January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

January 17, 2019

天気晴朗なれど風強し

Turisugara11319住民票をとりにJR駅前の市役所のサービスセンターに行ったのでそのまま電車に乗って大阪に出て今人気のツリスガラを見に行ってきました。
Isosigi1119淀川に着いて最初に見た鳥はじっとしているイソシギでした。後ろを向いてとまっていたので最初は何かわかりませんでした。
Turisugara1119上流に群れがいてるというので行ってみましたが着いたとたんに猛禽が飛び出したりしてちょっとびっくり。それでもツリスガラは居残ってくれたみたいですが、近くには来ないので遠いのが時々見える程度。肉眼ではあそこらへんというのがわかってもレンズでそのポイントがわかるかというと、これだけ葦がグチャグチャとはえてる場所ではどこを見ているのかさっぱりわかりません。
Turisugara11219風も強いので諦めて帰っていると途中で目利きさんが2mほど先にツリスガラがいてるというので再び撮影開始。しかし、葦のカーテン越しでは撮影は困難で、おまけに風が強くては葦が揺れるもんだからシャッターをきっても画像の隅の方で写っていたりでいいものはなし。
Tasigi11219何かほかに撮れるものはないかと思って下流まで足をのばしてみましたが、今日はベニマシコの姿もなく、カワラヒワがみつかる程度。池の前で何かを撮ってる人がいてたので足をとめるとタシギがいてて今まで離れた場所にいてたのがすぐ近くに寄ってきたみたいでした。
            Tasigi11119_2  Tasigi11319
近くでタシギが撮れることは少ないのでちょっと多めに撮影しました。
Tasigi11419 ハッカチョウがいてたという話もあったようですが、残念ながらみつかりませんでした。いつものように河川敷公園を南に移動してたらJRの鉄橋より先が通行止めになっていて行けません。淀川堤防の改修工事をしているようでした。しかたなく河川敷から外に出て移動。あ、もしかしたら河川敷公園の駐車場も使えないのとちがうかな????

January 14, 2019

帰ってきたルリビタキ

Ruribitaki11219昨年も撮ったけど、あの綺麗なルリビタキ♂またやってきているというので植物園に行ってきました。今期は冬になっても姿を現さないのでもうやってこないのかなと思ってたのですが律儀にやってきてくれました。遅れて到着したのはこの冬が暖かなせいなのでしょうか?
Kinkatya1119いつも温室の中を抜けて外に出るので毎年のように温室で撮っている中国南部の黄色い椿、金花茶。すっかり背が高くなって花が咲いてるのに気がつかないかもしれません。
Haidyoun1119きれいなベトナムの椿、ハイドゥン。どことなく東南アジア色がでていると思いませんか?
Ruribitaki11119いつもの南側の椿山かと思って行ったら誰もいてませんでした。今年は通りを挟んだ北側の椿山の南側斜面に人が集まってました。今年も愛想がよくて近くで撮れるのがうれしいですね。
            Ruribitaki11719_2   Ruribitaki111219
左向きと右向き
Ruribitaki11819前から
             Ruribitaki11619  Ruribitaki11919
せっかく椿山にいてるので椿や山茶花の花絡みを期待してるのですがなかなか・・・
Ruribitaki11419花絡みとしてはこれが精一杯かな?
              Ruribitaki11319_2  Ruribitaki11519
落ちている花とか、かなり向こうの花を背景にするのなら撮れるかも。
Ruribitaki11019_2
あちこちと飛び回って地面でも餌を探すので色々な姿が撮れます。
Riubai1119青い空にロウバイの黄色が美しかったのでこれも撮影。いっぱい撮影できて今日はこれにて打ち止めconfident
 
 

January 08, 2019

新年は本物の尾白鶲から

Ojirobitaki11219
昨年からの労災や保険関係の手続きに加えて今年は年金の請求手続きをすることになりました。ついに私も年金をもらうような年齢になってしまいました・・・。今日はまず雇用保険の被保険者証というのを手にいれるためにハローワークに行ってきました。会社で雇用保険被保険者証をすでに受け取ってるかもしれないけど、どこにあるかわからないので再交付してもらうために午前中はそっちへ。公務員なら雇用保険はかけてないから必要ないんでしょうけどね。人でいっぱいのハローワークの中では待ち時間なしで再交付してもらえたので南の緑地にいてるというオジロビタキを撮りに行くことにして電車で堺市へ。駅から歩くこと15分か20分で到着。水流地区の東側を歩くとニレの木の倒木あたりに4人ほどのカメラマンを発見。
真ん前に現れたというけど枯れ木と同化してるような色ですぐにはわかりませんでした。
Ojirobitaki1119尾羽を高くあげたオジロビタキのポーズが可愛いheart
            Ojirobitaki11319  Ojirobitaki11419
日本に来るオジロビタキには亜種オジロビタキと亜種ニシオジロビタキがいてますが、今まで見たオジロビタキはほとんどがニシオジロビタキで本家オジロビタキを見るチャンスは非常に少なく以前山田池公園に来たのを一度見ただけです。この緑地には前にもオジロビタキが来てたのですが、見に行く前にいなくなってしまってたのでここでは初めてです。オジロビタキとニシオジロビタキの違いがはっきりわかるのが嘴でオジロビタキの嘴はほぼ黒なのに対してニシオジロビタキは下嘴が肉色をしてるように見えます。上尾筒の色やら腰との境目も違うとか・・・
Ojirobitakiqq以前見た個体は嘴が短いと思ったけど、これはそれほどでもないのかな?角度が違うだけ?
            Ojirobitaki11519_2   Ojirobitaki11819
今日は日当たりがよすぎて写りが今一つだったのでまた行くことがあれば撮ってみたい鳥さんです。
Ojirobitaki11719 最後にもう一枚。カメラマンがほかにいなくなると通行人が目の前を通るので出てきてたのに飛び去ることが多くて、平日よりも日曜日にでも行ったほうがよかったかも。
Kawasemi1119名物のカワセミ♀も少し撮影
Kawasemi11219何度も飛び込むので何をとってるのかと思ったらどうやらエビみたいでした。歩き疲れたので早々撤収。 

December 30, 2018

トモエガモとアオバト

Tomoegamo12118_2 南の緑地にいてるというオジロビタキが本物のオジロビタキかそれともニシオジロビタキか見極めに行こうと電車に乗ったところでお告げがあり北の緑地に行ってきました。いつもなら原付でひとっ走りなのですが、今日はそういうことで梅田で地下鉄に乗り換えて移動。

Tomoegamo121618 緑地の池に到着するとトモエガモ♂は池の中ほどを北に向かって移動中。ん~・・・ちょっと遠いな。

Tomoegamo121318体の側面にウロコ模様があるのは換羽が完全ではないからなのかな?

             Tomoegamo121718  Tomoegamo121818_2 

池の北側がトモエガモの定位置みたいです。池の周囲の木のせいで近くからはほとんど見えませんでした。

             Tomoegamo121418  Tomoegamo121518

ハシビロガモとトモエガモ。ハシビロガモなど他のカモが移動すると一緒についていきます。

Mikoaisa123118ミコアイサはまだいてました。

Tomoegamo121918羽繕いするトモエガモ

Tomoegamo121218_2 やっぱり顔の模様が面白いな。

Aobato121318今日は霊園にアオバトの姿が見られたというので行ってみることにしました。しかし、いつもの川沿いの樫の木には姿なし。霊園の中に入ろうとすると北側から池の方面に飛ぶアオバトの群れを発見。急いで追いかけると池の縁のメタセコイアの木にとまってました。

Aobato121418枝の影が気になるけど一羽だけ被りのないアオバトをみつけました。

Aobato121118こんなふうにメタセコイアの木にとまるアオバトは枝被りだらけ。その後にまた飛び立ってさっき飛んで来た方向へ。

Aobato121518_2もう見つからないだろうと思ってたら納骨堂北側のメタセコイアにとまってました。

Aobato121618今度は木に接近して撮影。さっきの場所よりは被りが少ないかな?

Aobato121718青い空にアオバト。とてもきれいです。

             Aobato121918 Aobato121818   

一羽が飛ぶとほかのアオバトも飛んで行ってしまいましたが、一羽だけ居残ってくれてたのがいてたのでもう少し撮影。それもやがて飛んで行ってしまいました。楠の中に潜り込んだように見えたのでのぞきにいきましたがわかりませんでした。

Himrkanmuritake122118帰りにこの前のヒメカンムリタケがまだあるか見に行きました。大きさはほとんどかわりませんがややしなびた感じになってました。この前撮ってない角度から撮影。やっぱり白い柄の部分が写ってないとあきません。

            Hadairogasa122118 Hadairogasa122218

久しぶりに地下鉄で来たので駅までの緑道を歩いてたら苔の中にハダイロガサらしきものをいくつかみつけました。柄がほとんど伸びてないようなものが多くこれはハダイロガサでいいのかどうか悩みます。

December 24, 2018

茸とメジロとミソサザイ

Himekanmuritake12118昨日は雨が降ったためあまり写真が撮れなかったので今日はその続きのつもりで緑地を歩いてきました。
Mikoaisa122118ミコアイサは今日もいてました。
Matutakekinokomodoki12118雨が降ったので何かはえてそうなところを見てるとマツカサキノコモドキと思われるものがはえてたので掘ってみたのですが、松毬はでてこないで木片がでてきました。
Hitoyotake12118大きなヒトヨタケがいくつもでていました。
Himekanmuritake121218 松の木の下でみつけたカベンタケみたいなキノコ。出たばかりでとても小さなキノコです。しかし、今まで見たカベンタケとはどこか違うような・・
Himekanmuritake121318はっきりと白い柄の部分がありました。松の木の下によくはえている晩秋のキノコで黄色いカベンタケのようなキノコというとヒメカンムリタケというのがそれらしいように思います。
Mejiro12118 小鳥の森でミソサザイを待つ間にきれいなマユミの実にメジロが時々やってきて遊んでくれました。
Mejiro121218 来てほしい場所にはなかなかとまってくれません。
Sime12118名残の紅葉にシメがとまってくれました。
Asinagatake12118アシナガタケかな・・・
Misosazai122218100倍で暗い場所のミソサザイはシャープさに欠けます。
Misosazai122318やっと近くの二股の木にやってきたミソッチが撮れたのですが、ちょっと小さく撮りすぎ。
Misosazai122118 竹筒の周囲の草がのびていてちょっと邪魔でした。近くのミソサザイとヒメカンムリタケはできたら撮りなおしをしたいけどまたそのうちに。

December 23, 2018

霊園のクイナ

Kuina121418
最近はお天気運に見放されてるのか良い天気の日に休むことがない。今日こそはと思って出かけたのだが・・・
Kuina121218 アオバトでもいてないかなと思い霊園に行ってみましたが今日はお留守みたいでダメ。池のほうにはクイナが相変わらずいてたので久しぶりに撮影。ここのクイナはパンが好きみたいですが普段は何を食べてるんでしょうかね?
            Kuina12118_2  Kuina121318_2
今日はタシギもいてたらしいのですがタシギの姿はみれませんでした。
Kuina121518見やすいところでぴたっと動きがとまってくれたので撮り放題
Huyunokogasa121218どんどん辺りが暗くなってきて雨が降り始めました。少し雨宿りなどをしながら散策しましたがキノコもぱっとしませんね。
Huyunokogasa12118柄の部分が白い毛におおわれているようにみえるのでフユノコガサでいいのでしょうか。収穫少なく今日はこれまで。
 

December 16, 2018

渓流のクサシギ

Kusasigi12118 

明日から仕事に行くことにしたので今日は少し運動のつもりでトンネルのむこうがわへ散策に。

Usukinisesyouro12118 ハイキングコースを歩いていつものところへ。ソウシチョウがいてたのですがあっさり逃げられてしまいました。で、少しキノコ探し。斜面にのぞいていたとても小さな丸いキノコ。ウスキニセショウロあたりがそれっぽいような気がします。

             Koke12118  Koke121218

苔からしたたる水滴がきれいに見えたので少し撮影。

Tyakaigaratake12118裏面がヒダになっていたのでカイガラタケの仲間だというのはすぐにわかったけど渋い美しさがあります。おそらくチャカイガラタケかと・・・

Murasakigomutake12118ムラサキゴムタケがなかなかきれいでしたのでこれも撮影

Hiratake12118ハイキングコースにも茸を発見。こんなところにもヒラタケが生えてました。

Nenkin12118ヒラタケと同じ枯れ木に黄色いツブツブがたくさんついていたのでマクロ機能+   デジタルズーム2倍で撮影。粘菌なんかな?

Turuumemodoki12118対岸に見えたオレンジ色の集団はツルウメモドキ。かなり高い場所ですね。いつだったかこのツルウメモドキの実を食べにコジュケイがやって来るという話がでてました。枝どまりのコジュケイを撮ってみたいものです。

              Kusasigi121318_2 Kusasigi121218

ハイキングコースを出て橋の近くまで戻ってきたときにシギチらしき鳥が2羽飛ぶのが見えました。ちょっと離れているけどイソシギかクサシギであろうと思って少し撮影。モニターを見るとクサシギだというのがわかりました。

Kusasigi121418_2遠いのでトリミングしました。お腹の白いところが羽の付け根に食い込んでいるようにみえればイソシギですがこれはクサシギでいいはず。

Ruribitake122118駅近くまで戻って来るとなにやら鳥の声が・・・見上げるといてました。ルリビタキのメス

Ruribitake122218ルリビタキ♀は今期初撮りなのでもう一枚camera

Hadairotake12118サザンカの木の下でみつけたキノコ。季節的にはハダイロガサかとも思いましたがちょっと違うような。ということで本日はここまで。

December 09, 2018

ちょっと骨休め

Misosazai12118

交通事故にあってからそろそろ一か月。退院してからというものほとんど毎日動物園の熊みたいに家の中を行ったり来たりするほかは労災の書類とにらめっこ。病院にだす療養給付をなんとか片づけたと思ったら次は第三者行為災害の書類の束。これがとんでもない代物で被災者に加害者の個人情報を書かせる上に、事故報告を書いてくれるよう加害者に依頼させるというものでとても自分一人では無理。書類の束を見たとたんに心が折れました。が、手に負えない部分は相手側の保険屋さんがやってくれるというので一安心。ところが今度は休業補償に関する書類が待ち受けてました。これをやっつけるには平均賃金を計算するのに過去3か月の給与明細や出勤簿といったものが必要となってくるのでそれが会社から送られてくるまで待機となりました。ということでなまってた体と気分をリフレッシュさせようと思って久しぶりに緑地へ。
Misosazai121318今年もミソサザイが小鳥の森に来てるというので行ってみましたが、今日は遠いお立ち台にばかり来るんですよね。遠すぎてピントが背景に行ってしまうのでなかなか難しい
             Misosazai121218 Misosazai121418
お立ち台よりも横の方にある白っぽい枯れ木の方が撮りやすくていいな。
今日はミコアイサがいてるというのでそちらに移動
             Mikoaisa121318 Mikoaisa121218
ここも もう少し近くに来てくれるといいのにね。
Mozu12118紅葉のあたりにモズがいてたので紅葉絡みでとれないかと思って撮ったのがこれ。
Ruribitaki12118最後に赤いサザンカがらみのルリビタキ♂が撮れないかと思って行ってみましたが、出てきてくれるのはほんの一瞬だけでええとこなし。去年よりは青みが増したかなと確認しただけで撤収。久しぶりに遊びに出ましたが肩がこったような気がします。それに力をいれると親指が痛むのでまるで突き指でもしたような感じで不便。そろそろ仕事に復帰しようかと思ってるのですが大丈夫なのか・・・。

December 02, 2018

ムラサキシジミと小学校のコツブタケ

Murasakisijimi12118_2 事故のせいでメガネが壊れてしまい、新しいのを注文してたのを受け取りに眼鏡屋さんに。小学校の塀沿いに歩いてるとそこかしこにコツブタケが転がってました。新しい眼鏡を受け取ってからいつものようにムラサキツバメがいないか散歩にでると今日はムラサキシジミのメスが集会所にいてました。
Murasakisijimi121218 時計を見ると12時15分。時間に正確というか行動が読める蝶です。ほかにはツマグロヒョウモン♀も飛んでましたが撮れず。
Kotubutake12118小学校の塀沿いのコツブタケは大半が横たわってましたので誰かが落ち葉かきをしたために抜けてたのではないかな。ちっさいやつを二つ持って帰り切ってみることにしました。
Kotubutake121218先ずは一つ、縦裂きニャー!案の定、中は胞子化してしまっていて面白くありません。
Kotubutake121318 もう一つは横にスライスしていくと下の方にまだ小粒が少し残ってました。ということで今日の運動は終わり。もう少し違う所にも行ってみたいところですが、手術跡が衣類に触れるとこすれてチクチクするので動きづらいんですよね。動かないようにしてると固まってしまうので動いた方がいいのはわかっているけど困ったものです。
 

November 29, 2018

ヒメアカタテハとムラサキシジミ

Murasakisijimi111418病院からの帰りのことです。団地の集会所の前を通った時にもしかしたらと思って植え込みのクチナシやシャリンバイをのぞいてみるとそこにムラサキツバメの姿がありました。少し飛んで移動したときにブルーの翅がのぞいたのでメスであることもわかりました。急いで家に帰ってカメラを持って再び集会所に戻ったのですが飛んでいくそれらしい姿を見ただけで撮れず。残念!
Himeakatateha11118一応ムラサキツバメを求めてうろつきましたがヒメアカタテハを見つけたのみ。
Gumeakatateha111218なかなかきれいな個体だったので小菊とともに撮影。わりと普通にいてる蝶なのでヒメアカタテハを撮影することは少ないかな・・・
Murasakisijimi11118_2で、本日はとても天気が良いのでちょっと期待。明日は警察に事故の事情聴取を受けに行くので持ってくるように言われてた原付の車検証とやらを再交付してもらいにJRの駅近くにある市役所のサービスセンターに行ってきました。車検証といっても市区町村によって呼び名は違うようで標識交付証明書とかいうところもあるようですが、尼では原動機付自転車登録票。バイクを買ったときにもらってるはずなんですが6年もたてば家の中で行方知れず。今日は印鑑も不要で無料で再交付できました。早めに帰って一休みしてからムラサキツバメを期待して外にでてみました。2か所でムラサキシジミを見つけたものの残念ながらムラサキツバメには遭遇できませんでした。ムラサキシジミ♂がとまっている葉が黒く汚れて見えるのはスス病という植物の病気に侵されてるからです。ダニの分泌物などを栄養にして病菌は繁殖するのでダニの分泌物を吸うムラサキシジミにとっては美味しいものなのかもしれません。
Murasakisijimi111218_2 角度がかわるだけでムラサキシジミ♂の翅の色は違って見えます。この手の蝶はお天気の良い日の正午前あたりが一番よく見かける時間帯でその時間帯をすぎるとあまり見なくなるみたいです。カシノキなどを食草としてるムラサキシジミですが、ここら一帯の木はかなり選定されてまるボーズに近いものばかり。今日も作業車がきて剪定してました。これ以上どこを刈ろうというのか。願わくば若い葉のついてる枝先などはそっとしておいてほしいものです。   

November 25, 2018

交通事故にあいました。

Gentuki1111812日の夜のことです。仕事帰りでJRの高架を南に向かって走ってました。この道は高架を下りきったあたりで東側の公園外周の道が合流します。もうすぐ信号かというところでものすごいショックが!あ、事故ったかと思ったとたんに気を失ってしまいました。合流してきた車が原付にあたったのでした。
Herumetto11118救急隊員の声でようやく気がついたもののショック状態で意識は朦朧。自分で救急車に上がったと後で聞いたものの覚えてません。携帯でうちに電話しようとしたけれど電話かけるまでは意識が続かず、額から血がぼたぼたと落ちていったぐらいしか覚えてません。やっと病院内で手当てを受けた後ぐらいからなんとか意識が戻りました。
Kizu4
怪我の程度は鎖骨が骨折してるほかは体中に擦り傷や切り傷があり、眉の上は血が止まらなかったので縫ってます。 上の画像は怪我から一週間ほどしてからのんです。鼻の上の擦り傷はもう治ってますが、眉の上はまだ抜糸前。あんなにshine美しかったお顔はもうぼろぼろdown鎖骨の骨折で肘から先は動くものの腕は上がらない状態でしたがこの頃にはもう腕を動かしたりリハビリを始めたりしてました。
Gentuki11318鉄の車にぶつかったにしてはバイクの損傷はすくない感じでちゃんと動きます。
Gentuki11121824日には一応退院しましたが、鎖骨部手術後の抜糸もまだだし、リハビリにも時々行く必要があります。それに入院していて警察の事情聴取を受けてないので事故証明ももらってない状態。通勤(退勤)途中の事故なので労災の対象になるとはいうけど相手側の保険との兼ね合いはどうなるのかとかわからないことばかりでまた寝込んでしまいそうです。 
 

November 11, 2018

かもめはカモメ

Mogorusegurokamome111218山と川のオニアジサシが昨日はよく出たというので行ってみることにしました。しかし、今日は不発。ここでいい思いをしたことありません。
Umineko11118あまり暇なので遠くのウミネコでも。ウメネコもあくびしてました。
Yurikamome11118   午後2時をまわって今日はダメそうなので下流側の干潟前に移動。ここなら近いのでユリカモだって大きく撮れます。
Segurokamome11118セグロカモの集団。
Segurokamome111218そのうちに普通のセグロカモメの幼鳥のほかにモンゴルセグロカモメの幼鳥が2羽いてるという話がでました。「モンゴルの幼鳥って?」「嘴が黒くて、足がピンクで尾羽が黒いやつ」・・・それって全部やん!あれあれ、それそれ、どれどれ?といった感じでわかって撮っている人が少ないので当てずっぽうで撮っているようなもんです。白っぽいやつらしいのでこの画像では右後ろのやつなんかが  あやしいかも。
            Segurokamome111318  Segurokamome111718
人の言ってるのを撮ってるつもりなんですがどうもはっきりわかりません。
Segurokamome111518 これは普通のセグロカモメの幼鳥ですよね。
Mongorusegurokamome11118目利きさんお勧めの個体がこの泳いでるやつ。言われてみれば白っぽいような・・・
Mogorusegurokamome111318もう一枚。モンゴルセグロカモメは普通のセグロカモメよりも早い時期に換羽するらしいのですが冬羽なんかな? 
Segurokamome111618 羽繕いするセグロカモメの集団の左側に足が黄色味がかったピンクをしているものが写っているのを帰ってから気がつきました。別種のカモメの血が混じってるってことないかな?
Oosegurokamome11118真ん中の個体はオオセグロカモメの幼鳥でいいのかな?カモメを撮ってると疑問符だらけの文章になってしまいます。 ということでカモメしか撮れずに今日は終了

November 10, 2018

神戸森林植物園の紅葉

Sinrinsyokubutuen111318
雨が降ったので何か茸でも出てないかと思って神戸森林植物園に行ってきました。北鈴蘭台から送迎用バスに乗ろうとすると今日はえらい人ででバスが満席の上に立っている人たちもすし詰め状態。こんな状態の送迎用バスって初めて乗りました。さすが紅葉シーズンの土曜日です。
Momiji11118
六甲山はよく冷え込むのか紅葉の方はきれいでした。
Kaede11118これは天狗の葉うちわ型をしてるのでカエデかな?
Sinrinsyokubutuen11118松の緑と紅葉の赤が池に映ってなかなかきれいです。
Erimakitutiguri112118 エリマキツチグリを見つけました。これはわりと新鮮なほうかも
Hourokutake11118ホウロクタケですね。
Tutiguri11118もしかしたらジャガイモタケか?と思ったのですが、ツチグリのまだ開いてないのでした。
Joubitaki11318ジョウビタキ♀が飛んできたのでカシャcamera  山道で何か聞き覚えのない鳥の声をきいたのですが正体はつかめず、撮れた鳥はジョウビだけ。
Nihonkamosika11118なぜかここにはニホンカモシカが飼われてるんですよね。紅葉がらみのカモシカです。
             Sinrinsyokubutuen111218_2  Sinrinsyokubutuen111418
紅葉は撮った時はなかなかいけてると思うんですけど帰って画像をチェックすると今一つのものばかり・・・
Sinrinsyokubutuen111518
もう11月ですからあと一か月もすればクリスマス。一年って本当に早いもんですね。

November 07, 2018

武田尾の紅葉は

Momiji111218午前中は病院に行ったりしてたので午後からの出撃です。今一つどこに行こうか決めかねてたので駅を降りるとそこはフィールドという武田尾へ。11月といえば紅葉のシーズンですので様子見をかねて散策してきました。
Takedao11118 まだここらの山は所どころ紅葉しはじめてる程度
Momiji11118 桜の園あたりはこんなもん。見れなくはないな。
Ookamakiri11118水辺でカマキリを見つけました。ハリガネムシという生物に寄生されたカマキリは腹の中のハリガネムシが大きくなると水辺にやって来て、そこでハリガネムシが腹の中から出てくるという話をきいたことがありましたが、もしかしたらこのカマキリも・・・
Naginatatake11118すこしキノコを探しましたがあまりなく、ナギナタタケと思われるのとか
Tisiotake112118チシオタケが少し。
Sirauotake11118シラウオタケがはえる木片が対岸にあったのですが今はもうなくて、新たにシラウオタケがはえてる材 を 見つけました。
Kisekirei11118もしかしたらミヤマホオジロかな?というのをちらりと見ただけで鳥の収穫はなし。まだ草深すぎて地面に降りてる鳥を見つけるのは難しそうです。川の真ん中を飛び歩いているキセキレイを撮って今日は終了。

November 04, 2018

スッポンタケ

昨日は今一だったので今日はハズレのなさそうなお城にでも行って見るつもりで家を出たのだが財布の中に千円札が一枚しか入ってないことに気がついて引き返す。こうなるとまた歩きで出かけるのが億劫になってバイクで行ける所にしようと思いなおして今期初めての啄木鳥の森 へ。
Nigakuritake11118最初に撮ったのは鳥ではなく茸でニガクリタケ。小さな幼菌もまだまだありました。
Aoji11118 今期初めてのアオジ。警戒心が強くてなかなか撮影させてくれません。
Aoji111218アオジはこの2枚しか撮れませんでした。ミヤマホオジロもいてたという話は聞きましたが何かわからないものがこちらが見つけるよりも早く飛んで逃げるので確認はできませんでした。
Joubitaki11318谷の降り口近くが縄張りなのかジョウビタキ♂が今年も頑張ってました。
Joubitaki11218
お腹側をこちらに向けてほしかったのですが背中側しか撮らしてもらえません。
Kurorappatake11118クロラッパタケだと思うけど色落ちしたようなのが一本だけ
Erimakitutiguri11118エリマキツチグリのきれいなのを撮りたいと思ったのですがあまりみつかりません。
             Suppontake11118  Suppontake111218
セイタカアワダチソウの谷から上を見上げると大きな柿の木があったので、カキノミタケでもないかと下を向いて探してたら外皮の向けたキノコの幼菌っぽいものを発見。一つ拾い上げて半分に切るとスッポンタケやないですか、しかも柄がのびて出てくる直前のやつ。
Suppontake111318あたりを見ると道端やら草むらの中にスッポンタケの卵が次々と見つかります。ほとんど歩かずにスッポンタケの卵をこんなに見たのは初めてです。
Suppontake11418さっきの割った幼菌の様子からすると柄の伸びた成菌がどこかにあるのではないかと思ってるとやっぱりありました。グレバは半分落ちてしまったようなやつで指ぐらいの大きさのミニ・スッポンタケですが成菌のスッポンタケは初めてみました。
            Suppontake11718 Suppontake11618
ほかにも柄の伸びたのが二つ
Suppontake11518斜面で寝てるようになってたのを助け起こして下から撮影。 ここなら車がなくても見に来れるのでそのうちミニではないスッポンタケが撮れるのではと期待。キノコっ気のないところというイメージを持ってましたが認識を改めないといけないかもしれません。

«ジョウビダケ