May 28, 2020

啄木鳥の森の怪しい虫たち

Isigaketyou51320

良いお天気だけど春の渡りも終わったような感じでご近所ではあまり期待できないかと思いながらも今日もN公園へ。鳥もいてなかったけれど公園周辺の草刈りをしていてこれでは虫の方もダメだろうな

Tyougenbou52120

電線の高いところにチョウゲンボウがとまっていたので一応撮影。さて、猪名川でアマサギ探しをするかどうか・・・。で思いつきました。猪名川をさかのぼって啄木鳥の森まで行ってみたらもしかしたら五月山の川向だし、ホトトギスがいてるかも。それにイタドリハムシなんかも探したいと思ってたんですよね。

Hohojiroasinagazoumusi51120

ということで川沿いに啄木鳥の森へ。で、最近は土日、と祝日しか開いていない駐車場前でゾウムシをみつけました。前の方は黒だけど後ろのほうは赤っぽい色をしてます。

Hohojiroasinagazoumusi51220

頬のあたりが薄い色をしてるのでついた名前がホホジロアシナガゾウムシ。初めて見ました。

Kurobositutuhamusi51220

ホトトギスは鳴いているけれど近くではないのでイタドリハムシを期待して虫探し。クロボシツツハムシはみつけました。

Hirayamaamimekebukamibae51120

気になったのがへんな白っぽい小さな虫。奇妙な翅の動きをしてました。これがなんとハエの仲間で、ヒラヤマアミメケブカミバエという長い名前の虫

Hitoobiaragekamikiri51120

間伐材の上でカミキリムシをみつけました。白黒のなかなかおしゃれな模様をしてます。ヒトオビアラゲカミキリというそうです。

Akasasigame51120

赤いので目立つアカサシガメ

Mutukibositutuhamusi51120

小さなテントウムシかなと思ってレンズを向けたらハムシでした。違う向きでも撮ろうとしたのですがあっさり逃げられてしまいました。背中に黄色の斑が6対あるムツキボシツツハムシだと思ってましたが、よく見ると前胸部の茶色の部分にも黄色の斑があるのでキボシツツハムシのようです。まあ、これだけ小さいと気がつく人も少ないだろうから珍しいよね。

Daimyouseseri51120

展望台方面に上がっていく途中でみつけたダイミョウセセリ。久しぶりに見ました。

Kurobositutuhamusi51120

お、またクロボシツツハムシだけど日があたってさっきのより綺麗

Isigaketyou51120

雀が何か追いかけてるようだったのでよく見るとイシガケチョウでした。へえ~、こんな所にもイシガケチョウはいてるんや。そういえば食草のイヌビワを何度か見たような

Isigaketyou51220

翅を全開したイシガケチョウ

Kiirotentou51120_20200528232501

ホトトギスは下に降りたときに近くの木で鳴いてくれたみたいなんですが姿はみえませんでした。代わりに可愛いキイロテントウをみつけたのでお土産にして今日は終了

May 24, 2020

普通の虫たち

Nagame51120

緑地にコヨシキリがいてたそうなので行ってみましたが今日はもう声もきこえませんでした。ということで今日も緑地と猪名川でみつけた虫たちです。鳥はいてないことはあっても虫は選り好みをしなければ必ず何かいてるんですよね。ということで最初はナガメ。菜の花につくカメムシという意味のネーミングだそうです。

Kurourihamusi51120

クロウリハムシです。ハムシの中ではよく見かける種です。

Namitentou51120

Namitentou51220

上のも下のもナミテントウです。同じ種類なのに模様がまったく違います

Ramikamikiri51120

ラミーカミキリ。外来種のカミキリでいい色してます。

Tuyaaokamemusi51120

ツヤアオカメムシ。よく見かけるカメムシですが撮ったのは初めてかも

Humeikin51120

枯れ木の表面についた黒い点々のアップです。キノコの仲間なのかな?

Tubame51120

オマケ。猪名川を飛び回ってるツバメの子。

May 22, 2020

手強い三光鳥と橋の上の隼

Sankoutyou52120

今日も近場を原付に乗って徘徊。I公園は何も見つけられず。H緑地に移動。最初は何もいてないかと思ってたらサンコウチョウが2羽ほどいてるらしい。鳴き声も聞こえてくるのでちょっとねばってみることにしました。

Sankoutyou52220

竹林内を飛び回ったり、斜面上の木の中に入ったりとこれはなかなか手強い。これも尾の短いメスタイプのオスのようでした。

Sankoutyou52420

あまり鳴き声を聞かなくなった頃にやっと視界内に入って来るようになりました。

Sankoutyou52320

時間かけて何枚か撮れたけど、なんかそれ以上撮る気がおこらなくて諦め

Sujiotibatake51120

緑地内でみつけたスジオチバタケ。久しぶりに見ましたが草茫々ではこれ以上みつけるのは無理ですね。草刈り部隊がここにたどり着くころにはキノコはなくなってるかも

Hayabusa51120

いつものN公園に帰りに行ってみましたが昨日はマミチャジナイがいてたようでしたが今日はなんにもいてなくてカメラマンもほとんどいてません。橋にハヤブサがとまっているというので行ってみることにしました。到着してみると高いところでじっとしています。

Hayabusa51420

以前に遠くから点のようなハヤブサを撮ったことはあったけどここのハヤブサをまともに撮るのは初めてです。

Hayabusa51720

もしかしたら飛び出すかもと思って構えてましたがあっち向いてこっち向いてするだけです。

Hayabusa51220

カイカイしたり

Hayabusa51520

あくびしたり

Hayabusa51620

羽繕いをしたところは撮れました。

Hayabusa51320

後ろ向き

Hayabusa51820

ちなみに正面から見てみるとこんなふうに見えます。ということで本日はこれまで。

May 19, 2020

サンコウチョウと青いカメムシ

Sankoutyou51420

昨日はサンコウチョウ♂がN公園にいてたというのでお天気もしばらくは持ちそうだし行ってみることにしました。

Sankoutyou51220

サンコウチョウはいてることはいてたのですが尾の長いオスではありませんでした。おまけになんか遠い目のものを撮ってるとピントがうまくあいません。画像は粗くなるかもしれないけどデジタルズームを使ってでも大きく撮ってピントが合うことの方が大事だと思います。

Sankoutyou51120

このサンコウチョウはオスなのかメスなのか?パッと見は長い尾羽がなくてメスだけど嘴や目のアイリングが鮮やかな青。羽の色もオス成鳥のように黒っぽくなくて明るい茶色。長い尾羽がまだ伸びてない若オスということもあるかな?

Benikamikiri51120

サンコウチョウが竹林の中に消えてしまったのでまたみつかるまで虫探し。この前からよく飛んでいるのは見てましたがとまってる姿が今日はみれました。ベニカミキリです。

Rurikutibutokamemusi51120

竹林裏にまわってみると笹の葉の上に見たこともない青い光沢の虫が!しかもよく見るとカメムシじゃありませんか。青いカメムシなんていてるんや。びっくり😵 さっそく虫撮り爺さんに連絡してやってくるまでに撮影して一匹捕獲

Rurikutibutokamemusi51220

うまくこの青い光沢が写ってくれるといいのですが

Rurikutibutokamemusi51420

肉眼で見るほど美しく撮るのは難しいかな

Rurikutibutokamemusi51320

この青いカメムシ。スマホで名前を検索することができました。ルリクチブトカメムシというそうです。大人しそうなカメムシですが肉食で、カミナリハムシなどを捕食するそうです。血い吸うたろかー!

Kaminarihamusi51120

たぶんこれがルリクチブトカメムシの餌になるカミナリハムシでは?思っていたよりもずっと小さなハムシです。

Kaminarihamusi51220

カミナリハムシの仲間には前胸部に筋のような部分があるそうなのでカミナリハムシとしました。

Himedouganetobihamusi51120

それよりも小さなのがこのハムシ。ヒメドウガネトビハムシだと思います。

Yomogihamusi51120

ヨモギに何匹もついていた大き目のハムシはヨモギハムシでいいよね。

Sankoutyou51320

鳥の撮影に戻ってタケヤブの中のサンコウチョウ

Sankoutyou51920

わりと低い所を飛んだりしてくれましたが何かとカブリが多いのがね・・・

Sankoutyou51820

やっと竹藪から外にでてくれました。

Sankoutyou51520

Sankoutyou51620

アオスジアゲハGET!逆光で補正が間に合いません

Sankoutyou51720

アオスジアゲハをサンコウチョウが食べるのはよく聞く話ですが撮れたのは初めてカモ

Usikamemusi51120

お天気も悪くなったのでウシカメムシを最後に撮って今日は終了

May 14, 2020

アマサギと虫

Amasagi52120

今日こそはサンコウチョウを期待して公園へ。しかし、I公園もN公園にもサンコウチョウの姿はなし。昨日まではいてたようなのに今年はサンコウチョウとは縁がなさそうです。ということで今日もまだいてるアマサギを撮ったり虫を探したり。

Amasagi521220

今日は川の真ん中にある島にいてるところを撮影

Amasagi52220

前から

Amasagi52420

右向き

Amasagi52320

後ろから

Kiirotentou52120

お、こんなところにもキイロテントウが。遠いので近づいて捕獲してから撮ろうとしたのですが逃げられてしまいました。

Sabikikori51120

たぶんサビキコリだと思います

Sebosijoukai51120

今日一番たくさん見た虫はこのセボシジョウカイという虫

Muasirohositentou51120

ちいさなムーアシロホシテントウもみつけました。

Akaganesaruhamusi52120

そして今日もみつけました。アカガネサルハムシ・・・きれいな虫です。土手を見て歩いてると葡萄の仲間と思われるつる性植物がちゃんとありました。こんな所でも繁殖してるということですね。

Himekamenokotentou51120

おまけ。前回載せてなかったヒメカメノコテントウのペア。上のと下のとは模様が違うのですが、下のは斑紋が消失してるけど同じヒメカメノコテントウらしいです。あ、後ろの指は私の指ではありません。見やすいように持っていただきました。ありがとうございました。

May 10, 2020

虫とカルガモ部隊

Karugamo51120

今日は雨だという予報でしたが一時ザッと降ったかと思ったらすぐにやんでしまいました。何かいてないかと思って今日も川に出てみたのですが対岸近くにアマサギが一羽いてるけど遠回りして向こう側に行くのが面倒だし先日撮ったばかりだしなあ・・・。そうこうしてるとアマサギは見えないところに移動し、その代わり変わったゾウムシをみつけました。

Katuobusizoumusi51120

以前一度だけ見たことがあったカツオゾウムシじゃありませんか。

Katuobusizoumusi51220

今日はこのカツオゾウムシをよく見かけました。

Kiironagatutuhamusi52120

キイロナガツツハムシだと思いますが、やっぱりかなり赤っぽいのが気になります。

Kikusuikamikiri51120

キクスイカミキリ。初めて見ました。名前の通りキク科の植物の害虫です。土手なのでヨモギあたりを食草にしてるのかも

Uzurakamemusi51120

イネ科の植物につくウズラカメムシ

Uzurakamemusi51220

合体中のウズラカメムシ

Bararuritutuhamusi51120

バラルリツツハムシかな?

Hamusi5101

小さくて丸いのでダイコンハムシかも。ダイコンはあるかどうかはわからないけどアブラナ科の植物ならセイヨウカラシナだってあるので可能性大

Akaganesaruhamusi51120

なんと、アカガネサルハムシをみつけました。ヤマブドウなどが食草だけどここに葡萄類がはえてるのかな?もしかしたら近所の農家にある葡萄が発生源かも

Karugamo51620

カルガモの親子が見られるというので動きだすのを待ってました。カルガモの雛は7羽

Karugamo51320

親鳥について泳ぐというよりは雛を先行させて、それを親が見守るといった感じでした。

Karugamo51420

白やら青の水辺の花あたりで雛が飛びついたりしてましたが何を食べてるのでしょうね。

Karugamo51520

カルガモって普段は見向きもされないけれど子供連れの時だけは注目をあびますね。

Karugamo51220

遠くのを大きく撮るときはやっぱりシャープをかけないとはっきりしませんわ。といことで今日はこれまで。

May 07, 2020

アマサギとコルリ

Amasagi51120

昨日は緑地にサンコウチョウが現れたそうなので柳の下の泥鰌を狙って出かけてみましたが残念ながらサンコウチョウはいてませんでした。

Kibitaki52120

ということで小鳥の森で鳥待ちをしてみましたが出てきたのはキビタキ♂

Kibitaki52220

キビタキ♀

Yamagara51120

ヤマガラの巣立ちびなぐらい。そこにN公園から移動してきた人が橋のところにアマサギがいてたというので行ってみることにしました。

Kiirotutuhamusi51120

小鳥の森の入り口あたりにある背の低いクヌギの葉でハムシをみつけたので一撮影。赤っぽく見えるけどキイロナガツツハムシだと思います。

Kiirotentou51120

たぶん初めて見たと思いますがキイロテントウもいてました。普通のテントウムシと違ってものすごく小さいテントウムシで、ウドンコ病菌を食べるのだそうです。

Amasagi51220

バイクに乗って移動。N公園に渡る橋の途中から下流側を見ると水道橋の向こうに3羽のアマサギをみつけました。

Amasagi51320

正面に回ると3羽のうちの2羽がじっとしてました。一羽は少し離れたところで採餌中

Amasagi51420

時々飛んでいくみたいで離れたところから飛び姿も撮影

Amasagi51520

右向き

Amasagi51820

左向き

Amasagi51720

やや背中側

Amasagi516520

アオサギの横に来たので大きさの比較に撮ってみました。

Koruri51120

N公園の中に行ってみましたがカメラマンたちはK公園にコルリを撮りに行ったようでほとんどからっぽ。コルリは好きな鳥なのでもう夕方ですが行ってみることにしました。5時半前に到着してしばらく待っていると出てきました。今期初コルリ♂

Koruri51220

けっこうきれいな個体でした。夕方になっても公園内を子供たちが走り回ってるのが気になりますが仕方ありません。

Koruri51320

枝どまり

Koruri51620

前から

Koruri51420

右向き

Koruri51520

こちらに目配せもしてくれます。ということでサンコウチョウは残念だったけどアマサギとコルリという夏鳥が撮れたので今日はこれでいいのだ!

May 05, 2020

声だけの登場

Ooruri43220

今日は午前中に買い物などの用事をすませてからまた昨日の続きで緑地にでも行ってみようと思ったけれどN公園にジュウイチが出たというので急いでそちらに行ってみることにしました。到着してみるともうかなりの数のカメラマン。時々大きな声でジューイチー!と聞こえてきます。隣の竹林と公園内の高いところを移動したりはしたみたいでしたが私には飛ぶ姿も見ることはできませんでした。ということで時々姿が見られたオオルリでも。

Ooruri43120

おもいっきり高いところでしか見られないオオルリ♂

Ooruri43320

こっちはメスだな

Ooruri43420

+補正したままで撮ったのでかなり白っぽくなったけど

Tyougenbou41120

長元坊・・。今日はほぼほぼボーズでした。😞

May 04, 2020

アカハラ

Akahara41320

昨年緑地にも現れたまだ見たことのない鳥が今年も来ているというので行ってみました。しかし、これが時間かけても撮れるかどうかわからない鳥で一日に一度姿を見せるようだというのでダメでもともとの出撃です。

Kibitaki46120

結局のところ今日は他の鳥のでも非常に悪くて若いキビタキとかシジュウカラが見れただけ。

Kibitaki46220

これなんかさらに若いキビタキといった色をしてます。喉の色だけがきれいでした。

Akahara41120

夕方いつものN公園に寄ってみました。こちらもぜんぜん鳥がいてなくてダメ。しかし、今日は梅林でアカハラを撮ることができました。

Akahara41220

アカハラを撮るのは今期初めてなので少し遊んでもらいました。

Akahara41420

背景にボタンの花びらが落ちています。

Akahara41520

全体がきれいに見える横向き画像

Akahara41620

ミミズGETだぜい!ミミズの居所ってどうやってみつけるのでしょうね。明日はきっと何かもっと撮れるように思うのですが今日のところはこんなもんで・・・。

April 30, 2020

クロチャワンタケなど

Kurotyawantake41120

気まぐれで今日はヘルメットマウンテンへ。山の公園も駐車場はコロナの外出自粛の影響でしまってましたが、こっちはバイクなので少々のスペースがあれば十分。いつだったかウラスジチャワンタケがあったあたりに行ってみましたが今年はなんにもはえてませんでした。観察池のホソミオツネントンボなどもみつかりません。公園内を通り抜けるとあちこちでセンダイムシクイとかオオルリかキビタキの囀りも聞こえますが姿を見るのは難しそう。河原に行こうとしてあるいてるとなんと溝の上の苔むしたスペースにクロチャワンタケをみつけました。

Kurotyawantake41220

しかもけっこうな数がでています。この山のどこかにクロチャワンタケがはえることは知っていましたがこんな所にはえてるとは意外でした。

Kurotyawantake41320

クロチャワンタケって寒い時期からはえているものみたいですがいままでこの前を通ったことはあるはずなのにぜんぜん気がつきませんでした。

Kurotyawantake41420

小さなチャワンタケなので群生してないと見落としてしまうかもしれませんね。

Botan42120

で、これといって他に収穫がなかったのでいつもの公園によってみましたが昨日に引き続いて今日も不作みたいでキビタキぐらいしかいてないそうな・・・

Botan42220

牡丹の花などを撮って少し暇つぶし

Oorurimesu41120

小さいのでキビタキ♀だと思って撮ってましたが帰ってからみるとなんかオオルリ♀のように見えます。夕方の光線でオリーブ色がよくわからないこともあるけどさてどっちなんでしょうね。

Kibitaki45120

キビタキ♂もみつけましたが黒い部分がまだ完全ではない禿げたような個体。

Kibitaki45220

前の方から見るとあまりわからないかも

Kibitaki45320

まあ次の波が来るまでこんな日もあるということで本日はこれまで。

April 29, 2020

クロコノマチョウの翅表を見た。

Kurokonomatyou41320

いよいよ始まったGW。今年は新型コロナで外出自粛要請が出ているので公園にいっても静かかと思いきや、わりと歩いてる人たちがいてて普段とさほど違いがないような・・・。ただ静かなのは鳥の方であまり声が聞こえません。朝方はクロツグミなどの姿もあったらしいけどこれといった鳥には遭遇しませんでした。昨日はわりとよかったらしいのですが😞 それでもコマドリの登場を期待して待っていた時に意外なものが見えました。

Kurokonomatyou41120

それがこのクロコノマチョウ。もうすっかり擦れてしまっていて越冬個体ではないかと思うのですが、温暖化ですっかりここらへんでも定着している南方系の蝶です。

Kurokonomatyou41220

特筆すべきはクロコノマチョウは常に翅を閉じているので飛ぶ時の一瞬か標本になったものしか翅の表側を見ることはないと思っていたのに、弱っているのかジタバタと動こうとしてるときに翅表がちらりと見えるようでした。翅先にある大小二つの白紋と橙色紋を写真に撮ることができました。これといって目立った収穫がない時にいいものが撮れました。

Kibitaki44120

で、鳥の方はきれいなキビタキ♂が撮れたのが救いかな・・・。でもこれも竹林裏で撮ったあとはずっと鳴かず飛ばずで登場なし。

Munakirurihamusi42120

土手の上に出てこの前のムナキルリハムシと思われるハムシを撮ったりしてる時

Tairikuakane41120

翅に色のついているトンボを発見。これはいったい???・・・候補としてはタイリクアカネ♀の若い個体のように思うのですが、こんな時期にタイリクアカネが羽化するのかな?

Kibitaki442420

キビタキ♀・・・喉のところがほんのりと黄色っぽくなっているのでもしかしたら♂の若い個体ということもあるかな?

Kibitaki441220

コマドリを諦めて梅林に戻って来るとキビタキ♂が出てました。

Kibitaki442320

背景が明るいとなかなかピントが合わなくて困ります。かなり遠くからデジタルズームで撮って補正をくわえてみました。今日のところは鳥の方が自粛モードで人間が密になることもなく日光浴をして引き上げました。

April 26, 2020

セイタカシギとキビタキ

Seitakasigi41320

セイタカシギがいてるでというお告げがあって今日も川へ鳥撮りに。最初みつからなくてバイクで探してまわりましたが結局最初の場所近くにいてました。いつだったかここで見たセイタカシギは一羽だけでしたが今日はなんと2羽いてました。

Seitakasigi41120

わりと近くにいてる方の個体から。頭の方がかなり白っぽい

Seitakasigi41220

あまり近いところにはこない子の方は頭が全体に黒っぽい

Seitakasigi41420

あ、この姿勢はもしかしたら・・・誘ってるの?

Seitakasigi41520

ん~・・・・

Seitakasigi41620

ごめんね。今日は気分じゃないんだ

Seitakasigi41720

コサギが来たので大きさ比べ

Seitakasigi41820

体だけの大きさだとキジバトとあまり変わらないような

Seitakasigi41920

すれ違う姿も美しい

Seitakasigi411320

長い足のダンサーが軽やかなステップで踊っているような

Seitakasigi411120

水がバックだと面白みがないのでカラシナの花を前ボケにいれて色どりを。でも、風があって思うようにはいきません

Seitakasigi411020

これはわりとうまく入ってるような

Kibitaki43220

午後からはN公園に行ってみました。今日はキビタキのサービスデーみたいで低いところをよく飛んでくれてました。

Kibitaki43120

今日はなかなかの男前ですね。

Kibitaki43520

 

Kibitaki43420

低いところにとまってくれると背景に変化があってすっきりとしたのが撮れます。

Kibitaki43320

虫探しに忙しそうでしたがときどき休憩もはさんで登場してました。

Munakirurihamusi41320

虫といえばまだ見たことのないイタドリハムシでもいてないかと思って土手を見て回っていたらきれいなハムシをみつけました。

Munakiurihamusi41120

青藍色の翅に赤茶色の胸、黒い顔、胸と同じ色の足

Munakirurihamusi41220

調べてみましたが絶対にこれといったのがみつからなくて、ムナキルリハムシというのが一番近いような・・・。胸黄色というよりは赤いと思うんですよね。まあ、久しぶりに小さな虫も撮れたし、シャッターもいっぱい押せました。

April 23, 2020

ジベタリアンの連雀と駒鳥など

Hirenjaku41120

今日もいつものN公園へ。コマドリはまだいてるようなのでこの前は横向きしかとれなかったから別の角度で撮れたらいいな

Komadori42120

コマドリ♂はちょっとだけだが見ることができたので何かほかの鳥もいないか探してみました。

Kibitaki42120

キビタキ♂。今日は背中の方がみれました。

Komukudori41120

小枝だらけの中でわかりにくいけど通りすがりのコムクドリ♀の証拠写真。ここでスマホからお告げがあって緑地でキレンジャクやヒレンジャクが飛び回っていて地面にも降りてくるらしい。コマドリはまた帰りにでも寄ってからゆっくり撮ることにして移動

Kirenjaku41120

で目的地に着くとキレンジャクをまず発見。気がつかなかったけど背景に名残の桜のボケがはいってますね。

Kirenjaku41420

地面に降りてるという声で見に行くとキレンジャクが何か落ちている実をくわえてました。

Hirenjaku41220

こっちはヒレンジャク

Kirenjaku41220

キレンジャクの前の地面に落ちている実を食べに降りてくるようでした。この実はウスキモクセイの実だそうです。

Kirenjaku41320

レンジャクの口には大き目の実だと思うのですが・・・

Hirenjaku41320

新緑の葉と青い空がきれいだったので上の方でじっとしてた一羽のヒレンジャクも撮影。

Komadori42320

緑地の方はほかにはこれといって見つからなかったので再びN公園に戻って本腰をいれてコマドリ♂の撮影。まずは前から

Komadori42420

八重桜の花びらが散ってつもったり躑躅の花が入ってくるともう少しいい感じになると思うんですが

Komadori42620

横向き

Komadori42220

お立ち台で

Komadori42720

脚がみえてないのが残念

Komadori42520

後ろ姿。今日は公園でバラなどに薬剤散布をしており躑躅の刈込の中にいてるコマドリに直接薬がかかることはないけれど薬のついた虫を食べてる可能性があるので夕方帰る前には姿をみせなくなったのがどうも気にかかります。無事だといいのですが・・・

Harusimeji42120

今日のオマケ。築山にもウメハルシメジが出ていたのでこれも撮ってみました。この前見たときは何もなかったのにキノコって成長が早いですね。

April 19, 2020

夏鳥は近場から

Komadori41420

いよいよ春の渡りが本格的になり各地に夏鳥が到着している様子。できたら電車に乗ってお城に行きたいところなのですが夏鳥爆発よりも新型コロナウィルス爆発を懸念して繁華な大阪の中心部に電車に乗って行くのがためらわれます。そこでいつものN公園へバイクに乗って散歩に。

Kibitaki41220

昨日はコマドリがいてたようなので期待してたのですが今日もいてることはいてるのに全く出てきません。そのうちに猫に追われてだんだん居場所が変わってきて公園の端っこまで行ってしまいました。声だけは聞こえてくるので久しぶりにええ声は堪能できました。コマドリが姿を見せてくれることを期待しながら撮った今日の鳥さん。まずはキビタキ♂から。

Kibitake41120

背中側を撮れてないので再びの出会いを期待しましたが今日はこの場面だけ。

Ooruri41120

最初はみつかってなかったオオルリ♂もいてました。ただし若い子みたいで青い色がまばら

Ooruri41320

きれいな成鳥オスなら背中側ものせるところなのですが残念ながら・・・

Tumakityou42120

今日は公園内をツマキチョウ♂がヒラヒラ飛んでましたのでカタバミの花にとまったところをカシャ📷

Tumakityou42220

わりといい感じで翅の表も撮れました。

Tumakityou42320

ツマキチョウ♀のまわりをオスが飛び回ってましたのでこれも。残念ながらこのオスはメスに受け入れを拒否されたようでカップルにはなりませんでした。

Yaezakura41120

八重桜がきれいに咲いてたので撮ってみました。

Botan41120

牡丹の花も咲きだして春本番ですね。

ここで一首、 ヒンカラカラ 声はすれども 駒鳥の 身の一つだに 見ぬぞ空しき  阿仁鬼

あ、つい教養がでてしまいました。太田道灌のお話にでてくる山吹の歌のもじりですけどね・・・。

Komadori41120

閑話休題。 夕方にコマドリが最初のツツジの茂みの中に戻ってきました。

Komadori41520

なかなか前の方のステージにこないんですよね。

Komadori41220

横向きはいっぱい撮れました

Komadori41320

前向きを撮りたかったのですがタイミングが合わなくてとれませんでした。まあ今日のところはコマドリが撮れたということで撤収

April 14, 2020

キツネノワンとツマキチョウ

Kitunenowan41120

今日は雨もあがって快晴のよいお天気。雨が降ったのだから新しいキノコが出ているのではないかとバイクに乗って緑地へ。

Kinoko4141

駐車場横の銀杏にアミガサタケでもはえてないかと思ってしばらく探しましたが見つかるのはこの饅頭型のキノコのみ。ん~、なんでしょうねこのキノコ。ハタケシメジとかに似てるかな?

Kitunenowan41220

オオルリでもいてるといいのにと思って寄った小鳥の森にも夏鳥の姿はなし。その代わりに桑の木の下に小さなキツネノワンをみつけました。

Kitunenowan41320

落ち葉をのけると大きさもさまざまなキツネノワンが出てきます。

Kitunenowan41520

まだ小さなワンの方が多いのでこれからですね。

Kitunenowan41420

キツネノワンは去年に落ちたクワの実を菌核としてはえてくるキノコです。キノコの胞子に侵された実は白化しておち、それがキツネノワンの菌核となって翌春新たなキツネノワンが出てきて胞子を飛ばすというシステム。同じくクワの実を菌核とするキツネノヤリタケというのがあるのですが近所で見られる桑の木ではみつかりません。枚方あたりの淀川の河川敷にも桑はあるので誰かキツネノヤリタケがあるかどうか探してきてくれないかな・・・。コロナ騒ぎで電車の乗り換えが多い方面は行きにくいんですよね。

Tumakityou41120

草茫々でキノコ探しには向いてないけどカラシナの花に白い蝶が飛んできてるので近寄るとツマキチョウの姿もありました。翅を閉じると迷彩柄でわかりにくい蝶です。

Tumakityou41220

翅先に黄色があるのがオスのツマキチョウです。

Tumakityou41320

もう一枚。なかなか全開してるのが撮れないんですよね。ツマキチョウも春にのみ現れる蝶で、キツネノワンも春にしか見ることができません。ということで季節のものを2種類撮って今日は終了

«春のホオアカとセッカ

May 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ