May 21, 2017

春のトンボとヒクイナ、コジュケイ

Honnsanae51317
 
ノンビリ寝ていたけどホンサナエやアオバセセリなどを探そうと思って出撃。いつもは駅を出たらコンビニに寄って川沿いの道を山の公園に向かって歩くのだけど今日は武庫川に寄り道。もう何年もここでは見ていないのでここら辺にはいなくなったのかと思っていたホンサナエをすぐに見つけました。しかし、逃げられるのも早くて次の個体を探しとウロウロ。 Hikuina51117 そんな時にこちら側から飛び出して対岸に飛んだ鳥が2羽。なんとヒクイナでした。 Hikuina51217 ヒクイナが飛ぶのを初めて見たかも。逃げ足はやっぱり早いのでカメラで追えたのは一羽のみでした。
Honsanae51117
気を取り直して再びホンサナエ探し。 今度は間に葦がはえてたりするので感づかれてないのかやや遠いけどシャッターがきれました。
Honsanae51217
向きが変わると今一つだなと思って下に降りて構えようとするとまた逃げられました。できたら前の方からも撮りたいところなんですけど長靴でも持って歩かないとダメかも。
Aosanae51117
アオサナエも いてます。アオサナエの緑色は本当にきれいですけどもう少しきれいな場所で撮りたいものです。
Tabesanae51117
本流はこれぐらいにして川沿いを山の公園目指して歩きました。途中サナエトンボを見かけたので一撮影。タベサナエをここで見たのは初めてです。
                 Harabirotonbo51117  Sioyatonbo51117
山道沿いの湿地まで来るとハラビロトンボとかシオヤトンボが飛び回ってました。
Nihonkawatonbo51117
以前アカショウビンがいてたとかいう場所には今年もニホンカワトンボ♂がいてましたが、2頭だけしかいてません。
Nihonkawatonbo51217
石の上にでもとまってくれると羽を開いた時の赤い影がきれいに見えると思うんですけどね。
Arimahujikouen0521
お山の公園に到着しましたが、今日はいつもの場所あたりは草刈り作業中でキノコも見つけられず。グミの花もほぼ終了していて近くを飛ぶ蝶もあまりなくただ暑いだけでした。
Hutasujisanae51117
子供たちがはしゃぎまわる池の周囲でフタスジサナエ♂をみつけました。フタスジサナエを見るのも久しぶりです。
                 Hosomiotunentonbo51217  Hosomiotunentonbo51117
ホソミオツネントンボは今年も相変わらずいてますね。
Yamasanae51117
きれいなヤマサナエ♀が止まっていたのを撮って、今日は暑いしこんなもんでええやろうということで帰路に。
Mizubenonisezukintake51117
もう少しで水路沿いの暗い山道が終わろうかというところで水がしみだしてたまってるあたりの枯れ葉の上に白いツブツブがあることに気がつきました。
Mizubenonisezukintake51217
これって去年カンムリタケを撮りに行った時にあったミズベノニセズキンタケとかいうやつだと思うんですけどこんな水たまりみたいな所にはえてるなんて・・・。
Kojukei51117
再び暑い日差しの中に出て山の田んぼ沿いを歩いていた時、前を歩いていた昆虫採集の人がたちどまりました。こちらを見てウズラみたいな鳥がいてますよというので顔を上げるとなんとそこにはコジュケイが2羽いてました。コジュケイはたいてい人の姿に気がつくと急いで林の中に逃げ込むんですけど、珍しくカメラを構えることができるぐらいのんびり。
                Kojukei51317  Kojukei51417
二羽並んでたのが右と左に分かれてしまったので片方づつしか撮れませんし、少しづつ離れていくのでお尻の方ばっかりを撮ることになりましたがなんとか横向きのものが写ってました。
Kojukei51217
けっこう長い時間撮らしてもらったように思いましたがカメラに記録されてる時間ではわずかに2分だけ。 それにしても近い距離でコジュケイ を撮ったことなんて初めてです。朝は家で寝ておこうかとも思ったけど出かけてよかったなと思う日でした。ネットマンさんありがとう。
 
 
 

May 20, 2017

モミジのお山のダビドサナエ

Dabidosanae51117
 
久しぶりにトンボを撮ろうと思い立って今日は滝道を歩いてきました。去年も同じ時期に歩いたのですがお目当てのダビドサナエは葉隠れ状態のものを撮っただけで不満だったんですよね。ダビドサナエは渓流などに生息するごく普通のトンボなのに最近はなかなか遭遇しなくて自分としてはデジタルカメラで撮ったオスの画像はなかったかも。
Ogumasanae51117_2
さっそくシャガの花の上にとまるトンボを発見。すぐに飛ばれてしまい高いのを見上げる形なのでタベサナエのようなオグマサナエのような???
                 Kinoko5201_2  Urabenigasa52117_2
去年は冬虫夏草を見つけたところにはなんかわからないキノコとか裏面がきれいなウラベニガサ
                 Humidukitake51217_2  Humidukitake51117_2
フミヅキタケっぽいキノコとか
Aragekobenityawantake51117
アラゲコベニチャワンタケを見つけました。
Dabidosanae51217_2
そして川床のベンチ前でついにダビドサナエ♀を見つけました。でも、撮りにくい高さです。
Egonoki52117
そのすぐ横のエゴノキは花が咲き始めてました。もしかしたら今一部で話題のオトシブミがいてるかもと思って見上げると・・・
                                      Egoturukubiotosibumi2_2  Egoturukubiotosibumi_2
みつけました。エゴツルクビオトシブミやったかな?
Dabidosanae51317_2
お寺さんの横で川をのぞき込むとダビドサナエ♂もついに発見。成熟したオスはメスが通りかかるのをこんなふうに待つんですね。
Ogumasanae51217_2
川向うに移動して歩いていると再びサナエトンボが。前肩条があるのでやっぱりオグマサナエですね。
Miyamakawatonbo51117
で、サンコウチョウが以前巣をかけていたところを過ぎたあたりの橋の下でミヤマカワトンボ♂を撮影。この時期のミヤマカワトンボはなかなか羽を広げないし、早すぎてタイミングが合わないことがほとんどなのに今日はとてもゆっくりと羽を広げてくれたので楽勝(*^-^)
Miyamakawatonbo51217
ミヤマカワトンボ♂は好きなトンボなのでもう一枚
Dabidosanae51517
橋の上で待ってると時々ダビドサナエが上がって一休みしていきます。まずは♂
Dabidosanae51417こっちはメス・・・よく見ると胸の横の線が普通は2本背中側まで伸びてるのにこのダビドサナエは途中までしか黒い線が伸びてません。まさかヒラサナエということはないと思うけど・・・。
Misujityou51117
橋の上から下を見てるとやや大きめの蝶が吸水に降りてきました。元祖ミスジチョウですやん!もうミスジチョウが飛ぶ季節になったんですね。このぶんだと今年はゼフィルスの発生は早いかもしれません。
Benihiratamusi51117
あとは鳥を撮影に行きかけたけどもう遅いのでキノコとかベニヒラタムシを撮って今日はい終い。
 

May 18, 2017

鹿の角茸かな?

Kanotunotake51117_2 トンネルの向こう側をハイキングしてきました。アオバセセリとか見つかるといいのにと思って出かけたのですがアオバが好きな白い花があまり咲いていなくてそれらしいものには遭遇しませんでした。ウツギの花がよく咲く場所なんですけどウツギの花もこれから咲くといった感じ。これならA公園のアキグミの花の方がよかったかも。ということで一応ハイキングコースのいつもの場所へ。高いところからホイホイの声が聞こえてきたのでこんな所を登ると明日は筋肉痛になるのはわかっているけどホイホイの誘惑には勝てずに周回路を登ってしまいました。

Asahinakawatonbo51117

先ずは下で見つけたアサヒナカワトンボ♀、目の色がなんか薄いみたいなのでまだ若い個体なんでしょうね。

Oogomutake51117

オオゴムタケも発見。

Urabenigasa51117

ウラベニガサが切り株の上にはえてました。もう少しお掃除してから撮った方がよかったかな?

Urabenigasa51217

笠の裏はほんのり紅色をしてます。でもまだ若いキノコの場合は白いヒダみたいなんですよね。

Boberia51117

蜘蛛についたボーベリア菌。一緒についていた苔をはがしたら蜘蛛の足までとれてしまったのが残念。

Asahinakawatonbo51217

アサヒナカワトンボ♂ 羽の隅にある縁紋が赤いのがオスね。けっきょく山登りまでしたもののサンコウチョウは声だけでしたし、センダイムシクイが近くに飛んできたけど素早すぎて撮れませんでした。

Komisuji51117

コミスジはまだ新鮮できれいな個体ばかりです。そのうちにミスジチョウも出てくるはず。

Egonoki51117

淵のところのエゴノキはまだ咲いてませんでした。クルクル巻かれた葉っぱがたくさんあったのでオトシブミがいてると思うのですがそれらしいものは見つかりませんでした。

Kinoko05181

対岸も少し歩きましたがいつもの泥濘の道も表面は乾いた感じでそれでも日陰にはヒトヨタケとかナヨタケの仲間っぽいのとか

Murasakigomutake51117

ひょっとしたらフクロシトネタケとかオオシトネタケかもと思ったキノコもありました。季節的にはどうかという疑問もあるけどムラサキゴムタケの色が悪くなったやつではないでしょうか?

Kanotunotake51417

ここであれ?と思ったのがこのキノコ。マメザヤタケというには先の方が白っぽくなってるキノコです。たぶんカノツノタケでいいと思いますがごく普通の茸というわりには初めて見た茸でした。

                 Kanotunotake51217  Kanotunotake51317

ヘラみたいに広がってるものもあってもう少し大きなってくれると鹿の角らしくなって見えるかも? あとはお決まりのコジュケイが目の前を飛んで逃げたのを見て今日は終了。

May 14, 2017

新しいチップロードの一夜茸

Kokiraradamasi51217_2
雨も降ったので何か新しいキノコがでてるかもしれないと思って今日も緑地へ。 Kosiakitonbo51117 一応トンボも気になってるので見ましたが羽化して間もないコシアキトンボを見つけたのみ。 Tubanasihumidukitake51117 いつものチップをひいてる森の中の道でキノコ探し。ツバナシフミヅキタケと思われるものを発見。 Usubeniitatitake51117 ウスベニイタチタケですね。 Kinoko5141 毎年見つけるけど正体がわからない白い塊。ショウロみたいだけどよくわかりません。
Kokiraradamasi51117
ここで新しいチップの道に入ってみました。広場の近くは人も多くて踏みつぶされたキノコも多いけれどそれでもかなりの数のヒトヨタケの仲間を発見。白い鱗片を傘にいっぱいつけたキララタケのようなキノコ。コキララタケに近いように思うけれど菌糸マットが見られないので違うような。でも、キララタケにしては白い鱗片が大きすぎて疑問あり。
                                     Kokiraradamasi51317  Kokiraradamasi51417
雨や何かで鱗片がすでに落ちてしまったものもあるけどこれほど大きくなったのは珍しい
Kokiraradamasi51517
さて、このキノコの名前はなんなのか帰って調べましたがこれといったものがみつかりません。ネットでコキララダマシというキノコの画像を見つけたのが近いような気がします。 ただ小さな画像だけですので詳細がわからずなんともいえません。
Kuzuhitoyotake51117
キララタケみたいなキノコのほかにたくさん出ていたのがこのとても小さく背の低いキノコ。
Kuzuhitoyotake51317
クズヒトヨタケがこれだと思うんですがどうでしょう。
Kuzuhitoyotake51217
まるでキツネノハナガサというキノコみたいでとても華奢で可愛いキノコです。
Nayotake51217
去年サケツバタケとかスジオチバタケがはえてたところにも行ってみましたが、雑草がものすごく繁茂しているのでまともに探せません。ナヨタケの仲間かなというのははえてました。
Nayotake51117
なんか名前がみつかりそうでみつかりませんね。
Huunomi51117
名前といえばこのフウノミからニョキニョキとはえてくるキノコ。和名がなくてxlaria なんとかという学名だそうですが
Huunomi51217
最近はフウノミフデタケとかフウノホソツクシタケという名 で呼ばれたりしているようです。
Nutoria51117
池に戻るとヌートリアがキショウブの下にいてたので撮ってみました。
Nutoria51217
草食らしいけれど好みの草は何かあるのかな?といことで今日もぱっとしない一日でした。
 

May 08, 2017

今期初トンボに出かけたが

Kuroitotonbo51117
 
午前中は雑用をすましたり寝たりテレビ見たりと忙しい(笑) 昼からどうしようかと思ってたらメールがあってトラフトンボがいてたらしい。ということでバイクに乗って緑地へ。しかし、全く見つかりません。トラフトンボというと行ったり来たりパトロールをエンドレスでやってるトンボなのでどこかで見つかると思ったんですけどね・・・。しかたなく目についたトンボを撮影まずはクロイトトンボのタンデム。なんか色がでません。
Aomonitotonbo51117
続いてアオモンイトトンボ
Ukagara51117
なんのトンボかはわからないけどヤゴの抜け殻。
Monosasitonbo51117
モノサシトンボ♀も周囲の草の中にいてました。
 
Noutake51117
小鳥の森はアカハラなんかが水場に現れるようだが撮ってません。キビタキはよく鳴いてるけれど時々高い木にいてるのがわかる程度。あまりにも退屈なのでまたジャコウアゲハでも撮ろうと思って歩いたけど気温が高いせいかまったく止まらないし、ツツジの周りをグルグルと飛ぶだけ。こうなったらキノコしかないなということで近くを捜索したけれど、連休中にクソガキ・・いや元気なお子様たちが暴れまわったらしくてせっかくノウタケがたくさん出てたのに破壊されたり抜かれたりしたものばかり。
                 Notake51217  Noutake51317
皺がないので新しいキノコなんですがもう傷だらけですね。それにしても雨はほとんど降ってないのに大きくなるもんです。
Medakeakagoromobyoukin51117
いよいよ撮るものがなくて禁断の隠し玉 。前からここにあるのは知っているけれどあまりにもキノコらしくないので無視し続けていたやつです。メダケ赤衣病菌といいます。植物の病気の一つとでもいいますか、竹笹に発生するカビ病菌です。なぜかキノコ図鑑に載ってたりする ので初撮影。 さて、今日は見つけられなかったけどタマゴをいっぱいつけてとまってるトラフトンボ♀撮ってみたいなあ・・・
 

May 05, 2017

手強いサンコウチョウ

Sankoutyou51117 今日こそはサンコウチョウを撮ろうとはりきって登城。いてるとは限らないけどお城についてから問い合わせてみると今日は2か所にいてるというので一安心。

Mamijiro51117_2 森の中を移動しているとマミジロ♂が枯れ葉をひっくり返してるところに出ましたので一撮影

                 Mamijiro51417  Mamijiro51217
目が出ない上にぜんぜんピントが合わなくていいのはなし。 Mamijiro51317 マミジロ♂の枝どまりが撮れたのがよかったかな? Akahara51117 アカハラも一緒にいてたので撮ってみました。その後教えてもらったサンコウチョウのポイントに行ってみましたが皆さん完全休憩モード。ただ踏み固められた一面の草に昨日のつわものどもの夢の跡を見るのみ。管理事務所裏をのぞける石垣の上から遠いサンコウチョウを撮ろうとしばらく粘ってましたが時々飛ぶ姿が見られたり尾羽だけが見えるという状態だけなので次のポイントへ。 Sankoutyou51217
ここは人も多く集まってるので期待がもてましたし、すぐに一枚撮影できたので喜んだのですがサンコウチョウ♂は見通しの悪いところを飛び回っていてなかなかシャッターが押せません。
                 Sankoutyou51617  Sankoutyou51517
それでもねばってウロウロしていると証拠写真程度のは撮れて
Sankoutyou51417
少しはましかなと思えるものも撮れたので、しばらくサンコウチョウが姿を見せなくなったのを機にコルリ♂の元へ移動。
Koruri52117
今日のコルリ♂はなかなか愛想が良く時々シロハラや雀が邪魔しにやってくると隠れてしまうことが多いのが問題かな?
                 Koruri52217  Koruri521117
この前もコルリは撮ったし今日もかなりシャッターがきれたので引き上げようかと思ったら補正が少し+になってることに気がつきました。画像処理でなんとでもなる範囲だけど念のためにもう一度撮影。
Koruri521017
暗いところでのブルーの色が少し渋くなったかな?
                 Koruri52517  Koruri52417
この前の農業公園のコルリよりは成熟した感じがします。
Koruri52817
タンポポが咲いている時にこれれば良かったかも・・・
Koruri52917_2
今日のところはこんなもでええやろ
Sankoutyou51817
そのまま帰ってもよかったけど日本庭園のサンコウチョウが戻ってきているというので日没前の最後の撮影に。なんと!一度だけですが丸見えの枯れ枝にとまってくれました。 もちろん補正も間に合ってませんが今日初めて全体が撮れました。
 

May 04, 2017

雉、今日は近かった

Kiji51417
 
できたら今日はお城にでも行ってサンコウチョウをと思ってたのですが、残念ながら所用があって地元を離れられないので少しだけ川沿いを散歩。いつもの所で通りすがりの人に雉がいてると呼び止められたのでキジをGET。いつもと違うのは川向うではなくてこちら側の河川敷にキジがいてたこと。 Kiji51117_2
護岸用のコンクリート上を歩いてるので草に隠れて全身を見るのは難しそうでした。
Kiji51317
姿がはっきり見えないときにかぎってパタパタなんかをするんですよね・・・。
Kiji51217
時々首だけをのぞかせることもあるけど赤い顔が移動していくのがなんとなく見えてるかなといった感じがほとんどです。
Kiji51517
お、向きを変えてこっちに向かってくるぞ!
Kiji51617
なんか丸見えの場所に出てきたと思ったら、大急ぎで河川敷を走ってどこか見えない場所に行ってしまいました。
Botan52117
しかたないので上流側の公園に今日も行ってみました。昨日はコルリもいてて期待したのですが、今日は何か撮ってるぞと思ったらシメがようやく撮れたというお返事。ほかには何もなし。ということで数も少なくなったボタンの花を今日も撮ってみました。
Botan52217
撮った時には気がついてなかったのですが、上のボタンの花の中にアブが一匹写ってました。わかるかなあ~?ということで、今日もこんな感じで終了。

KORURI BLUE

Koruri51317
 
今日は世間では連休でお休みなのだそうですが、私は仕事なので午前中出勤前のわずかな時間だけの鳥見です。ひょっとしてサンコウチョウでもいてないかと思って川下の公園によってみましたがこれといった出会いはありませんでした。知り合いにいつもの公園でコルリが出てるということを教えてもらったのでそちらに転進。コルリは離れた場所で物思いにふけっているのかじっとしてました。
                 Koruri51417_3  Koruri51717_2
時々餌探しなのかお散歩なのか出たり現れたりしますが、なかなか近くにはきてくれそうにありません。おまけに今日は牡丹見物の人たちがよく来るので人が近くを通るたびにどこかに逃げ込んでしまいます。
Koruri51517
コルリの振り向き気味の姿はけっこう色っぽいというか絵になる姿だといつも思います。
Koruri51617_2
ということでもう一枚
                Koruri51117_2  Koruri51217
で、これが一番近くに来てくれた時の画像。羽の色を見ると少し色が薄いかと思うんですが、これだけよく出てくれると贅沢は言えません。
 
Koruri51817
最後にちょっとアクションを感じさせてくれるのを撮ってから仕事にGO~
Botan51117
おまけ。今日は白い牡丹の花を。赤やピンクのボタンの花もきれいけれど白い牡丹はなんというか気品を感じさせてくれていいですよね。さすが百花の王といえます。余談ですが、TVでやってる韓国時代劇の「広開土大王」。時々見ますが主人公のタムドクは気品に欠けていてよくありませんね。戦う王様のイメージってあんなんなのかな?最初見たとき誰が主人公なのかわかりませんでした。
 

April 30, 2017

牡丹と黄鶲

Kibitaki431117
ここんとこ風邪気味で体調がいま一つのせいもあって今日も午後からの出撃です。近場にコルリでも出てないかなと思って公園までバイクでGO~ Harusimeji42117 最初に撮ったものは鳥ではなくて土手下の梅の木の周辺にはえてるウメハルシメジです。この前も探したのですがわからなかったんですよね。伸びすぎたシロツメグサをかき分けてやっとみつけました。
Kibitaki43217
鳥の方も今日はダメみたいで唯一撮れるのはキビタキ♂ですが暗い場所でキビタキ相手に距離をとりすぎていて解像しません。
Kibitaki43317
せっかくの色っぽい入浴シーンもこれが限界。
Kibitaki43417
ほかの人がいなくなってから前進して撮りました。これぐらい近づけないとキビタキはきれいに撮れません。
                 Kibitaki43517  Kibitaki43617
でも近づくとそれだけ粗が目立つわけで近づいてみるとこいつあちこちハゲですやん!
Kibitaki43717
う~ん・・惜しいなあ。ハゲが目立たなければええとこにとまってくれるんやけどなあ・・・
Kibitaki43817
下から撮って前だけを撮ればきっとハゲがわからないはず。と思って下から撮ったのがこれ。顔が黒いと目の位置がわからないのが残念。
Botan41117
せっかくボタンの花が見ごろなので撮ってみました。
                 Botan41217  Botan41317
ボタンの花を撮りながら歩いてる時に何か枝の中を移動したと思ったら
Kibitaki43917
もう一羽キビタキを見つけました。
Kibitaki431017
こっちはハゲてませんやん。しかしこの個体を撮れたのはこの枝被りだらけのワンチャンスのみであとは見つけることもできませんでした。ということで今日はこれまで。
 
 

April 27, 2017

午後からのお城

Koruri41117_4
 
 

今日は午後からですがお城に行ってきました。コルリ♂が市民の森にいてるらしいのでしばらくそこに立ってましたが今日は午前中に一度出ただけだったとか。それでも一応お姿を拝見することはできました。暗くて遠いのでデジタル100倍の画像だと手をいれてもこんなもんです。 Akahara42117_2 コルリを待っている間時々現れるのがアカハラ Kibitaki42117_2 キビタキ♂はなかなかきれいな個体でしたがじっとしてくれません。 Mamijiromesu41117_2 今日一番の愛想良しはマミジロ♀ Mamijiromesu41217_2 時々枝どまりもみせてくれます。 Akahara42217 神社裏の通り石垣上でうろうろしているアカハラ Enaga41117 修道館西にいてたエナガの団子3兄弟 Kibitaki42317 今日話題のへんなキビタキ

                 Kibitaki42217  Kibitaki42417

まだ体色はメスだけど所どころ色がついてる若いオスってたまに見かけますよね。

Kibitaki42517

こっちははっきりとオスのキビタキだというのはわかるけど後ろを向いたら黒い色があちこちマダラに抜けていて残念な個体。

Amigasatake43117_2

一つだけ見つけたフェンスの中のアミガサタケ。もう時期的に終わりなんかな?ということで今一つぱっとしなかったけどそれなりのものがいてるお城でした。

April 23, 2017

H緑地の鳥、蝶、茸

Nyuunaisuzume41317_5
 
昨日は緑地にサンショウクイが現れたというので今日はバイクにまたがって緑地へGO。 バイクを駐車場に置いてすぐ横の高台下にはえてる銀杏の木のあたりにアミガサタケがはえてないかと思いちょっと捜索。Kinoko04231_2 アミガサタケは干からびたようなのが2個あっただけでしたが、その代わりに見つけた新鮮な茸がこれ↑ Kusahatu41117_2 クサハツみたいなのもはえてました。
Kuroji41117_2
小鳥の森ではクロジがよく出てくるみたいでしたがちょっと撮りにくいんですよね。
Kitunenowan42117_2
先日桑の実にはえるキツネノワンを東の緑地で撮ったばかりですが、ここにも一本桑の木があります。念のために桑の木の下でそこらの枯れ葉をどけてみてびっくり。あちこちからキツネノワンが出てくるじゃありませんか。
Kitunenowan42217_2
大きさ的にはやや小ぶりのものが多かったけど数は狭い範囲にいっぱいはえてます。桑の実から生えてるのがわかるように一つとってベンチにのせて撮影。
Nyuunaisuzume41117_2
キツネノワンを撮り飽きた頃、ニュウナイスズメがいてるというので今まで下ばかり見てたのに今度は上ばっかり見て撮影。↑これはメス
Nyuunaisuzume41217_2
頭がきれいな茶色をしてるのがオス
Nyuunaisuzume41417_2
隣の民家資料館内の桜の木にもとまりましたが、撮れたと思ったら顔の前に枝が飛び出していてちょっと残念。
Jakouageha41117
帰りかけると地面にジャコウアゲハがとまってるというので一撮影。
Jakouageha41317
なんかとても弱弱しい個体でしたがタンポポの花に移動していただいて モデルになってもらいました。
Jakouageha41217
今期初のジャコウアゲハが撮れたので今日はこれまで。

April 20, 2017

キツネノワンとアミガサタケ

Kitunenowan41117_2
 
 
 
桑の実からはえるという茸、キツネノワンを探しに今日は東の緑地まで行ってみました。桑の木がある公園をパソコンで探したのですがなかなか見つからなくてクワと入力するとクワガタ虫関係が出てきます。でも、その中にこの緑地に桑の木があるということが判明しました。季節的にはあってるけど実際にキツネノワンがはえてるかどうかは行ってみなければわからないんですよね。それにクワは雌雄異株というやつで雄株ばかりだと実もなく、したがってキツネノワンも生えてこないはず。 Kuwa41117 これがの木の枝の先端部。すでに花だか実だかがついていて、これにキツネノワンの胞子がつくと白くなって落実して、クワの実はその後キツネノワンの菌核となって来年またそこからキツネノワンがはえるのだそうです。 Kitunenowan41217
道に面したところに桑の木が何本かはえてたので斜面の下から探してみたのですが草刈りをするような場所でもないのか放置状態で枯れ葉もいっぱい。地面が露出した限られた場所を見て歩きましたが見つからず、ついに一番端の桑の木までくるとありました。ネットの下からはえてるキツネノワンついに発見。
                 Kitunenowan41317  Kitunenowan41417_2
ネットがあって笠の下にある柄がよくわかりません。キツネノワンは柄の部分がはっきりと見えるところが特徴なんですよね。
Amigasatake42117
キツネノワンも撮れたことだし、気になっていた塀の外側に見える銀杏の木の下にアミガサタケがあるのではないかと思い外側を歩いてみました。すぐに折れた大きなアミガサタケを見つけたので他にもないか探しながら歩くと所どころで発見。
                 Amigasatake42217  Amigasatake42317
でも、どこか欠けてたりいびつだったりとあまり満足なものには出会えませんでした。
Amigasatake42417
まあ読み通りに日がまともに当たらない北側の銀杏の木のあたりには生えてることが多いというのが確認できたことと撮りたかった黄色っぽいアミガサタケが撮れたということだけでも良しとしましょう。
Kuwa4201
壁の内側に桑の木が生えてる場所があり道もあるのでパークゴルフ側の入り口まで移動してから引き返すことにしました。ここなら雑草や枯れ葉も少ないのでキツネノヤリタケが見つかるのではと期待したのですがね・・・
                 Kitunenowan41517  Kitunenowan411017_2
キツネノワンは驚くほどたくさんはえてました。しかも大きめのものばかり。
Kitunenowan41717
菌核化した桑の実もここならはっきりとそれがわかります。
Kitunenowan41817
けっきょくキツネノヤリタケは見つかりませんでした。でもキツノノワンが生えたあとにキツネノヤリタケが生えることが多いそうなので諦めるにはまだ早いかも。 何か夏鳥が見えたら撮るつもりで出かけたのですがお天気もだんだん怪しくなってきたので これにて撤収。
 
 

April 16, 2017

大瑠璃と雉と水鶏

Ooruri42117_2
 
今日はお墓参りに行ってたので帰ってから夕方までの短い時間だけの鳥見でした。川沿いの公園の中を歩くとオオルリの姿を高い場所で見つけましたがうまく撮れません。やや暗い場所でキビタキを見つけたので追いかけてるといつの間にかオオルリに変わってました。さすがに手持ち撮影ではまともに中央で捉えるのは難しいです。
Kiji43317
土手の上を歩くと今日はあれ?という方向からもキジの声が聞こえてきます。いつもの場所には見当たらなくて、も少し西に行ったあたりで河原に沿って歩く雉を発見。日があたった雉はとてもきれいに見えます。
Kiji44117
パタパタを期待して追いかけてましたがカラスやらサギやらが現れると身を潜めてしまって今日もダメでした。
Kuina42117
河川敷を公園の方に引き返すと今日もクイナがいてました。しかし、ピクリとも動きません。
水たまりの端を見ると猫が一匹いてたので警戒してたのかも。ということで夕食前の鳥見は終了。オオルリの背中側が撮れたのが収穫かな?

駒鳥と編笠茸

Komadori42217_3
 
午前中は歯医者に行っていたため今日は午後からの出撃です。時間が限られてくるので遠くには行けないけどお城にコマドリ♂が入っているというので今日もお城です。
Komadori42517_3
午前中はこのコマドリにずいぶんとカメラマンが集まったようでしたが私が到着した時にはあまり人がいてないので撮りやすい状態で一番前で座って撮らしてもらいました。きれいなコマドリ♂です。
Komadori42417
やや離れた距離からの撮影ですのでピントが合ってないことが多くてズームで大きくしたり小さくしたりしながら撮ってます。
Komadori42317
見返り美男のコマドリくん
Komadori42117
コマドリの尾羽を上げた姿を撮りたいのですが、今日の子はあまり大きく尾羽を上げることはありませんでした。暗くなってきて雨が降りそうになってきたのでその場を離れました。
 
Kinoko4151
配水池横を歩いていて地上生のキノコがあるのに気がつきました。どなたか同好の士が先にいてたのか抜かれたキノコもあったので傘をおいて裏側を撮らしてもらいました。この季節に撮れそうなキノコというとコザラミノシメジあたりかもしれませんがはっきりしません。
Tyaamigasatake41217
この前歩いた時にはまったく見つけられなかったアミガサタケでしたが、今日ははえてました。チャアミガサタケでいいのかな?
Tyaamigasatake41317
とても小さな顔をのぞかしたばかりのキノコも発見。
                 Tyaamigasatake41417  Tyamigasatake41117
まだまだ小さなものばかりでしたがそこそこ数は出ているのでこれからが楽しみです。
Sirohara41117
シロハラの花絡みを撮って今日は終了。シロハラも近いうちに旅立ってしまうのでしょうね。日が長くなったので午後からでもけっこう楽しめました。
 
 
 

April 14, 2017

川の鳥、城の鳥

Simaaji41117_5
シマアジが地元の川にいてるようなのでバイクにまたがって行ってみることにしました。
 
Tumakityou04117_4
バイクを置いてシマアジポイントの所に向かう途中で見つけたツマキチョウ♂
Simaaji41317
これがシマアジ♂。 多くの鴨は冬鳥だけどシマアジは渡りの途中で一休みしていく旅鳥
 
                 Simaaji41617  Simaaji41417
オスとメスが仲良く泳いでいる姿を想像してましたが流れがあるせいかノンビリと泳いでるというよりはせわしなく行ったり来たりを繰り返していてオスもメスもそれぞれ勝手に動いてるといった感じでした。
                 Simaaji41217  Simaaji41817
シマアジのメス以外にもコガモ♀とかがいてるのでどれがシマアジのメスかはよくわかりません。3羽いてるとか聞きました。左側のメスは嘴の色がオスのシマアジと同じだけどオス若ってことないのかな?さて?
Simaaji71917
この泡がなぜかお気に入りのようでよく首を突っ込んでました。
Komukudori41117
来た時はなにも出てなかったので素通りしたコムクドリポイント。帰りによるとカメラマンが熱心に撮影してたので参加。こいつはコムクドリ♀
Komukudori41217_2
オス若なんでしょうか
Komukudori41317_2
コムクドリ成鳥♂
                 Komukudori41717_2   Komukudori41617_3
柳の枝がよくゆれるのでここのコムクドリはけっこう難しいかも
Komukudori41417_2
あんまりコムクドリって撮るチャンスのない鳥なのでまだいてくれてラッキーでした。
Kurotugumi42117_2
昼食をとりに家に帰ってから午後からお城にいってきました。またコマドリが何羽か入ったときいたのですがいてたのはこの前と同じところにクロツグミ♂
Komadorimesu41117_2
コマドリはメスの方でしたがけっこうきれいなメスでした。
                 Komadori41217_2  Komadori41417_2
前から後ろから
Komadori41517_2
横からも。
Umeharusimeji41117_2
ウメハルシメジがもう生えてたよと教えてもらったので後で行ってきました。一か所にこんなに生えてるのを初めてみました。
Umeharusimeji41217_2
ここは下草があるので雨がふっても泥跳ねがなくきれいな状態のハルシメジが撮れます。
あとで聞いたことですがコマドリ♀以外にもコマドリはいてていつもの雪柳のところに雄がいてたのだそうです。少しの事にも先達はあらまほしきことなり。
 
 

«今期初夏鳥

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ