October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

October 15, 2017

雨の日は不明菌を

Kakisimeiji10011

雨でどこにも行かなかったので8日に行って撮ってきたキノコの在庫から。今日は主に名前のわからないキノコを中心にアップしますので名前がわかるようなら是非教えてください。まず一枚目。ものすごいヌメリでヌルヌルのベチャベチャ。柄の頂部が白いし、ヒダにシミがあるのでカキシメジではないかと思ったのですが色がどうも薄すぎるように思うんですよ。
                  Kinokokurorappatke10081 Kinoko10083
クロラッパタケを撮った時に近くにはえてた白いキノコ。シロイボカサタケかと思ったけど傘の天辺の突起もないようなので気になっていたキノコ
Kinoko10084_2   傘の裏のヒダは黄色いで密のキノコ。こういった茶色のキノコはたくさん見るけど名前のわからないのが多すぎ。
                  Kinoko10085 Kinoko100851
猪の罠が以前置いてあったところで見つけた黒っぽいキノコ
                  Kinoko10086 Kinoko100861_3
道端にはえてた小型のキノコ。ホウライタケの仲間かな? キチャホウライタケというのが一番近いかも

Kinoko10087 谷で見つけた黄色いキノコ。 Kinoko10088 ん~・・・ Kinoko10089 モリノカレバタケかも

Kinoko100810_6
色が濃いニオイコベニタケか
Kakisimeji102117_3
ヒダにシミはないけどカキシメジでいいかと
Hanabiranikawatake10217_4
ハナビラニカワタケ
Kuroasibosonobororyu10217_4
クロアシボソノボリリュウタケ・・もう少し黒い方がそれらしいのだが
Kinoko100811_3
白いチチタケ? 退色したチョウジチチタケなのかな?Kinoko100812

オオホウライタケの白っぽいの Sirokaimentake10217_2 シロカイメンタケ Kinoko100813_2 よく見かけるけど名前のわからないキノコ 1kinoko10084 柄の部分にツバの名残のようなのがあるキノコ Kinoko100814 これも白だけど肉眼では薄く緑色がかっているキノコで乳液が出てるし、傘の中央に突出部がある。さて、同定に自信がある人は是非これらのキノコの名前を教えてください。

October 12, 2017

香茸

Koutake10117

今日は雨が降りそうな曇り。こんな日は鳥撮りに行こうという気がしないのでやっぱり茸撮り。この前はA公園に行ったので今日はB公園へ。雨が降ってきてもすぐに帰ってこれるし、雨宿りする場所も多そうやし、それにやや遅い目の出発だったのでできるだけ近くて便利なのを優先。でも、ここなら何かが撮れそうというわけではなかったんですけどね。
Himehokori10117
まずはどうということのないヒメホコリ。苔の中にはえてるのできれいに見えるんですよ。 Ibotenngutake10117 続いてイボテングタケ、柄の付け根の部分が何重にもなってるのでイボテンだと思ったけどあまり自信はない Kinoko10121 何?これ Koutake101217 木の裏側あたりに見えた黒っぽいキノコ。このささくれだった鱗片が特徴のキノコといえばコウタケ。でも、こんな公園にコウタケが出るなんてあるのかな???帰ってから調べるとシシタケという似た茸もあって、同一視されてることも多くてはっきり違いがわかりません。
 
                                     Koutake101317  Koutake101417
あたりに積もってる枯れ葉の下にはまだ隠れてるのがあるみたいでしたが、見えてる範囲でわりときれいなのを撮影。コウタケは香りが良いことで有名で乾燥させるといい匂いがするそうです。 Ningyoutake10117 この手のキノコもけっこう出てました。傘の形が全体的に波打っていて不定形なキノコが密集してました。ニンギョウタケというのが思い浮かびましたがどうなんでしょうね。
                  Oowaraitake10117_2 Oowaraitake101217
ナラタケモドキの幼菌かなと思ったのですが、柄が丸っぽく太った形をしてます。右側のが近くにあったのでその成菌かな?もしかしたらオオワライタケとかいう毒キノコなのかも?
Kawamurahuusentake10117 背が低くて傘の裏も柄も見えないので抜いてみました。きれいな紫色をしてます。カワムラフウセンタケなのかな?
                  Kurohatu10117 Kawarihatu10117
クロハツカワリハツ。ここのカワリハツは色がわるいですね。
Dokubenitake10117_2
珍しく傷みのないきれいなベニタケ類。ドクベニタケかドクベニダマシとかいうのが怪しいかも。
Titiawatake102117 管孔を傷つけても変色がないのでチチアワタケで良さそう Akayamatake10121 小さなアカヤマタケの仲間 Kurigenotyahiratake10117 チップが堆積したようなところからヒラタケのような茸がでてました。ちょっと毛がはえてるように見えるのでクリゲノチャヒラタケというのがそれっぽい。
                  Kinoko101317 Kinoko10125
その他、今日見かけた名前のわからないキノコ
                  Tengunomesigai10117 Kinoko101417
テングノメシガイだけど先に毛が生えて丸いのもありました。同種なのか?

Beninaginatatake10117 あまり大きくはなってないけどベニナギナタタケもはえてました。 Kosumosu10117 今日のおまけ。コスモスがきれいだったので撮ってみました。

October 10, 2017

お猿のお山の茸など

Etukikehokori10117

ひょっとしたらスッポンタケでも出てないかなと思って今日はお山に連れて行ってもらいました。まずは粘菌から、エツキケホコリだそうです。
                  Tyamukuetake10217 Kinoko10093
チャツムタケと名前のわからないキノコ
Sugihiratake10117 初めて撮ったかもしれないスギヒラタケ Matukasakinokomodki10117 松毬からキノコが出てました。よく見るマツカサキノコモドキとは色が違いますが・・・ Kunugitake10117 クヌギタケなのか?柄が長くて束生してるのでちょっと・・・ Huusentake10091 フウセンタケの仲間 Kinoko10092 大きな卵から出てきたテングタケの仲間 一番近い形状のものはタマゴテングタケモドキだと思うのだが・・・
                  Karakasatake10317 Hakawaratake10117
変な顔をしたカラカサタケハカワラタケ
Sagariharitake10117 ハカワラタケのついた木に一緒に出てたサガリハリタケ
                  Sagariharitake101317 Sagariharitake101217
こんな大量のサガリハリタケにお目にかかったのは初めてなのでちょっと感動ものでした。
                  Supponnyadoritake10217 Supponntake10217
スッポンタケは今日も出てませんでした。スッポンヤドリタケと新たに見つけたスッポンタケ幼菌
Kabentake10117
 
カベンタケ
                  Zoumusi10092 Zoumusi10091
ゾウムシの仲間2種 名前はまた調べておきます。  左はクロシギゾウムシだと思います。右は画像不鮮明につき不詳 
Tyairosuzumebati10117 他のスズメバチの巣を乗っ取るといわれているチャイロスズメバチ Kusagikamemusi10117 クサギカメムシ Kihokori10117_2 キホコリタケ幼菌
                  Huusentake10092 Huusentake10094
フウセンタケとかそのようなもの  フウセンタケモドキとハイムラサキフウセンタケかな?
                  Kerouji10117 Kerouji101217
今年も出てきたケロウジ

Kakesunohane10091 今日のオマケ あまり鳥を撮りに行ってないので羽だけでも。カケスの羽のきれいなところを。ということで今日もいっぱい遊べました。

October 08, 2017

ドカッとキノコ

Yomogihamusi10117_3
雨もよく降ったことだし、そろそろキノコが色々出ているだろうと思って今日はA公園は。途中の畑の隅でハムシを発見。ヨモギハムシかな?
Murasakiaburasimejimodoki10117途中寄り道をしながら歩いています。その寄り道で収穫があるとちょっとうれしいんですよね。クサウラベニタケがたくさんはえてる中で見つけたムラサキアブラシメジっぽいやつ。傘の色がどうも違うような気がするのでその近縁種なのかも
 
Naginatatake10117_6

ナギナタタケのようなキソウメンタケのような・・・

Sumizomeyamaiguti10117_3
道端の枯れ葉が積もっているところで見つけたイグチ類。黒く変色したシミみたいなのがあるのでスミゾメヤマイグチだと思います。初見
                 Sankotake10117_3  Houkitake10117_3

大きなサンコタケとかホウキタケなんかも見つかりました。

Beniyamatake10117_3

きれいなベニヤマタケ

Kusaurabenitake10117_3

クサウラベニタケはあちこちでたくさん生えてました。

                 Kabairoturutake10117_3  Kabairoturutake101217_3

カバイロツルタケとその幼菌。今日はカバイロツルタケのサービスデーかと思うほど行く先々で生えてました。

Tanukinotyabukuro10117
タヌキノチャブクロ?ホコリタケの仲間はよく見かけるけど木にはえてるので
                 Tokiirorappatake101217  Tokiirorappatake10117
アンズタケにしては色がはっきりとした黄色ではなく、小型でヒダもよわいのでトキイロラッパタケ。この色がでなくて黄色になってしまうのが不満
Hourokutake10117
ホウロクタケ、図鑑では見たころがあったけど実物は初めて見たかも
Numeriiguri10117
ツバのあるヌメリイグチを撮りたくてあちこち見て回りましたがキノコの背が低いのでツバがあるかどうか抜けないとわからないんですよね。でも、抜くとムシクイだらけどまたガッカリするわけです。
Titiawatake10117
こっちはチチアワタケですね。
 
Hatutake10117 ヒダの色からいつものアカハツとかではないのがわかりました。ということでハツタケということにしておきます。
 
Tamagotakemodoki10117
タマゴタケモドキ、黄色のキタマゴタケとは似て非なるもの。傘に条線がなく、ここのはなんか華奢
Tyawantake10117けっこう数は出てました。しかし、正体がわかりません。名前がないキノコなのかも。チャワンタケの仲間ということにしておきます。 
Zukintake10117_2ズキンタケとかウラムラサキ、ハナオチバタケなども見られるようになってました。いままで何も見つからなかったのが嘘みたいでした。

October 05, 2017

鳥、花、茸、虫@トンネルのむこうがわ

Tumerenge10117
 
何か変わったものが撮れればいいなと考えて、今日は意外性を期待してトンネルのむこうがわへ。まずは駅近辺で見つけたツメレンゲから。ここはかなりツメレンゲの数も少なくなってるけれど花茎が伸びて花が咲きそうな状態のものがあったので、きっとたくさんあるところに行けば花が咲いてるのものもあるのではないかと思ってそっち方面にも行ってみることにして移動。
Kehokori10117
 

いつもの泥濘の道を歩いていて見つけた粘菌。ケホコリかな?これを撮っていた時頭の上で大きな声でケ、ケ、ケケ・・・・

Aogera10117

なんと!木を登っていく鳥の姿がそこに・・アオゲラですやん!逆光空抜けのため色がでませんが、久しぶりに近くで見たような

 
Sirosuzumenowan10117
 

奥の瓦礫の道まできてしまいました。丹念に探した結果シロスズメノワンではないかと思われるキノコを発見。

Sirosuzumenowan101217

シロスズメノワンとするにはちょっと椀の内側の白さに不満がありますし、それに目立つ毛がほとんどはえてません。シロスズメノワンの近縁種なのかも

Marukamemusi10117

とても小さな虫だけどカメムシの仲間でマルカメムシです。

Yotubosihamusi10117

気温が下がったのであまり活発ではないのかヨツボシハムシというのを見つけました。銀白色の地色に黒斑が四つあるきれいなハムシです。季節的にはハムシの類はもう終わりかな

Sirauotake10117

雨の後なのでもしかしたらと思ってみたらいつもの木片にはシラウオタケが出てました。

                  Mujinatake10117_2 Hitoyotake10117

泥濘の道のムジナタケとヒトヨタケの仲間

 
Kuri10117

栗の実があちこちに落ちてました。ここの栗の木には今年はウラゴマダラシジミが来ていてきれいなのを撮らしてもらいました。

Suppontake10117

これはもしかしたら・・・人為的に表皮を半分はいであったけれど正体を知るためには中をわって見てみる必要がありそうなので

Suppontake101217

やっぱりスッポンタケの幼菌でした。でもこんな道端にはえてるなんて・・・こんな場所では猪に掘り返されてしまいますやん。

Akityouji10117

今日たくさん咲いているのを見つけました。アキチョウジというシソ科の植物です。

Kibosimaruunka10117_2

今日はあちこちで見かけたキボシマルウンカ。テントウ虫みたいだけど違うんだそうな
Uramurasakisimeji10117

ウラムラサキシメジ、傘の裏を見て薄紫色のヒダの美しさにびっくり。

                  Tumerenge101217_2 Tumerenge101317

回り道をしたけれどやっとツメレンゲがたくさんある場所にたどり着きました。きれいに花が咲いてるものもあり、クロツバメシジミがいてないか探しましたが見つけることはできませんでした。

Daimyouseseri101117

クロツバメシジミは見つからなかったけれどダイミョウセセリを見つけました。なんか久しぶり

Kitunenokarakasa10117_2

ここのキツネノカラカサと思われるキノコは見つけるたびに撮ってるのですが、どうもうまく撮れません

Kamemusitake10117

ここではすっかり定番になってしまったカメムシタケ

                  Kamemusitake101217 Kamemusitake101317

土の中から掘り起こしてみました。どうやら今日の宿主はツノカメムシの仲間のようです。

Tisiotake10117

きれいなチシオタケを見るのは久しぶりなような

                  Kinoko10051 Kinoko10052

名前はわからないけれど気になるキノコ2種

Segurosekirei101117

帰り際に川の中で見つけたセグロセキレイ。セグロセキレイを見るのは久しぶり。留鳥のはずなんやが・・。日本固有種で外国のバーダーさんからすると珍しいらしい。ということで今日はこれまで。

September 29, 2017

菫埃茸その後

Murasakihokoritake93117

河川敷のスミレホコリタケはその後どうなったのか見に行ってきました。雨に濡れたあとなので胞子の成長も早まって紫色がきれいに出てるかもと思ったけれど肉眼で見た限りでは全部焦げ茶色になったかにみえました。 Murasakihokoritake93217 自分の影の中にキノコを入れて撮るとけっこう紫色にみえます。
                  Sumirehokoritake932217 Sumirehokoritake93317
ほかのキノコを見ても同じような状態で表皮はもうボロボロ。影の中で撮るとホワイトバランスの関係か、紫色がかって写るけれど肉眼ではグレーに近いような色に見えます。はたしてこれ以上紫色に近い色になるのでしょうか?

Nobitaki92117 今日もノビタキを一羽見つけましたが川の真ん中あたりを飛び回っていては100倍で撮ってもこの大きさ。仕事に行く時間なので仕方なく撤収。

Tumamitake91117 これだけでは寂しいので昨日、雨上がりに服部緑地を歩いて見つけたキノコも。まずはツマミタケ Gantake91117 傘表面のイボイボが雨で流れてしまったようなのではっきりしませんがガンタケかも? Iguti9301 もうボロボロのイグチ類だけど、柄が立派な網足になっていて思い当たるキノコがありません。 Houraitake91117 オオホウライタケを小さくしたようなキノコ。葉っぱの上からはえてるみたいで気になりました。 Kosyouiguti91117 小型のイグチ類で傘の裏の色が変わってるなと思ったキノコ。コショウイグチなんかが怪しいかも。 Naratakemodoki92117 ナラタケモドキはたくさん出ていました。これは自信あり。ということでおしまい。最近blogの書き込みがうまくできないなと思ってたら今度はサイドバーにあるべき表示項目がすべて消えてしまってました。Windows10の自動アップデートが悪影響を与えているような気がしてなりません。どうしたらいいのかさっぱりわかりません。困った困ったコマドリしまい

サイドバーの問題は右サイドバー利用から左サイドバーに変更することにより一応表示されるようになりました。

September 27, 2017

黄鶲♂

Kibitaki9117

昨日、今日は仕事前に鳥探しに近所の公園に行ってました。今期はあまり色のきれいな鳥を撮ってなかったので場所を変えた方がいいかなと思ってたんですよね。でも、お城まで行くと一日仕事になってしまうので近くの公園で済ますことにしました。
Ooruri91117
まずは昨日撮影したものから。オオルリですね。メスなのかオス若なのかはこれではわかりません。 Kibimesu92117 妙に尾羽が短いようにおもえるキビタキ♀・・今年生まれの幼鳥なのかな?フェンスの向こうとこちらを行き来してます。 Nekitonbo92117 公園の池にも赤とんぼがたくさん飛ぶようになりました。ネキトンボ♂はいつ見てもきれいです。
Kibitaki91217_2
ここからは今日の撮影。キビメスは今日もいてるようですがうまく撮れる場所にはきません。キビメスを待っているつもりで立っていたらなんとキビタキ♂が現れました。しかし、これも一度だけであとが続きません。 Risuakane92117 池の方を見て回りましたが今日はリスアカネとか Ginyanma91117 ギンヤンマが撮りやすいかな。 Kibitaki91317 せっかく見つけたキビタキ♂ですのでもう一度お会いしたいと思って飛んで行った方向を捜索に行くことにしました。そうしたら公園の隅で再び遭遇。見てるとこの隅の方からあまり移動しないで飛んでる虫を捕まえてるみたいでした。
 
                  Kibitaki91517 Kibitaki91417
かなり曇ってきてましたので空抜けだとどうもきれいに撮れません。

Kibitaki91617 明るい緑を背景に入るところにとまったのを撮って本日は終了。やっと色つきの鳥が撮れました。コルリ♂を撮ってから一月ぐらいは地味な鳥がほとんどでしたので毎年見かける普通のキビタキ♂でも大収穫でした。こんどはオオルリ♂に遭遇したいものです。

September 25, 2017

鮫鶲

Samebitaki91317

この前のスミレホコリタケがどうなったかを見に今日も河川敷へ。公園によると今日はオオルリ幼鳥とかキビメス、エゾビタキ、マジミジロ若が目撃されているみたいでした。 Samebitaki91217 エゾビタキだということで撮った写真でしたが、あとで見ると何か違和感が・・・ Sumirehokoritake92117 一番成熟度の進んでいたスミレホコリタケはすでに黒くなってましたが、まだ模様があるのがわかる黒さですね。 Sumirehokoritake92217 ここでちょっとアクシデントがあり、少し毀損してしまいました。しかし、そのお蔭で胞子の色を確認できました。まだ焦げ茶色だけどそこはかとなく紫がかっているのがわかります。あと数日すればきれいな紫色の胞子がみれるはず。 Sumirehokoritake92317 あとのスミレホコリタケの状態はまだこんなもんでした。 Onihusube92117 オニフスベも相変わらず大きいですね。いままで見たオニフセベの中でも一番の大きさです。 Oosirokarakasatake93117 公園内に再び戻ってキノコ撮影。まずは相変わらずたくさん出ているオオシロカラカサタケを。
                  Onitake91117 Onitake91217
これは新顔ですね。地色の茶色、つぶつぶが傘表面にありますが、あまり目立たない感じ。傘の裏を見るとかなり密で白いヒダをしているし、ツバもあります。これはオニタケでいいかと思われます。
Samebitaki91517
 
 
エゾビタキのつもりで撮っていたこの鳥はどうやらサメビタキの方だということがわかって急にやる気が出て撮影に参加。日当たりが良いところにとまると胸の模様も薄く見えてコサメビタキのようにも見えます。
                  Samebitaki91417 Samebitaki91617_3
 

コサメビタキ、エゾビタキ、サメビタキのコサメ三兄弟の中では嘴が一番短く見え、胸の縦班も不鮮明、一番の違いは下尾筒にある黒班なのだそうです。 Ezobitaki91117_2 サメビタキの遭遇率は高くないのでうれしいけれどそろそろ派手な色のついてる夏鳥を撮りたいものです。 Yanagimatutake92117 今日は草刈りとか公園内の整備をしていたので鉄塔回りにはよらなかったけど、この前のヤナギマツタケがはえてる木には洞の中に新たなヤナギマツタケが生えていました。傘の裏の被膜がまだついたままですけど、これがはがれてツバになるんですよね。 Higanbana91217 帰りにお馬さんの裏に行ってヒガンバナの群落を撮って今日は終了。

September 23, 2017

野鶲と河川敷の茸

Nobitaki91417

昨日は雨が降ったので鳥の方はあまりよくないかもしれないけどオオルリとかキビタキとかがいてる可能性も捨てがたいので川沿いの公園に行ってみました。 Oosirokarakasatake92117 公園内のカメラマンにきいてもこれといった鳥は出てないようなのでグルリと一周することに。気になっていた裏に沢山でているキノコをとって一つ解体してみました。傘の裏が緑っぽい感じなので形はやや小さいけどオオシロカラカサタケでいいと思いますが、竹林もあるのでドクカラカサタケ、枯草などの捨て場にもなってるのでイロガワリカラカサタケなんかの可能性もありかと思ってたんですよね。 Tubukarakasatake91117 ほかにも厚みのないやや小さなキノコの群生がありました。 Tubukarakasatake91217 発生場所などから考えるとツブカラカサかと思ったけれどきれいなのを一つとってみたけれどツバもないみたいだし、肉の変色性も今一つといった感じで決め手にかけます。Yanagimattake91117 しなびたキノコが垂れ下がってる木があったのでよく見ると上のほうにもキノコがでてました。ヤナギマツタケかな? Ezobitaki92117 エゾビタキがいてるというので梅の枝の天辺にとまるのを撮ったほかはオオルリやムシクイをちらりと見ただけであとはエナガやシジュウカラ、コゲラぐらい。河原にノビタキがいてるという情報でノビタキを探しに河川敷に行ってみることにしました。 Sumirehokoritake91117 ノビタキ撮りのカメラマンがいてる場所に着く前に意外なものを発見。これは、スミレホコリタケかキクメタケでは・・・しかもいくつもあります。 Sumirehokoritake91217 キクメタケはまだ見たことがないのではっきりとは言えませんがこのまま放置しておくと3日ほどで黒っぽく変色し、おそらく一週間もすれば胞子も成熟して色がわかるかも。もし胞子の色が紫色ならばスミレホコリタケ、ノウタケのような黄褐色ならばキクメタケと判断できるはず。 Sumirehokoritake91317 土手の斜面にも大きなのがあったので近づいて撮影。これが一番成熟度が高いかな? Nobitaki91117 ノビタキは2羽か3羽ぐらいが入ってるみたいですが、やや遠いところにとまることが多いですね。
                                        Nobitaki91217 Nobitaki91317
アレチハナガサにもとまるようなのでそれも撮ってみたかったな・・・
Onihusube91217_2
ノビタキの撮影も一段落した時周囲を見ると通りの下になにやら白く丸いものを発見。遠目に見てもはっきりわかる大きさのオニフスベですやん(*^-^) Onihusube91117 いつもながらバレーボールかハンドボールみたいなキノコです。 斜面を這い登り撮影。上から撮りにいったほうが楽やったのにね。
                  Ezobitaki92317 Ezobitaki92217
公園内に戻ると相変わらず皆さんエゾビタキに熱中してました。エゾビタキが飛び出して戻って来る時に羽を広げた姿が撮れるのを狙ってるのですが、距離があってピントが合いにくいんですわ。
Higanbana91117_2

今日のオマケ。河川敷にはえていたヒガンバナ。たくさん生えてるのを撮るのもきれいけど少数咲いているのもまたきれいです。

September 21, 2017

ついに碁石小灰蝶に遭遇

Goisisijimi91217

スッポンタケの幼菌とかスッポンヤドリタケとかいう茸が出てるというのでお山に連れて行ってもらいました。 Tengutakedamasi91117 最初に撮ったのはテングタケダマシ・・・あれ?何か影が入ってます。レンズの前になにかったかな? Oosentikogane93117 オオセンチコガネは今日もいてます。今日は赤紫色のやつでした。 Hanabianikawatake91117 きれいなハナビラニカワタケ Karakasatake91117 今日は元祖カラカサタケ。全部で3本でてました。 Sankotake91117 黄色いサンコタケKokeirosaratake91117 コケイロサラタケなんだそうです。
Egonokitake91117
エゴノキタケです。側面から見るとこんなん
 
Benityawantakemodoki91117 わざわざ水辺に降りて行って撮ったベニチャワンタケモドキと思われるキノコ Sirokaimentake92117 シロカイメンタです。古くなると白くなるのだそうです。 Hatinosuhokori91117 今一つうまく撮れてないけどハチノスホコリとかいう粘菌 Hatakesimeji91117 場所をかえて昼食後に撮ったキノコからハタケシメジ・・たぶん
Hanaurokotake91117
ハナウロコタケ
Kaentake93117 カエンタケもまだ発生してるんですね。
Suppontake91117_4
 
そしてこれがスッポンタケの幼菌。けっこう大きな卵でした。成菌はまだ見たことがないので今年は是非見てみたいものです。
Supponyadoritake91117_2

スッポンヤドリタケ、文字通りスッポンタケの幼菌に寄生するキノコで珍しいものだそうです。 Asagimadara91117 菌友がスッポンヤドリタケに熱中してる時にアサギマダラ♂が低空飛行で止まりそうで止まらないを繰り返してるのでずっと追いかけてました。やっとなんとかとまってくれたので記念写真 Asagimadara91217 続いて翅を開くのを期待して待ったのですがカメラから目を離してる時に開いたりするのでどうもタイミングがあいません。 Hasamitunokamemusi91117 ハサミツノカメムシです。表面がてかっていて色がでません。お尻からでてる赤いハサミをまともに見たのは初めてカモ Goisisijimi91117 帰り際にトイレ前に来ると連れがゴイシシジミを見つけてくれました。しかし、さっきのアサギマダラで電池を使いすぎたせいかすっかり電池切れ状態。しまった・・よりによってこんな時に(;´д`)トホホ… しかし、諦めきれずに電源スイッチをいれるとなんとか起動しました。goodそして数枚を撮影したのちに完全に沈黙。同じ構図しか撮れなかったけど初めて撮れたのでとってもラッキーでした。

September 19, 2017

古都の茸

Mantokarakasatake91117_2

台風後のキノコを期待してたのですが箕面のお山の方はダメらしいので思いきって奈良に行ってみることにしました。ここには原始林もあり見たことのないものに出くわすかもしれません。ごく普通のキノコでもマントカラカサタケなんかは見たことがないので期待がもてます。
Mantokarakasatake91317_2
マントカラカサタケ
                 Mantokarakasatake91217  Mantokarakasatake91417
マントカラカサタケ幼菌と下から見た画像
                 Karakasarui9192  Karakasarui9193
マントがないの
Kanzoutake91117
カンゾウタケ
Rurisentikogane93117オオセンチコガネ瑠璃色型
                  Wahidatake91117 Wahidatake91217  
ワヒダタケ裏表
Asetakerui9191_2ん~・・・ナントカトマヤタケ。アセタケ類はよくわかりません。
Kaentake92117カエンタケ ほとんど平地といった場所で山の中ではないのですが・・
Kuriirokitunenokarakasa91117
クリイロキツネノカラカサだと思う
 
 
                 Kinoko9191  Kinoko9194
名前のわからないキノコたち
                 Nenkin9191  Nenkin9192
粘菌らしい
                 Samatumodoki92117  Mantokarakasatake91517
サマツモドキマントラカサタタケ
Esakimonkitunokamemusi92117さて、いよいよここから原始林の回遊路にはいります。まず出迎えてくれたのはエサキモンキツノカメムシ。下の個体はどうやら脱皮したばかりのようです。
Monkiageha91117モンキアゲハ
Tyabaneaokamemusi91117チャバネアオカメムシ
     Siitake91317 Siitake91117
シイタケ
Tisiotake91117チシオタケ
Aikouyakutake91317アイコウヤクタケ
                 Aikouyakutake91117   Aikouyakutake91217
初めてみました。これが見れただけでも山道を登った甲斐がありました。
Nioikobenitake91117ニオイコベニタケかな?
Usutake91117ウスタケ
Usutake91217ウスタケ幼菌
Sentikogane91117真っ黒だったのでもしかしたらと思ったのですが、センチコガネ?でした。
                  Kinoko9193   Kinoko9196
名前のわからないキノコたち2
Kinoko9195ニガクリタケのつもりで撮っていたけれどもしかしたら違うかも・・・
Sika92117やっと山頂に着きました。奈良盆地を背景にして鹿をカシャcamera
Toudaiji91117東大寺大仏殿とススキ
Nara91117駅前に戻ってカラー版のマンホールの蓋を撮って本日は終了
 

September 17, 2017

蝦夷鶲

Ezobitaki91117

今日は台風が来るというので家で待機していたが、雨雲の様子をレーダーで見てもかなり距離がありそう。買い物に出るついでに近所の公園に行ってみました。バイクをおいてすぐにキビタキ♀が地面におりて餌を捕ったのが見えたのでカメラを出して少し追いかけたが見失ってしまいました。でも、すぐに鳥が見つかるということはきっと今日は他に何か入っているはず。 Ezobitaki91517 公園内の遊歩道を歩くと野球場横で何か飛び出してはすぐに枝に戻るということを繰り返している鳥を発見。 Ezobitaki91217 お、エゾビタキやないですか!今期お初なので頑張って撮ってみました。 Ezobitaki91317 その後もヒタキ類は何度か遭遇したのですが、写真をまともに撮れたのはエゾビタキのみ。 Ezobitaki91417 ほかにもコサメビタキとかムシクイとか入ってたのですが、しばらく鳥の撮影をしてなかったせいか、すっかり感が鈍ってしまってるようで撮れず Kibitakimesu91117

暗がりの低木の中でキビタキ♀が見え隠れするのでもう少し明るいところにでてきてくれるのを待ってたのですが、フェンスの向こうの工場内に入っていくぐらいで出てきてくれません。キビタキ♂も時々フェンス内に見られるので期待してたのですが、こちら側には野良猫も陣取ってるせいかダメ。お腹もすいたし、買い物もあるし、空模様も気になるので今日はこれで撤収。
夕方、外の具合を見ようと出た時に団地内を超低空飛行する茶色い鳥に遭遇。すぐにサンコウチョウだとわかったのですが、人家の庭の中に入っていったので追跡を断念。風がある日は下の方でエサ探しをするのかも。

September 14, 2017

深山茜など

Miyamaakane91117
もしかしたら何か茸でも新たにはえてるかもと思って今日も西の聖山へ。何もみつからなくても河原に降りればミヤマアカネがたぶんいてるはず・・・
Nakaguromorinokasa91117
下の池の周囲を歩きましたがキノコらしいキノコはこのナカグロモリノカサ風のキノコがいくつか出てたくらいでした.。ナカグロモリノカサはわりと大きいはずなのですがこのキノコはせいぜい傘の径が5㎝ぐらいしかありません。
Edanasitunohokori91117
エダナシツノホコリかな?ちょっと違う気もするけど・・・
Himekabairotake92117
ヒメカバイロタケ
Sarunokosikake91117_3
ちょっと変わった色のサルノコシカケ類
Aragekikurage91117
アラゲキクラゲ
Mayutateakanemesu91117
マユタテアカネ♀ノシメ型
                 Daidaitake91117  Momijiurokotake91117
ダイダイタケとモミジウロコタケ
Takanetonbo91117
エゾトンボ系のトンボ、タカネトンボかも
Kaeru09141モリアオガエルかな? トンボが産卵に来たのですが撮る前にカエルがよってきたためにどこかに行ってしまいました。
                 Miyamauzura92217  Miyamauzura92117
ラン科の植物ミヤマウズラ。この山にもはえてるんやね
                 Nokogirikuwagatamesu91217  Nokogirikuwagatamesu91317
ずっと木の中に頭を突っ込んでたので向きをかえてやっとクワガタムシ♀であることがわかりました。
Nokogirikuwagatamesu91117
少し大きく見えたのでノコギリクワガタ♀かと思いましたがコクワガタ♀もありかも。
Kaigaratake91117シンプルな美しさがすきです。カイガラタケ
Miyamaakane91317
ここには池もあるのに必ず河原の方にいてるミヤマアカネ♂
                 Miyamaakane91417  Miyamaakane91217
ちょっと草深くなってるので探すのに歩き回りました。まだ大丈夫と思ってたのですが草の実がけっこうズボンにつくようになりました。
Mayutateakaneムラサキシキブの実が色づいてましたのでマユタテアカネ♂の背景に入れてみました。
Uranamisijimi91117
ウラナミシジミ♀の産卵。クズなどのマメ科の植物を食草にするのでハギもその対象になります。
Hagi92117
バイクをとめる入り口あたりのハギの花が見ごろになったのでこれを撮って今日は終了
 

September 10, 2017

姫茜など

Himeakane91417_2
 
先日はヒメアカネのメスを撮ったけれど今日はヒメアカネのオスを探しに出かけました。
 
Natuakane92117 まずは見つからなかった時のことも考えて田んぼでナツアカネを撮って保険をかけときます。赤とんぼには稲穂がよく似合いますが、もう少し色づいたほうがいいな・・ Hanmyou91117 今日はハンミョウをよく見かけます。 Nijigomimusidamasi92117 薪の上にニジゴミムシダマシを見つけました。 Kiitotonbo91117 久しぶりのキイトトンボ
                  Aoitotonbo91117 Aoitotonbo91217
ここでアオイトトンボを見たのは初めてです。合体中も数組いてました。
Ooitotonbo91117 オオイトトンボも。
                  Gagabuta91117 Siokaratonbo91117
ガガブタの花も満開。その花の中にシオカラトンボがいてました。

Mizuoobako91117 ミズオオバコの花です。教えてもらって初めて見ました。絶滅危惧種Ⅱ類だとか。ここでは数が少ないのが残念ですね。もっと増えるといいのに。

Himeakane91117

奥の方は行ったことなかったのですが、湿地があってそこにヒメアカネがいてるはず。数は多くないもののやっぱりいてました。 Himeakane91217 横から見るとこんなん。ぱっと見でマユタテアカネと変わらないような・・。でも、赤とんぼの中では一番小さな種類なんですよ。 Himeakane91317 こっちはメス
                                        Himeakane91517 Himeakane91717
ヒメアカネ♂は顔が白いのが特徴なんですが、♀のほうは白ではなく顔に小さな鼻班があるものもいてます。甲山で見たメスには鼻班はなかったけどここのメスには鼻班があります。
Siroonitake92117
茸も少し期待したのですが、ドクツルタケぐらいであとはこのシロオニタケらしいのがあっただけ。 Himejanome91117 ヒメジャノメのはずですが、後翅の蛇の目紋の数が少ないみたいですね。 Nijigomimusidamasi92217 ニジゴミムシダマシをまた見つけました。何度撮っても満足のいく虹色光沢が撮れないんですよね。
Harikamemusi91117
ケイトウの花にカメムシがとまってました。ハリカメムシだそうです。
Mesugurohyoumon91117 最後にメスグロヒョウモン♂が吸蜜にきてるのが撮れました。  
                  Mesugurohyoumon91417 Mesugurohyoumon91217
今年はなぜかどこを歩いてもヒョウモンチョウ類に遭遇しなくてどうしたのかと思ってました。初夏に羽化して盛夏の間は休眠するはずだけどまるで羽化して間がないかのようなきれいな個体でした。 Mesugurohyoumon91317 久しぶりなのでもう一枚。ほかにもいろいろ撮っているけれど今日のところはこんなもんで(◎´∀`)ノ
 

September 03, 2017

今日もピカ虫

Oosentikogane92117_2
 
今日は車で山の上に連れて行ってもらいました。涼しくなってきて山の上はさらに快適。これでキノコでもたくさん出てきてくれたらいいのですが・・・まず最初に撮ったのは昨日もたくさん撮ったけれどオオセンチコガネ
Oosentikogane92217_2奈良土産のルリセンチコガネの亡骸とツーショット
                  Oosentikogane92417_3 Oosentikogane92317_2
赤紫色がよく出てるのとここらで一番よく見かけるタイプのオオセンチコガネ
Hunhokori91117_3
フンつながりで粘菌のフンホコリ
Tumaguroooyokobai91117黄緑色がきれいなツマグロオオヨコバイ
Iboseiyousyouro91117世界三大珍味のひとつトリュフの一種で日本にもはえるイボセイヨウショウロ。初めて見ました。
Yamatosijimi91117秋の花、ハギに訪花してたヤマトシジミ
Natuakane91117今期初のナツアカネ♂
Akebikonoha91117体の目玉模様やスタイルが面白いアケビコノハという蛾の幼虫
                  Miyamauzura91117 Miyamauzura91217_2
前回見に行った時はまだ蕾だったミヤマウズラという山野草の花が満開になってました。
Kaentake91117色はともかくとして立派なカエンタケ。なんか人の手みたい
Kontyuu09031
なかなか名前がわからなかったが、ハギツツハムシみたい。そういえば萩についてた・・・
Semonjingasahamusi91117セモンジンガサハムシもまだいてました。
 
Sabikokori91117サビキコリとかいうコメツキムシの仲間
Hutoanaakizoumusi91117いままで見たゾウムシの仲間では一番大きいかな?フトアナアキゾウムシです。
Hiroobijoukaimodoki91117離れて撮っても近くで撮ってもうまく撮れないヒロオビジョウカイモドキ。今日もいろいろ撮れて遊べました。
 

«瑠璃雪隠黄金