September 25, 2017

鮫鶲

Samebitaki91317

この前のスミレホコリタケがどうなったかを見に今日も河川敷へ。公園によると今日はオオルリ幼鳥とかキビメス、エゾビタキ、マジミジロ若が目撃されているみたいでした。 Samebitaki91217 エゾビタキだということで撮った写真でしたが、あとで見ると何か違和感が・・・ Sumirehokoritake92117 一番成熟度の進んでいたスミレホコリタケはすでに黒くなってましたが、まだ模様があるのがわかる黒さですね。 Sumirehokoritake92217 ここでちょっとアクシデントがあり、少し毀損してしまいました。しかし、そのお蔭で胞子の色を確認できました。まだ焦げ茶色だけどそこはかとなく紫がかっているのがわかります。あと数日すればきれいな紫色の胞子がみれるはず。 Sumirehokoritake92317 あとのスミレホコリタケの状態はまだこんなもんでした。 Onihusube92117 オニフスベも相変わらず大きいですね。いままで見たオニフセベの中でも一番の大きさです。 Oosirokarakasatake93117 公園内に再び戻ってキノコ撮影。まずは相変わらずたくさん出ているオオシロカラカサタケを。
                  Onitake91117 Onitake91217
これは新顔ですね。地色の茶色、つぶつぶが傘表面にありますが、あまり目立たない感じ。傘の裏を見るとかなり密で白いヒダをしているし、ツバもあります。これはオニタケでいいかと思われます。
Samebitaki91517
 
 
エゾビタキのつもりで撮っていたこの鳥はどうやらサメビタキの方だということがわかって急にやる気が出て撮影に参加。日当たりが良いところにとまると胸の模様も薄く見えてコサメビタキのようにも見えます。
                  Samebitaki91417 Samebitaki91617_3
 

コサメビタキ、エゾビタキ、サメビタキのコサメ三兄弟の中では嘴が一番短く見え、胸の縦班も不鮮明、一番の違いは下尾筒にある黒班なのだそうです。 Ezobitaki91117_2 サメビタキの遭遇率は高くないのでうれしいけれどそろそろ派手な色のついてる夏鳥を撮りたいものです。 Yanagimatutake92117 今日は草刈りとか公園内の整備をしていたので鉄塔回りにはよらなかったけど、この前のヤナギマツタケがはえてる木には洞の中に新たなヤナギマツタケが生えていました。傘の裏の被膜がまだついたままですけど、これがはがれてツバになるんですよね。 Higanbana91217 帰りにお馬さんの裏に行ってヒガンバナの群落を撮って今日は終了。

September 23, 2017

野鶲と河川敷の茸

Nobitaki91417

昨日は雨が降ったので鳥の方はあまりよくないかもしれないけどオオルリとかキビタキとかがいてる可能性も捨てがたいので川沿いの公園に行ってみました。 Oosirokarakasatake92117 公園内のカメラマンにきいてもこれといった鳥は出てないようなのでグルリと一周することに。気になっていた裏に沢山でているキノコをとって一つ解体してみました。傘の裏が緑っぽい感じなので形はやや小さいけどオオシロカラカサタケでいいと思いますが、竹林もあるのでドクカラカサタケ、枯草などの捨て場にもなってるのでイロガワリカラカサタケなんかの可能性もありかと思ってたんですよね。 Tubukarakasatake91117 ほかにも厚みのないやや小さなキノコの群生がありました。 Tubukarakasatake91217 発生場所などから考えるとツブカラカサかと思ったけれどきれいなのを一つとってみたけれどツバもないみたいだし、肉の変色性も今一つといった感じで決め手にかけます。Yanagimattake91117 しなびたキノコが垂れ下がってる木があったのでよく見ると上のほうにもキノコがでてました。ヤナギマツタケかな? Ezobitaki92117 エゾビタキがいてるというので梅の枝の天辺にとまるのを撮ったほかはオオルリやムシクイをちらりと見ただけであとはエナガやシジュウカラ、コゲラぐらい。河原にノビタキがいてるという情報でノビタキを探しに河川敷に行ってみることにしました。 Sumirehokoritake91117 ノビタキ撮りのカメラマンがいてる場所に着く前に意外なものを発見。これは、スミレホコリタケかキクメタケでは・・・しかもいくつもあります。 Sumirehokoritake91217 キクメタケはまだ見たことがないのではっきりとは言えませんがこのまま放置しておくと3日ほどで黒っぽく変色し、おそらく一週間もすれば胞子も成熟して色がわかるかも。もし胞子の色が紫色ならばスミレホコリタケ、ノウタケのような黄褐色ならばキクメタケと判断できるはず。 Sumirehokoritake91317 土手の斜面にも大きなのがあったので近づいて撮影。これが一番成熟度が高いかな? Nobitaki91117 ノビタキは2羽か3羽ぐらいが入ってるみたいですが、やや遠いところにとまることが多いですね。
                                        Nobitaki91217 Nobitaki91317
アレチハナガサにもとまるようなのでそれも撮ってみたかったな・・・
Onihusube91217_2
ノビタキの撮影も一段落した時周囲を見ると通りの下になにやら白く丸いものを発見。遠目に見てもはっきりわかる大きさのオニフスベですやん(*^-^) Onihusube91117 いつもながらバレーボールかハンドボールみたいなキノコです。 斜面を這い登り撮影。上から撮りにいったほうが楽やったのにね。
                  Ezobitaki92317 Ezobitaki92217
公園内に戻ると相変わらず皆さんエゾビタキに熱中してました。エゾビタキが飛び出して戻って来る時に羽を広げた姿が撮れるのを狙ってるのですが、距離があってピントが合いにくいんですわ。
Higanbana91117_2

今日のオマケ。河川敷にはえていたヒガンバナ。たくさん生えてるのを撮るのもきれいけど少数咲いているのもまたきれいです。

September 21, 2017

ついに碁石小灰蝶に遭遇

Goisisijimi91217

スッポンタケの幼菌とかスッポンヤドリタケとかいう茸が出てるというのでお山に連れて行ってもらいました。 Tengutakedamasi91117 最初に撮ったのはテングタケダマシ・・・あれ?何か影が入ってます。レンズの前になにかったかな? Oosentikogane93117 オオセンチコガネは今日もいてます。今日は赤紫色のやつでした。 Hanabianikawatake91117 きれいなハナビラニカワタケ Karakasatake91117 今日は元祖カラカサタケ。全部で3本でてました。 Sankotake91117 黄色いサンコタケKokeirosaratake91117 コケイロサラタケなんだそうです。
Egonokitake91117
エゴノキタケです。側面から見るとこんなん
 
Benityawantakemodoki91117 わざわざ水辺に降りて行って撮ったベニチャワンタケモドキと思われるキノコ Sirokaimentake92117 シロカイメンタです。古くなると白くなるのだそうです。 Hatinosuhokori91117 今一つうまく撮れてないけどハチノスホコリとかいう粘菌 Hatakesimeji91117 場所をかえて昼食後に撮ったキノコからハタケシメジ・・たぶん
Hanaurokotake91117
ハナウロコタケ
Kaentake93117 カエンタケもまだ発生してるんですね。
Suppontake91117_4
 
そしてこれがスッポンタケの幼菌。けっこう大きな卵でした。成菌はまだ見たことがないので今年は是非見てみたいものです。
Supponyadoritake91117_2

スッポンヤドリタケ、文字通りスッポンタケの幼菌に寄生するキノコで珍しいものだそうです。 Asagimadara91117 菌友がスッポンヤドリタケに熱中してる時にアサギマダラ♂が低空飛行で止まりそうで止まらないを繰り返してるのでずっと追いかけてました。やっとなんとかとまってくれたので記念写真 Asagimadara91217 続いて翅を開くのを期待して待ったのですがカメラから目を離してる時に開いたりするのでどうもタイミングがあいません。 Hasamitunokamemusi91117 ハサミツノカメムシです。表面がてかっていて色がでません。お尻からでてる赤いハサミをまともに見たのは初めてカモ Goisisijimi91117 帰り際にトイレ前に来ると連れがゴイシシジミを見つけてくれました。しかし、さっきのアサギマダラで電池を使いすぎたせいかすっかり電池切れ状態。しまった・・よりによってこんな時に(;´д`)トホホ… しかし、諦めきれずに電源スイッチをいれるとなんとか起動しました。goodそして数枚を撮影したのちに完全に沈黙。同じ構図しか撮れなかったけど初めて撮れたのでとってもラッキーでした。

September 19, 2017

古都の茸

Mantokarakasatake91117_2

台風後のキノコを期待してたのですが箕面のお山の方はダメらしいので思いきって奈良に行ってみることにしました。ここには原始林もあり見たことのないものに出くわすかもしれません。ごく普通のキノコでもマントカラカサタケなんかは見たことがないので期待がもてます。
Mantokarakasatake91317_2
マントカラカサタケ
                 Mantokarakasatake91217  Mantokarakasatake91417
マントカラカサタケ幼菌と下から見た画像
                 Karakasarui9192  Karakasarui9193
マントがないの
Kanzoutake91117
カンゾウタケ
Rurisentikogane93117オオセンチコガネ瑠璃色型
                  Wahidatake91117 Wahidatake91217  
ワヒダタケ裏表
Asetakerui9191_2ん~・・・ナントカトマヤタケ。アセタケ類はよくわかりません。
Kaentake92117カエンタケ ほとんど平地といった場所で山の中ではないのですが・・
Kuriirokitunenokarakasa91117
クリイロキツネノカラカサだと思う
 
 
                 Kinoko9191  Kinoko9194
名前のわからないキノコたち
                 Nenkin9191  Nenkin9192
粘菌らしい
                 Samatumodoki92117  Mantokarakasatake91517
サマツモドキマントラカサタタケ
Esakimonkitunokamemusi92117さて、いよいよここから原始林の回遊路にはいります。まず出迎えてくれたのはエサキモンキツノカメムシ。下の個体はどうやら脱皮したばかりのようです。
Monkiageha91117モンキアゲハ
Tyabaneaokamemusi91117チャバネアオカメムシ
     Siitake91317 Siitake91117
シイタケ
Tisiotake91117チシオタケ
Aikouyakutake91317アイコウヤクタケ
                 Aikouyakutake91117   Aikouyakutake91217
初めてみました。これが見れただけでも山道を登った甲斐がありました。
Nioikobenitake91117ニオイコベニタケかな?
Usutake91117ウスタケ
Usutake91217ウスタケ幼菌
Sentikogane91117真っ黒だったのでもしかしたらと思ったのですが、センチコガネ?でした。
                  Kinoko9193   Kinoko9196
名前のわからないキノコたち2
Kinoko9195ニガクリタケのつもりで撮っていたけれどもしかしたら違うかも・・・
Sika92117やっと山頂に着きました。奈良盆地を背景にして鹿をカシャcamera
Toudaiji91117東大寺大仏殿とススキ
Nara91117駅前に戻ってカラー版のマンホールの蓋を撮って本日は終了
 

September 17, 2017

蝦夷鶲

Ezobitaki91117

今日は台風が来るというので家で待機していたが、雨雲の様子をレーダーで見てもかなり距離がありそう。買い物に出るついでに近所の公園に行ってみました。バイクをおいてすぐにキビタキ♀が地面におりて餌を捕ったのが見えたのでカメラを出して少し追いかけたが見失ってしまいました。でも、すぐに鳥が見つかるということはきっと今日は他に何か入っているはず。 Ezobitaki91517 公園内の遊歩道を歩くと野球場横で何か飛び出してはすぐに枝に戻るということを繰り返している鳥を発見。 Ezobitaki91217 お、エゾビタキやないですか!今期お初なので頑張って撮ってみました。 Ezobitaki91317 その後もヒタキ類は何度か遭遇したのですが、写真をまともに撮れたのはエゾビタキのみ。 Ezobitaki91417 ほかにもコサメビタキとかムシクイとか入ってたのですが、しばらく鳥の撮影をしてなかったせいか、すっかり感が鈍ってしまってるようで撮れず Kibitakimesu91117

暗がりの低木の中でキビタキ♀が見え隠れするのでもう少し明るいところにでてきてくれるのを待ってたのですが、フェンスの向こうの工場内に入っていくぐらいで出てきてくれません。キビタキ♂も時々フェンス内に見られるので期待してたのですが、こちら側には野良猫も陣取ってるせいかダメ。お腹もすいたし、買い物もあるし、空模様も気になるので今日はこれで撤収。
夕方、外の具合を見ようと出た時に団地内を超低空飛行する茶色い鳥に遭遇。すぐにサンコウチョウだとわかったのですが、人家の庭の中に入っていったので追跡を断念。風がある日は下の方でエサ探しをするのかも。

September 14, 2017

深山茜など

Miyamaakane91117
もしかしたら何か茸でも新たにはえてるかもと思って今日も西の聖山へ。何もみつからなくても河原に降りればミヤマアカネがたぶんいてるはず・・・
Nakaguromorinokasa91117
下の池の周囲を歩きましたがキノコらしいキノコはこのナカグロモリノカサ風のキノコがいくつか出てたくらいでした.。ナカグロモリノカサはわりと大きいはずなのですがこのキノコはせいぜい傘の径が5㎝ぐらいしかありません。
Edanasitunohokori91117
エダナシツノホコリかな?ちょっと違う気もするけど・・・
Himekabairotake92117
ヒメカバイロタケ
Sarunokosikake91117_3
ちょっと変わった色のサルノコシカケ類
Aragekikurage91117
アラゲキクラゲ
Mayutateakanemesu91117
マユタテアカネ♀ノシメ型
                 Daidaitake91117  Momijiurokotake91117
ダイダイタケとモミジウロコタケ
Takanetonbo91117
エゾトンボ系のトンボ、タカネトンボかも
Kaeru09141モリアオガエルかな? トンボが産卵に来たのですが撮る前にカエルがよってきたためにどこかに行ってしまいました。
                 Miyamauzura92217  Miyamauzura92117
ラン科の植物ミヤマウズラ。この山にもはえてるんやね
                 Nokogirikuwagatamesu91217  Nokogirikuwagatamesu91317
ずっと木の中に頭を突っ込んでたので向きをかえてやっとクワガタムシ♀であることがわかりました。
Nokogirikuwagatamesu91117
少し大きく見えたのでノコギリクワガタ♀かと思いましたがコクワガタ♀もありかも。
Kaigaratake91117シンプルな美しさがすきです。カイガラタケ
Miyamaakane91317
ここには池もあるのに必ず河原の方にいてるミヤマアカネ♂
                 Miyamaakane91417  Miyamaakane91217
ちょっと草深くなってるので探すのに歩き回りました。まだ大丈夫と思ってたのですが草の実がけっこうズボンにつくようになりました。
Mayutateakaneムラサキシキブの実が色づいてましたのでマユタテアカネ♂の背景に入れてみました。
Uranamisijimi91117
ウラナミシジミ♀の産卵。クズなどのマメ科の植物を食草にするのでハギもその対象になります。
Hagi92117
バイクをとめる入り口あたりのハギの花が見ごろになったのでこれを撮って今日は終了
 

September 10, 2017

姫茜など

Himeakane91417_2
 
先日はヒメアカネのメスを撮ったけれど今日はヒメアカネのオスを探しに出かけました。
 
Natuakane92117 まずは見つからなかった時のことも考えて田んぼでナツアカネを撮って保険をかけときます。赤とんぼには稲穂がよく似合いますが、もう少し色づいたほうがいいな・・ Hanmyou91117 今日はハンミョウをよく見かけます。 Nijigomimusidamasi92117 薪の上にニジゴミムシダマシを見つけました。 Kiitotonbo91117 久しぶりのキイトトンボ
                  Aoitotonbo91117 Aoitotonbo91217
ここでアオイトトンボを見たのは初めてです。合体中も数組いてました。
Ooitotonbo91117 オオイトトンボも。
                  Gagabuta91117 Siokaratonbo91117
ガガブタの花も満開。その花の中にシオカラトンボがいてました。

Mizuoobako91117 ミズオオバコの花です。教えてもらって初めて見ました。絶滅危惧種Ⅱ類だとか。ここでは数が少ないのが残念ですね。もっと増えるといいのに。

Himeakane91117

奥の方は行ったことなかったのですが、湿地があってそこにヒメアカネがいてるはず。数は多くないもののやっぱりいてました。 Himeakane91217 横から見るとこんなん。ぱっと見でマユタテアカネと変わらないような・・。でも、赤とんぼの中では一番小さな種類なんですよ。 Himeakane91317 こっちはメス
                                        Himeakane91517 Himeakane91717
ヒメアカネ♂は顔が白いのが特徴なんですが、♀のほうは白ではなく顔に小さな鼻班があるものもいてます。甲山で見たメスには鼻班はなかったけどここのメスには鼻班があります。
Siroonitake92117
茸も少し期待したのですが、ドクツルタケぐらいであとはこのシロオニタケらしいのがあっただけ。 Himejanome91117 ヒメジャノメのはずですが、後翅の蛇の目紋の数が少ないみたいですね。 Nijigomimusidamasi92217 ニジゴミムシダマシをまた見つけました。何度撮っても満足のいく虹色光沢が撮れないんですよね。
Harikamemusi91117
ケイトウの花にカメムシがとまってました。ハリカメムシだそうです。
Mesugurohyoumon91117 最後にメスグロヒョウモン♂が吸蜜にきてるのが撮れました。  
                  Mesugurohyoumon91417 Mesugurohyoumon91217
今年はなぜかどこを歩いてもヒョウモンチョウ類に遭遇しなくてどうしたのかと思ってました。初夏に羽化して盛夏の間は休眠するはずだけどまるで羽化して間がないかのようなきれいな個体でした。 Mesugurohyoumon91317 久しぶりなのでもう一枚。ほかにもいろいろ撮っているけれど今日のところはこんなもんで(◎´∀`)ノ
 

September 03, 2017

今日もピカ虫

Oosentikogane92117_2
 
今日は車で山の上に連れて行ってもらいました。涼しくなってきて山の上はさらに快適。これでキノコでもたくさん出てきてくれたらいいのですが・・・まず最初に撮ったのは昨日もたくさん撮ったけれどオオセンチコガネ
Oosentikogane92217_2奈良土産のルリセンチコガネの亡骸とツーショット
                  Oosentikogane92417_3 Oosentikogane92317_2
赤紫色がよく出てるのとここらで一番よく見かけるタイプのオオセンチコガネ
Hunhokori91117_3
フンつながりで粘菌のフンホコリ
Tumaguroooyokobai91117黄緑色がきれいなツマグロオオヨコバイ
Iboseiyousyouro91117世界三大珍味のひとつトリュフの一種で日本にもはえるイボセイヨウショウロ。初めて見ました。
Yamatosijimi91117秋の花、ハギに訪花してたヤマトシジミ
Natuakane91117今期初のナツアカネ♂
Akebikonoha91117体の目玉模様やスタイルが面白いアケビコノハという蛾の幼虫
                  Miyamauzura91117 Miyamauzura91217_2
前回見に行った時はまだ蕾だったミヤマウズラという山野草の花が満開になってました。
Kaentake91117色はともかくとして立派なカエンタケ。なんか人の手みたい
Kontyuu09031
なかなか名前がわからなかったが、ハギツツハムシみたい。そういえば萩についてた・・・
Semonjingasahamusi91117セモンジンガサハムシもまだいてました。
 
Sabikokori91117サビキコリとかいうコメツキムシの仲間
Hutoanaakizoumusi91117いままで見たゾウムシの仲間では一番大きいかな?フトアナアキゾウムシです。
Hiroobijoukaimodoki91117離れて撮っても近くで撮ってもうまく撮れないヒロオビジョウカイモドキ。今日もいろいろ撮れて遊べました。
 

September 02, 2017

瑠璃雪隠黄金

Oosentikogane91717_2

久しぶりに奈良まで行ってきました。ここんとこ雨が降らなずキノコがダメなので目的は虫です。
Taiwannutiwayanma91117ここは観光客も少なくて居心地がいいので座り込んでお昼をとってるとタイワンウチワヤンマを見つけたので撮ってみました。
Oosentikogane91118今まで座っていあたりの落ちてる鹿の落とし物付近でオオセンチコガネ瑠璃色型を見つけました。大きさはもうしぶんないけれど色がややしぶい。それにンコもついてます。近畿地方ではオオセンチコガネの体色には地方色があって奈良より南の地域では瑠璃色型が多くてルリセンチコガネと呼ばれています。
Oosentikogane91318そこからあまり離れていない廃材置き場みたいになところで木切れをどけると下からオオセンチコガネが3匹出てきました。すぐに地中に潜り込もうとするので見えるように出てきてもらいました。
                  Oosentikogane91418 Oosentikogane91518
木切れの上に乗せてしばし撮影。ミドリセンチコガネかと思う緑色の濃い個体もやっぱりブルーがかってます。
Murasakitubame91117このすぐ近くにはナラノヤエザクラで有名な塔頭があるのですが、ここはまたムラサキツバメでも名が知られてるようです。行ってみると本当にムラサキツバメがいてました。妙に低空飛行をする蝶だなとおもっていたら産卵場所を探していたようで木の根元あたりから出ているヒコバエに産卵してました。
Siribukagasi91117ムラサキツバメはシリブカガシやマテバシイが幼虫の食草にするそうでこの花が咲いてるのがたぶんシリブカガシかと思います。
Sika91117角のはえた立派な牡鹿と目が合いました。グレンフィディックとかいう洋酒のラベルを思い出しました。
Oosentikogane91617お目当てはオオセンチコガネではないのだけどオオセンチコガネばかりみつかります。ンコがついてないので手のひらに乗せ目を回してから切り株の上においたら死んだみたいに動きません。切り株の上に粘菌がでてました。
Kinoko91117鹿苑に行けば鹿がもっといてるだろうから落とし物も無尽蔵にあるに違いないのでお目当ての五本角の大黒さんに遭遇する確率も高いかと思ったのですが見たことのない赤いキノコとか
Oosirokarakasatake91117オオシロカラカサタケっぽいキノコを見ただけでした。思ってたよりも地面が固いところが多くてやっぱり移植ごてでも持っていってほじくりかえさないとダメみたいですね。もっともきれいにしてる芝を掘り返して歩くわけにはいかないので影響のない場所でやらないと文句言われそうですが・・・
Kinoko91217
道路を渡ったところにあった切り株下からでていたきれいなサルノコシカケ類。ベッコウタケなのか?一雨降ればきっとここなら変わったキノコが撮れるのではないかと思いながら日も暮れたことだし撤収

August 31, 2017

山椒喰

Sansyoukui81117_2

今日はいつものヘルメットマウンテンにキノコ探しのつもりででかけました。事務所前のベンチでカメラを出して用意しているとどこからかピリリという鳴き声が聞こえてきます。あたりを探しましたが正体はつかめず、下の池の周囲を歩き出した時に白い鳥が3羽飛んでさっきいてた方面に飛んでいきました。へえ~、サンショウクイいてるんや・・・
Niwatake82117_3今日の目的はキノコだったので公園西側に移動して捜索。しかし、今日はほとんどキノコに遭遇しません。やっとニワタケをみつけました。
Sansyoukui81217_3さらに北に向かって歩いていると再び鳥の声が・・・今度はサンショウクイの姿を見つけましたが残念ながらピンぼけweep
Kobityanigaiguti81117_3山の裏側も乾いた感じで森の中のコビチャニガイグチも皺がはいっているうえにカビてます。
Sakebatake81117_2立ち木に出ていたサケバタケも終わったものが目立ってます。
                  Benitake83217_4 Benitake83117_3
ベニイグチのはずなんですが傘の表面が赤くありません。こんなんあり?
Hanagasaiguti81217_3遠目に見てもわかるハナガサイグチも近づいてみると倒れてたり
Hanagasaiguti81117_2

とても小さなものだったりしました。

                  Kinoko8311 Kinoko8312
その近くにとても新鮮なキノコが一つ。でも名前はわかりません。
Numerikoujitake83117
ヌメリコウジタケも皺がはいってます。
Kuriiroiguti82117
クリイロイグチなのか?
Sansyoukui81317ここでは珍しく鳥撮りのご夫婦に遭遇しました。聞くとサンショクイがいてたとか。そこを通り過ぎてもう一度戻ってきた時にまだ捜索しておられたのでご一緒してるとサンショウクイが現れました。
                  Sansyoukui81417 Sansyoukui81517
サンショウクイを撮るのも久しぶりです。一応写ってるのでキノコがだめでも鳥が撮れてラッキーでした。
Sennninnsou81117センニンソウやったかな。わりといい匂いがするけど訪花する虫は少ないような気がします。ということで今日はこれまで。
 

August 24, 2017

小瑠璃正調押忍!

Koruri81117_2
 
コルリ♂が再びお城に現れたというので午後から行ってみました。この暑さでは人気のコルリも集客力には欠けるようでその場にいてたカメラマンも10人足らず。午前中に撮影を終えて早い目に帰ったのかもしれません。
Koruri81217
 
先ずは登場シーンから
                                        Koruri81317 Koruri81417
そこらを散策してから枝へ
Koruri81717 水あるのかな? Koruri81617 退場前 口あけたままでとっても暑そう
Koruri81817_2

もうワンステージ見てきました。逆光気味になるので角度を変えて撮影。背景が暗くなるので3分の2をマイナス補正 Koruri81917 マイナス補正を解除するの忘れてました。 Koruri811017 暑くていつまでもじっとしてることに耐えられずにここでリタイヤsweat02

 

Ruritateha82117_2 帰る前にお城名物のマイコアカネとか新たに現れたベニイトトンボなどを探そうと思ったのですが、マイコアカネすら見つけられませんでした。変わりによく登場してくれたのがルリタテハ Ruritateha82217 翅の裏面も久しぶりに撮ってみました。あまりにも暑くて捜索する意欲もわかないので今日は瑠璃色を2種撮っただけで撤収

August 23, 2017

ニジゴミムシダマシとか

Nijigomimusidamasi81517

お猿のお山に虫探しに行くというので連れて行ってもらいました。キノコなんかも生えてるとうれしいのですが・・
                  Kinoko81117 Kuroasibosonoboriryuutake81117
最初に撮ったのは黒い名前のわからないキノコとクロアシボソノボリリュウタケ  
                  Koujitake83117 Kinoko8233
コウジタケっぽいのとベニタケ類の小さなの

Naginatatake8117 色が薄いナギナタタケ Iisentikogane81117 お目当ての虫と食性が同じのオオセンチコガネ Oosentikogane81217 もう一匹別のオオセンチコガネ、ここらの鹿の落とし物などを見て歩きましたが、結局お目当ての虫には遭遇できませんでした。

Nijigomimusidamasi81117_3
 
その代わりに見つけたのがこれ。ニジゴミムシダマシという朽ち木などにつく虫で、キノコなんかにナガニジゴミムシダマシというこれに似た虫がきてるのを時々見ますが本家ニジゴミムシダマシは初めてみました。 Nijigomimusidamasi81617 文字通り虹色の光沢をもつ虫で大きな虫ではないのできれいな光沢がよくわからないでしょうからトリミングしてみました。 Nijigomimusidamasi81217 ピンあまですけど虹色の光沢がよく出ているのでこれも貼っておきます。
Higenagasabikamikiri81117
しおれたモモの実についてましたので一枚camera ヒゲナガサビカミキリだと思います。
                  Kinoko81217 Husahimehoukitake81117
名前のわからないキノコとフサヒメホウキタケ

Samatumodoki81117 けっこう大きなサマツモドキ Hoojiroasibeniiguti81117 ホオベニシロアシイグチなどを撮って今日のところは撤収

August 20, 2017

夕方の筒鳥

Tutudori81117
 

暑くて今日は一日ごろごろしてるつもりで家にいてましたがツツドリやお城のコルリの話も聞こえてきたので夕方になってから近くの公園に行ってみました。が、公園についてみたもののカメラマンの姿もバイクもなくガランとした雰囲気。一応ぐるっと公園内を一周してみると裏にカメラマンたちは集まっていました。ほぼ逆光ともいえそうな状態で飛べば居場所がわかる感じ Tutudori81217 補正なしでは真っ黒ですので一段プラスに補正しておいてそこを基準に撮ってますが、夕方なのでシャッタースピードがぜんぜん伸びません。 Tutudori81317 後ろ側も一枚。まだ若い個体なのかな Tutudori81417 まあ、今期初撮りのツツドリはこんなもんでいいかなということで夕食に

August 19, 2017

ヒメアカネ♀と茸の続き

Himeakanemesu81117_2

サギソウを見たいという人がいてたので今日もこの前と同じ西の聖山です。前回は丁寧に見て回ったわけではないので車で連れて行ってくれるならこちらも助かります。 Hukuroturutake81117_2 最初に撮ったものは誰かさんが切り株の上に置いて行ったフクロツルタケ、今期初お目見えの茸なので有難く撮らしていただきました。
                  Midorinigaiguti81117 Midorinigaiguti81217
ミドリニガイグチがきれいでしたのでこれも。
                  Yamadoritakemodoki81117_2 Kinoko8191_2
再び生え始めたのかな?ヤマドリタケモドキと白っぽくて中央がへこんでいる正体不明のキノコ Moegiamiasiiguti82117 トイレ前のモエギアミアシイグチの所に行くと3個だったモエギアミアシイグチが5個に増えてました。 Dokuturutake82117 ドクツルタケがはえてました。タマゴから出てきたばかりみたいで、こういった立体的な状態のキノコは背景と一緒に撮ると絵になるんですよね。
Ebiirokamemusi81117_3
山の裏側に入りました。そこで変は虫を発見。エビイロカメムシの幼虫だそうです。 Turutake81117 小さなツルタケがありました。
                  Budounigaiguti83117_3 Kotengutakemodoki82117_3
立ち姿のいいブドウニガイグチとかわいいコテングタケモドキの幼菌らしきキノコ
Beniiguti83117_2 今日のベニイグチは格別に赤くて美しい Sagisou82117 で、本日のサギソウ Mayutateakane82117 サギソウもいいけど気になるトンボを見つけました。もしかしたらヒメアカネかなと思ったけどマユタテアカネなんかもいてるので前を撮りたいのだけど、どんどんと離れていきます。見失ったのでまあ、いいかということで再びキノコなどを撮ってると Himeakane81317 みつけました。ヒメアカネ♀です。でも、さっき撮ったのとなんか成熟度が違うような???
                  Himeakanemsu81217 Himeakane81417
ヒメアカネのオスはお顔が白いけどメスの顔は白くないんですよね。ま、特徴がないような感じかな
Teppouyuri81117_3
撮るものは撮ったのでまた少し先に進みます。テッポウユリが咲いてたので少し撮影 Seminoharisenbon82117 この前のセミノハリセンボンはまだありました。もう少し変化があるかと思ったのですが変わった様子はないですね。
                  Kikubanaiguti82117 Kiamiasiiguti83117
きれいなキクバナイグチとキアミアシイグチを大きくしたようなキノコ Azumatake81117 アズマタケだと思いますが、今年のは色に黄色味が少ないような・・・
Usukitengutake81117笹 に隠れるようにしてウスキテングタケと思われるものをみつけました。
Usukitengutake81217_2
 
 
このキノコを撮るのは2度目ですが、こんなに色が薄かったかな?まあ撮りたいキノコではあったので得 をした感じ
                  Kinoko8192_2 Kinoko8193  
 
この手のイグチはよく見かけるのですが、名前がわかりません。二つに切っても傘の部分は青変するのに柄の部分は青くなってません。
Birodokogane81117_2

飛んできたのでとまったのを捕まえたビロードコガネ Kurokobantake82117 クロコバンタケの小さいの Higenagakamemusi81117 駐車場前のエノコログサにとまってたヒゲナガカメムシとかいう足の太いカメムシ。今日も虫やらキノコやらでいっぱい遊べました。

August 17, 2017

復活した茸とセイタカシギ

Seitakasigi81117
 
どうやらむこうの川にセイタカシギが現れたみたいなのですが場所もはっきりとしないため川を素通りして山に茸探しにでかけました。 ここんとこ茸が不作でどこにいってもあまり撮るものがない状態だったので鳥の方にやたら興味をひかれます。Kurokobantake82117 暗がりでみつけたクロコバンタケですが状態がいま一つよくない。探せばほかにもあったようだが前も撮ったのでパス Kinoko8171 ベンチの下で見つけた毛深いキノコ。また名前は探しておきます。 ツチスギタケあたりがあやしいかも
                  Dokuturutake81117_2 Dokuturutake81217
ドクツルタケっぽいキノコ
                 Kinoko8172_2  Hinaanzutake811117
オニタケからトゲトゲをとったようなキノコとヒナアンズタケらしきキノコ
                                      Kiamiasiiguti83117_3 Kiamiasiiguti83217_2
キアミアシイグチの傘が黒っぽいのと黄色いの Irogawari81117 柄にふれてるだけで変色したのでイロガワリかと思います Moegiamiasiiguti8117 以前セミノハリセンボンを撮ったところに出ていたモエギアミアシイグチ Moegiamiasiiguti81217 こっちは傘が反り返って裏がよくわかります。レストハウスで休憩してるとお告げがあってセイタカシギの居場所がわかりました。久しぶりに鳥撮りに行くことにしたので急いで山の裏をまわりました。
                  Budounigaiguti81117 Budounigaiguti81217
今期初のブドウニガイグチです。どうやら同好の士が歩いたあとのようで道にも裏がえってるブドウニガイグチがありました。こちらは傘の裏も色が出ていて成熟した個体であることがわかります。

Midorinigaiguti81117 色は薄いけどたぶんミドリニガイグチではないかと・・・

Turutakedamasi81117
小さいけどツルタケダマシかもSagisou81117 ちょっと寄り道。サギソウが咲いてました。 Didaiiguti82117_2 木の根元にきれいなオレンジ色のキノコを見つけたのでハナガサイグチかなと思って近づいてみると粉っぽさがなく裏側もかなり細かい管孔のようなのでダイダイイグチみたいでした。もしかしたらコガネヤマドリかも Seminoharisenbon81117 ふと見るとセミの死骸があってなにやらカビたみたいに白くなっており、トゲトゲした部分もあります。どうやら不完全だけどセミノハリセンボンみたい。 Daidaiiguti83217 ダイダイイグチを元の場所に戻してその上に乗せてみました。
                  Aokanabun81117 Kabutomusi82117
 
セイタカシギもとりに行きたいけど一応ぐるっといつものコースを歩きました。ここはまだ少しカナブンが生き残ってますね。きれいなアオカナブンと高い場所に陣取っていたカブトムシ Gomadaratyou83117 ゴマダラチョウも樹液にきてます。 Beniiguti83117 バイクを置いてる場所に移動するまでに見つけた色落ちしてしまってる巨大ベニイグチ Seitakasigi81217 バイクにまたがって川に向かってGO!到着すると夕日がきつく、カメラマンは一人もいてません。もうどこかに飛んで行ってしまったのかなと思いながら堰堤まできて中洲をみるとはるか彼方にセイタカシギが。よかった、間に合った(^-^;  近くに引き返すと中洲の草が茂っていてセイタカシギの姿を隠してしまいます。なるほど、これではカメラマンは誰も残ってないわ。 Seitakasigi81617 それでもねばってると草の向こうに出てきて見える場合もあります。
                  Seitakasigi81417 Seitakasigi81317
夕日がきつくてうまく写ってないかもしれないけどそれなりにセイタカシギであるのはわかります。いつの間にか6時になったし、日も陰ってきたので帰ろうとするといきなりセイタカシギが飛びました Seitakasigi81517 中洲の先端部の草のないところにおりたので全体を撮ることができました。これぐらいの距離ならもっとデジタルズームでなく光学で撮った方が小さいけどシャープでよかったかも・・・。

«スジクワガタなど色々

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ