移動

Magan112422

見てない時にかぎって羽伸ばしをするんですよね。ズーッムアップする暇がありませんでした。

Magan112522

Magan112622

Magan112122

浅瀬を渡って行った先で見えない草裏に入ってしまったので今日はこれまで。

November 09, 2022

月とスッポン・・・茸

Suppontake111122

スッポンタケが見られるシーズンのはずなので局所的によくスッポンタケがはえる啄木鳥の森へ。笹の中に一本だけでしたが、まだグレバのついているスッポンタケをみつけることができました。ここのは相変わらず小さなスッポンタケです。

Suppontake111222

猪が掘り返したあとに尖った形のスッポンタケの幼菌がありました。

Numerisugitakemodoki111122

ここでは初めて見たヌメリスギタケモドキとおもわれるものもありました。傷みが目立つのが残念!

Hanasanagitake111122

斜面を見て歩いていてみつけたハナサナギタケ。倒れた形なのが残念ですが、きれいな冬虫夏草です。

Kinoko11081

ずいぶんときれいな形のキノコですが、正体はわかりません。

Kaikigessyoku111122

テレビのニュースで皆既月食のことを言っていたのでベランダに出て月を撮影。18時20分の月

Kaikigessyoku111222

20時2分の赤い月。左下に見える点が天王星なんでしょうか?まあ、なんか写ってる程度には撮れたので今日はこれでええかな

November 06, 2022

マガンとジョウビタキ♂

Magan111622

猪名川にマガンがいてるというので撮りに行きました。まだ幼鳥ですが、阪神間ではマガンが撮れるということはほとんどないので見たことのない人は行ってみるべきでしょうね。

Magan111122

左向き

Magan111222

右向き

Magan111322

前から

Magan111422

後ろ向き

Magan111522

泳いでるところ

Magan111722

ずっと餌を食べてます。

Magan111822

農業公園からの帰りにまたよってみたら出てきてくれました。

Joubitaki112122

公園では初めてジョウビタキ♂を見ました。

Joubitaki112222

Joubitaki112322

ジョウビタキのオスとメスのツーショット

Joubitaki112422 Joubitaki112522

補正をほとんどせずに撮ったらえらく濃すぎる画面になってしまってたのでパソコンで修正したのですがいま一つかな・・。

November 05, 2022

コタマゴテングタケとクロジ

Kuroji111122

午後から少し時間ができたので緑地へ。午後の小鳥の森は暗い上に、天気の方も雲が出てきて残念な状態。アオジがいてるというので画像を見せてもらうと、どうもクロジっぽい。

Kuroji111222

とまってくれないとシャッターをきってもブレブレなのだが、なんとかみれそうなのがあった。やっぱりクロジですね。

Kuroji111322 Kuroji111422

ちょっと若いオスかな?

Kotamagotengutake112422

少しキノコを探しに近場の森を見に行くとコタマゴテングタケが何本もでてました。

Kotamagotengutake112122

Kotamagotengutake112222 Kotamagotengutake112322

複数のコタマゴテングタケを見るのは初めてです。日が暮れるのが早いのでこれだけで撤収

November 04, 2022

白玉茸と裏紅布袋占地

Siratamatake110322

雨も降ったことだし、何か新しいきのこが出ているのではないかと思ってヘルメットマウンテンに行ってきました。

Momiji110122

池の周囲の紅葉も始まっていて秋らしい雰囲気になってました。

Siratamatake110122

杉の伐採木を積んでいるところの土留めの内側に丸いきのこらしいものをみつけたので拾い上げてみました。

Siratamatake110222

二つに切ると中にはグレバが詰まってました。シラタマタケでいいと思います。以前に箕面で見たものは大きかったけれど中が白くてちょっと拍子抜けした覚えがありましたが、こんどは色がついてるのでそれっぽい。もう少し大きくなってから見るとまた違った内部がみれるかと思います

Irogawarihokoritake110122

最近緑地でイロガワリホコリタケを撮られたかたがいてて、撮ってみたいと思ってたところそれっぽいノウタケ状のキノコをみつけました。傷ついた箇所が黄色いのでこれもそうだと思うのですが、すでに中は胞子化しており色が変化するのはみれませんでした。

Hatakesimeji110122

ハタケシメジだと思って撮ったきのこです。ヒダが黄色いのは古くなったということでしょう。

Senburi110122

今年もきれいなセンブリの花が咲いていたのでカシャ📷


Kurohanabiratake110122

季節的にはもっと寒くなってから見られるかと思ってましたが、クロハナビラタケでいいと思います。よく似たクロハナビラニカワタケというのもありますが、クロハナビラニカワタケはどこか赤っぽい透けるようなところがあるのに見当たらないのでクロハナビラタケとしました。

Himehigasahitoyotake110122

ヒメヒガサヒトヨタケでいいでしょうか

Nigawa110122

いつもよりも奥に行くと川に出られるみたいだったので行ってみました。渓流の美しさが見られる場所で夏場に行くとよいかも

Urabenihoteisimeji110122

倒木の向こうにキノコの姿がのぞいたので笹をかき分け入って撮影。ウラベニホテイシメジだと思います。

Urabenihoteisimeji110322

裂けてしまったものばかりなのは雨で急に大きくなったからでしょうか。ウラベニホテイシメジには指で押したようなシミがよくあるそうですがわかりますでしょうか?

Urabenihoteisimeji110422

Urabenihoteisimeji110522

裏側を撮るのに一本ぬいてみました。触っただけでもわかるけど柄の中は中実でがっしりしています。よく似ているといわれているクサウラベニタケは中空のはずなので触るとわかると思うんですよ。ヒダはきれいなピンクになってました。

Kotamagotengutake110122

先日、きずきの森でみつけたコタマゴテングタケも載せておきます。傘の表面にツボのなごりが張り付いていて傘もツバもうっすら黄色味がかってました。

October 30, 2022

ツツドリのちムギマキ

Tutudori101122

ツツドリがとても愛想がよかったと聞いたのでSM公園に行ってみることにしました。到着した時にはカメラマンも動きなく、朝撮った人がいてるという話を聞いたのみ。

Tutudori101222

カメラマンの数も減り始めたころ、やっとツツドリが登場。色づいた桜の葉の中で虫を探したり、なかなか忙しそうでした。

Tutudori101322

Tutudori101422

Tutudori101522 Tutudori101622

幼鳥なんでしょうね。尾羽が短いし、人を恐れずに下の方の枝にとまってくれてました。

Mugimaki103122

帰りにいつものN公園によるとムギマキがいてるらしいが、居場所がころころと変わって手強いらしい。

Mugimaki103222

夕方になって動く範囲が狭まってみつかるようになりましたが、やっぱりじっとしてないので粘ったわりにはあまり撮れませんでした。

October 29, 2022

水飲みのアオゲラ

Aogera101122

今日も小鳥の森の水場へ。あまり時間がないのだけど色々出てきてくれました。

Oowaraitake102122_20221029084001 Oowaraitake102222

駐車場にバイクを置いて歩くうちに、ユース裏の丘にはきのこのシーズンにほとんど入ったことなかったなと思いだし、ひょっとしたらと登っていくと木の根元にオオワライタケを発見。有名な毒きのこだけど食べないかぎり問題はないので気兼ねなく撮影。もうちょっと早い段階で撮りたかったな・・・

Kurotugumi101322 Kurotugumi101222

小鳥の森に立っているとクロツグミが水場に現れました。しかも、マミチャジナイも一緒です。

Mamityajinai101122

マミチャジナイ

Mamityajinai101222

マミチャジナイとお風呂に入るシジュウカラ

Kibitaki104122_20221029082601 Kibitaki104222_20221029082901

キビタキ♂も現れました。

Aogera101222 Aogera101322 Aogera101422

噂にはきいていたけれどアオゲラも水飲みに現れました。一応のものは見れたと思うので早い目に撤収

«緑のきのことアサギマダラ

November 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ