August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

August 19, 2019

植物園のマゴジャクシなど

Magojakusi81119

久しぶりにお山の植物園に行ってきました。ここならクワの木があるのでトラカミキリやクワカミキリなんかが期待できるのではと思ったのですが・・・

Bekouhagoromo81119

クワの木は何本かあるのですが下草が茫々であまり近づけないものもあってカミキリムシの類は高いところにキボシカミキリらしきものを一匹見つけたのみ。その周辺でしばらく虫探しをしてるとベッコウハゴロモをみつけました。意外と敏捷であまり近寄れずワンカットのみ。

Kebukahimeherikamemusi81119

花にとまっていたケブカヒメヘリカメムシも撮影

Himekimadaraseseri81119

後翅の表にほとんど斑紋がないセセリチョウを見つけたのであまり見かけない珍蝶かもと思って何枚もとりましたが、家に帰ってしらべるとヒメキマダラセセリのメスであることがわかりました。いままでこのことに気がつかなかったということはオスばっかり撮ってたんですね。

Yamakudamakimodoki81119

桑の木でやっと虫をみつけました。クダマキモドキなのですがクダマキモドキにはヤマクダマキモドキとサツクダマキモドキがあります。前脚が赤紫ならヤマクダマキモドキで、この個体はそこはかとなく赤味がある程度なのでちょっと判断に困ります。

Kurohikage81119

クロヒカゲはいつも暗いところにとまるのでブレブレのボツ写真が多いのですが今日はなんとか写ってました。

Oosentikogane81119

植物園の中にも猪は入り込むようで猪の落とし物にはオオセンチコガネがきてました。

Magojakusi81219

台風の雨ですこしぐらいはキノコがはえているのではと思ったのですがまったくみつかりません。しかし、これは期待できるだろうと思っていたマゴジャクシはなんとか見つけることができました。マゴジャクシがはえる切り株を二つみつけたのですがいづれも傘の部分がおられていて無事なのはこの一本のみ。マゴジャクシはマンネンタケの仲間だけどモミとか松といった針葉樹の株にはえるキノコで細長い柄とニス状の光沢がきれいな日本固有種です。

Magojakusi81319

傘の裏は白っぽく細かい管孔があるのがわかります。マンネンタケは霊芝といって薬効があるそうですがマゴジャクシは期待できないらしい

Kuroageha81119

クサギの花にはクロアゲハが飛んできてました。

Itimonjityou81119

なんの花か知らないけイチモンジチョウがいてたので撮影。

Aohanamuguri81119

同じ花にアオハナムグリもいてました。

Ramikamikiri81119

道端のクワの木に水色が濃いラミーカミキリをみつけました。

Sujigurosirotyou81119

ジグロシロチョウがいてたのでこれも撮影。夏型のスジグロシロチョウはよく見かけるけど春型には遭遇しないんですよね。

Sukebahagoromo81119

そして初めて撮るスケバハゴロモ

Kitunenokamisori81119

キツネノカミソリを撮って本日は終了。門から出て送迎バスが来るまでの間水辺によるとそこにヤンマ類の姿が・・・。よく見ようとすると柵の中に飛んで行かれたので正体はわかりませんでしたが最後に惜しい虫に逃げられてしまいなんか残念です😞

August 10, 2019

ゴホンダイコクコガネ

Gohondaikokukogane81119

何日か前にゴホンダイコクコガネをみつけたというので今日はものすごく暑い日でしたが箕面のお山に連れて行ってもらいました。見つけた時に採集したゴホンダイコクコガネはすぐに死んでしまったけど持ってきているというので見せてもらうとなんと動いてました。生きてますやん!ということで現地到着を待たずにGET。

Gohondaikokukogane81219

木のベンチに座ってさっそく撮影開始。上から見ると確かに五本角があることがわかります。

Gohondaikokukogane81419

左向きの側面。かっこいいですよね。1㎝強の小さな虫だけど流行りの外国産甲虫にもまけてません。

Gohondaikokukogane81319

右向きの側面

Gohondaikokukogane81519

正面だとなんかはっきりしません。

Gohondaikokukogane81619

この角度が一番カッコいい。死んだふりでじっとしているのではなくちゃんと立ち上がってる。恐竜のトリケラトプスに見えへん?

Hosoharikamemusi81119

せっかく暑い中を来たので何か虫でもと思ったけどあまりみつからなくて、ホソハリカメムシとか

Harabirokamemusi81119

ハラビロヘリカメムシなんかを見つけたのみ。

Hosoenonukahokori81119

あまり小さな粘菌は撮れないけど肉眼で何か小さなつぶつぶがあるのがわかる程度のものならデジタルテレコン2倍に設定するとこれぐらいには撮れます。これはホソエノヌカホコリかな

Nenkin8101

よく見ると黄色いホソエノヌカホコリの周囲にも何か粘菌があるのがわかります。

Murasakihokori81119

よく見かけるムラサキホコリのつもりで撮りましたがなんか小型のような・・・。ムラサキホコリの仲間もいくつかあるらしいので本来のムラサキホコリとは違うのかも。炎天下の山の上は下界よりはましなのかもしれないけど32℃を超える暑さで大黒さんを見つけた場所を探したけどついにどこか見つけることはできませんでした。大黒さんは無理でもオオセンチコガネぐらいはみつかるだろうと歩いたけどそれもみつけることができずに暑いので下山。なんかすっきりしません。

July 30, 2019

箕面でヒメコン

Himekoniroipponsimeji71119

タマゴタケとかがあったというので車に乗せてもらって行ってみました。タマゴタケってすぐに採られてしまうのでなかなか撮るチャンスがないんですよね。

Tamagotake71119

これが赤いタマゴタケ。ちょっと色が薄くなってるかな

Kiiroasrtake71119

キイロアセタケだな

Himekoniroipponsimeji71519

菌友さんがヒメコンイロイッポンシメジをみつけました。このてのキノコは他にもあるらしくて今までも似たものは撮ってるのですが私には識別できません。

Himekoniroipponsimeji71419

陽があたってよくわからないかもしれませんが傘の裏はほんのりピンクになるみたいです。

Koganeyamadori71119

たぶんコガネヤマドリだと思います。切断しても変色しませんでしたし柄の模様がそれっぽい

Tamagotake71219

もう一つタマゴタケをみつけました。ツボがはっきりと卵型に残っていていかにもタマゴタケ

Naginatatake71119

近くにはナギナタタケも出てました。いままで絶対これはナギナタタケというものは撮れてなかったのでけっこう嬉しい

Tunohunoritake71119

カッパツルタケが今年も出てたというので、ここからまた車に乗って移動。ツノフノリタケかな?短いのがいっぱい出てました。

Koutubohokori71119

粘菌などを撮りながら山道を登っていきました。これはたぶんコウツボホコリ

Tamatunohokori71119

タマツノホコリみたいです。

Henkeitai71119

粘菌の変形体。これがどんな形の粘菌になるのか

Kuriironigaiguti71119

白い管孔や紫がかったような柄からクリイロニガイグチではないかと思うのですがどうでしょう。

Kabairoturutake72119

カバイロツルタケがきれいです。

Ooyotusujihanakamikiri71119

切り株にいてたオオヨツスジハナカミキリ

Kappaturutake71119

で、これがカッパツルタケ

Kappaturutake71219

幼菌もみつけました。

Irogawari71119

公園の駐車場近くに出ていたでかいイグチ類。変色性が強いようなのでイロガワリかも

Nikawahoukitake71219

毎年のようにソライロタケがはえる場所があるというので車に乗って再び移動。そこで初めて見たのが黄色いニカワホウキタケ

Nikawahoukitake71119

初めて見たのでもう一枚載せておきます。

Tengutakedmasi71119

テングタケダマシの幼菌

Akaibokasatake71119_20190730004001

けっきょく青いのははえてなかったので赤いのを。なんか毛深いけどアカイボカサタケでええかな?ということで下界にいてるよりは山の上の方が涼しいと思ったけど歩き回ったので汗びっしょりになってしまいました。

July 26, 2019

青斑玉虫やキノコ色々

 

Aomadaratamamusi71119  

もしかしたらソライロタケがはえてるのではないかと思って今日もヘルメットマウンテンへ。

Irogawarikihidatake71119

まずはいつも入り口近くにはえてるイロガワリキヒダタケから。枝の先でなでるとゆっくりと青変していきます。最近ここの茸の資料を見ていてアカエノイロガワリキヒダタケという長ったらしい名をみつけました。もしかしたらこれがそうなのかも?

Siroibokasatake71119

池の方に降りていく途中でみつけたシロイボカサタケ

Kabairoturutake71119

カバイロツルタケも出てました。

Kiamiasiiguti72119

いつもこのキノコを見て網足なのでキアミアシイグチだと判断してましたが、何かひっかかります。何かほかに名前があるのではないかと・・

Tamagotengutakemodoki71119

タマゴテングタケモドキですね。最近はアカハテングタケなどという呼び名で出てるようです。

Kawamurahuusentake71119

ここらへんで以前ソライロタケを見つけたのだがと思ってると中型のキノコの一団があったので一つを抜くと傘の裏がうす紫できれい。カワムラフウセンタケかな

Sorairotake71119

日があたっていて色がわからなかったのですが自分の影にキノコが入って水色をしてることに気がつきました。やった、ソライロタケGETだぜい!

Sorairotake71219

ちょっと見に来るのが遅かったかな・・傘も開ききっているし、色も鮮やかさに欠けるな

Sorairotake71319

あたりを見るともしかしたらソライロタケになるのではという水色の幼菌ぽいものがチラホラ。

Togeari71119

さて、トイレに行ってから今年はカブトムシはどうかなと近くのシラカシの木あたりをのぞきにいくとアリの団体さんが木に登っていったりきたり。ありゃ、トゲアリですやん。知っている所では有馬富士公園にはいてるけどここにもいてたんや。もしかしたらアリタケなんかが近くにあるかも

Beniusutake71119

今年もベニウスタケはあちこちに出てました。ちょっと色の濃い目のものを撮影

Anzutake71119

アンズタケもはえてます。

Ooonitengutake71119

やっと山の裏道にたどり着きましたがこれといったものは道端にでてないなと思ってたら大物がまってました。今年もオオオニテングタケが出てました。

Arinotaimatu71119

超大型茸の近くをみてたたら極小のキノコを発見。これってアリノタイマツと違うの?

Arinotaimatu71219

でも赤いのもあったり、形状も違うようなんもあってすなおにアリノタイマツとはいえないような・・・

Kiutubohokori71119

粘菌も撮ってみました。赤っぽいウツボホコリはよく見るけれど黄色いのは初めてみたように思います。このキウツボホコリの画像右上にもまた別の粘菌が写っています。

Konosimetonbo71119

先にすすむとコノシメトンボ♂がいてました。真っ赤になったらきれいなんですよね。

Kibitaki71119

近くで鳥の鳴き声がするのであたりを見るとキビタキ♂がいてました。でも、このキビタキ、尾羽がありません。それに口の下に血のようなものがついていてなんか痛々しい。鳥の世界も色々あるのでしょうね。

Usukitengutake71119

時々森の中にも入ってみますが今日はきれいなキノコが少なくてウスキテングタケっぽいのとか

Usukimomiuramodoki71119

ウスキモミウラモドキらしきもの

Akaibokasatake71119

アカイボカサタケの色の薄いやつを撮ったぐらい

Ibotake71119

たぶんイボタケだと思う・・・

Kasahidatake71119

道沿いにカサヒダタケが一つ出てたのがよかったな

Kuroageha71119

クロアゲハが吸水にきてました。今日はとても暑い日でしたので蝶が吸水にくるのも納得です。

Hukuroturutake72119

姿かたちはフクロツルタケだけどやたらとでかいのをみつけました。本当にフクロツルタケなのかな・・・シロテングタケの幼菌ということない?

Aomadaratamamusi71219

先を急いでるとアオマダラタマムシをみつけました。

Aomadaratamamusi71319

前はかなり遠くのを撮ったけど今日は30㎝ぐらいまで近づいて撮ることができたのでラッキー

Kiirooohuusentake7219

展望台で風にあたって一服してから帰ることにしました。久しぶりに県民の森に降りる道を行くとけっこうキイロオオフウセンタケが生えてることに気がつきました。キイロオオフウセンタケは六甲山系ではよく見かけるけど他の地域ではあまりみられないとききます。今日は山の裏よりも展望台下の方が面白かったかもしれません。

July 21, 2019

キノコ@箕面

Hamakusagitamagotake71319

キノコ撮りが目的で電車で箕面まで行ってきました。山道を歩き出してすぐに前方に若い人たちが立ち止まってしゃがんでいるのに出会いました。捕虫網を持った人もいてるけどキノコを採集している様子。自然観察会というやつかな?でも、良さげなキノコを採集されてしまうとこちらが撮るものに困ってしまいます。

Hibiwaresirohatu71119

道沿いに出てるものは諦めるとして道から外れたところのを中心に撮影。白いキノコが目についたのでカシャ📷 はっきりせんけどヒビワレシロハツあたりかな?

Kuroazaawatake71119_20190721230001

道の真ん中に張り出した根に沿ってはえてたキノコ。ずいぶんざらざらした感じだけどクロアザアワタケあたりかも・・・

Numerikoujitake71119

傘の裏が美しいヌメリコウジタケ

Tititake71119

チチタケ。隅っこを傷つけて白い乳液がでるのをたしかめました。先を歩いていた団体さんもこれは見逃してくれたのかな

Kiironikawatake71119

よく雨が降ったのでキイロニカワタケがどこにでもあってとてもきれい。花びらの先がとがったみたいな特徴がよくでてます。

Turutakedamasi71119

ツバがあって傘の縁の条線もはっきりわかるのでツルタケダマシだと思うけど、画像を後で見て左上の隅に黄色いキノコらしいものが写ってました。これがなんだったのか気になります。

Asinagaiguti71119

アシナガイグチも久しぶりに見ました。

Kinoko7211

フウセンタケの仲間だと思いますが名前はわかりません。

Kinigaiguti72119

柄が黄色っぽいけどキニガイグチとは違うのかな?

Kikubanaiguti72119

きれいなキクバナイグチ

Oniiguti71119_20190721230001

緑地で見たオニイグチはとても大きくて黒々してたけどこれはまだ出てきたばかり。裏がわかるように撮影

Kotengutakemodoki72119

ずいぶんと色が濃いけれどコテングタケモドキだと思います。

Hamakusagitamagotake71219

白くて大きなキノコ。ツボも厚く立派です。ハマクサギタマゴタケですね。よくミヤマタマゴタケと間違われるそうです。老菌ははっきりと臭うそうな・・・

Hamakusagitamagotake71119

もうすぐ傘が開くと思われる幼菌

Hamakusagitamagotake71419_20190722000201

じつに卵たまごした大きな幼菌

Yaburebenitake71119

柄に赤味があり傘の縁に赤い縁取りがあるのがわかりましたのでヤブレベニタケとします。

Murasakikasuritake71119

ムラサキカスリタケというのがあるそうなのでもしかしたらと思って撮ってみたキノコ。傘の模様が面白いけれど柄も白いので普通のイロガワリが色落ちしたのかも?

Humeikin71119

なんかわからないブニュっとしたもの。

Hirohidatake71119

ヒロヒダタケはたくさん出ていたけれど傘がボロボロになったものが多くてこれはわりときれいな状態でした。

Sankotake71119

滝道に降りてきてサンコタケを撮って今日は終了

July 19, 2019

カブトムシと茸

Kabutomusi71119

朝早くから緑地に散歩に行ってました。早起きは三文の得とよくいいますが本当にその程度の収穫がありました。

Komurasakisimeji72119

この前幼菌がたくさん出ていたコムラサキシメジですがほとんど傷んでしまってダメな中、少しだけきれいな色が残っているのをみつけたので撮影。いままでムラサキシメジとコムラサキシメジの違いがわかりにくかったのでコムラサキシメジはほとんど撮ってないように思います。両方とも秋に見られますが梅雨時にも出てくるのはコムラサキシメジのようなのでコムラサキシメジとしています。

Kabutomusi71219

樹液に寄ってきてるのでしょうね。カブトムシ♂を今期初めて見ました。以前ここにミゾゴイが出てた時に大きなカブトムシの幼虫を探して食べてたのを思い出しました。暗いところで木の下の方に下を向いてとまってるのでものすごく撮りにくいカブトでした。

Kinoko7181

池の縁に沿って歩いていると柄の赤っぽいキノコをみつけました。アメリカウラベニイロガワリだろうと思い撮影。傘の裏を見て、あれ?

Konoko7182

菅孔面が真っ白ですやん。黄色でも赤でもない白。もしかしたら被膜をかぶっているのか?でも、アメリカウラベニイロガワリなんかでそんなことは聞いたことありません。え~・・・?それじゃあこのキノコは何?

Oniiguti71119

傷んで黒くなったキノコかと思ってパスしそうになりましたが、オニイグチのようです。これもコオニイグチやオニイグチモドキというのがあるので違いがわかりにくくトゲトゲ感がすくないのでオニイグチと思ってます。

Kisoumentake71119

いつぞやサンコウチョウが飛び回ってたあたりでナギナタタケかキソウメンタケと思われるキノコを見つけました。直観的にはナギナタタケと思ったのですが先が丸みをおびてるようにも見えるのでキソウメンタケかも?

Tengutake71119_20190718231001

テングタケが出てきてましたので少し撮影。テングタケもイボテングタケというのがあるので違いがはっきりわからないんですよね。

Kosyouiguti71119

この小さなキノコはもしかしたらコショウイグチかもしれません。傘の裏面の色だけで判断。

Oniiguti71219

垣根の中を見ながら歩いていてキクバナイグチをみつけました。色的にはなんか地味・・・最近キクバナイグチも3種類に分類されたそうですがこれは?

Benihidatake71119

竹林方面を歩いていて可愛いベニヒダタケがきれいでしたので撮影

Turutake71119_20190718231001

きれいなツルタケが出てたのでこれも一枚カシャ📷

Kusahatu71119

近くの森にはクサハツがでてました。

Kabutomusi71519

カブトムシのメスも見つけたので撮ってあげないとね。

Yaguratake72119

いつもはのぞかないけど花壇の東北方面でみつけたヤグラタケが胞子化したもの。ヤグラタケってキノコからはえるキノコなんですが朽ちた宿主よりも早く消えていくのかな?

Noutake71119

雨が降るとすぐにノウタケが現れますね。

Kabutomusi71319

元のカブトムシのところまで戻ってきましたらカブトムシはまだいてて今度はちゃんと上を向いてくれてました。

Kabutomusi71419

角が少し短めのような気がします。

Himawari71119

今日のオマケ。梅雨空が続いて気分がめいりそうですが、明るいヒマワリの団体さんでもみて元気をだしていきませう。

July 16, 2019

キノコ色々

Kiirooohuusentake71119

せっかくの休みで雨も降りそうにないので出かけるつもりでいたが寄る年波で膝やら腰やらがだるくて完全に出そびれてました。昼食をとってからやっと重い腰をあげてバイクにまたがりヘルメットマウンテンに向かいました。

Kihidatake71119

歩きはじめると体の調子も戻ってきます。キヒダタケが出ていたので少し撮影。

Kuroazaawatake71119

斜面には小さめのキノコが出ていたので一つとると触っただけで裏が変色しました。クロアザアワタケだと思います。

Akayamadori71119

そして斜面上をみるとアカヤマドリを発見。上にあがれそうなので登っていって撮影

Akahanakamikiri71119

ヤマグワの木のあたりでアカハナカミキリがつつじにとまってたのでこれもカシャ📷

Kuroazaawatake71219

山中の暗がりの中にもクロアザアワタケっぽいものがたくさん出てました。

Kiamiasiiguti71119

傘の表は緑っぽいけれど柄には黄色い網目模様があるのでキアミアシイグチですね。

Midorinigaiguti71119

一休みできるところで腰かけてるとミドリニガイグチがはえてることに気がつきました。

Iguti7151

Iguti7152

隠れるようにはえていたイグチ。名前はまだ特定できません

柄の色からキニガイグチが近いように思うのですがどうでしょう。

Benihanaiguti71119

ニイグチはこれからといったところでしょうか

Bmomijitake71119

フェンスの下にモミジタケがはえてました。

Hinaanzutake71119

とても小さく形もよくわからないけどヒナアンズタケと思われます。

Kotamagotengutake71119

コテングタケモドキ

Niwatake71119

ニワタケも斜面を登っていって撮影

Niseasibeniiguti71119

かなり大きなキノコの群生に遭遇

Niseasibeniiguti71219

はっきりしませんがニセアシベニイグチの仲間ではなかろうかと・・・

Miyamabeniiguti71119

奥にはいっていくとミヤマベニイグチをみつけました。赤がきれいなミヤマベニイグチを撮るのは久しぶりです。

Nagaenourabiniiguti71119

地味なキノコ しかし傘の裏は

Nagaenourabiniiguti71219

きれいなオレンジ色をしてます。ナガエノウラベニイグチですね。

Kiirooohuusentake71319

離れたところからでもはっきりとわかる黄色いキノコをみつけました。斜面をなんとか登っていって撮影

Kiirooohuusentake71219

オオキイロフウセンタケだと思います。いまでもこれは仮称なのでしょうか?

Kukuroturutake71119

フクロツルタケがはえてました。

Kesyouhatu71119

この桃のような色合いのキノコはケショウハツですね。といことで今日はこれまで

July 14, 2019

キタマゴタケ

Kitamagotake71119

天気予報は雨だがまだ降っていなかったのでB公園にキタマゴタケの様子などを見に行きました。まずは公園中央部から。ここは人通りも多いのでキノコなど生えてるのがみつかると踏みつぶされてしまうことが多いのですが曇天のお天気が幸いしてか無事なキタマゴタケを2個みつけました。

Kitamagotake71219

一つはハケでなでたぐらいでは土が撮れないので汚れの少ないのを中心に撮影

Kitunenokarakasa71119

早々目的を達したのでほかに何かないかと徘徊。キツネノカラカサらしきものをみつけました。

Amerikaurabeniirogawari71119

今日はたくさん出ていたアメリカウラベニイロガワリと思われるキノコ。もっと裏側の鮮度の高いのを探さないとダメですね。

Birodokuriiroiguti71119

小さいけれど一か所にたくさん出ていたビロードクリイロイグチ

Kurohatumodoki71119

クロハツモドキ

Oohimenokasa71119

苔の中のオオヒメノカサ

Tenguturutake71119_20190714014201

テングツルタケもありました。

Kinoko7131

フウの実から出てくるキノコなどをしばし捜索。↑これはもしかしたら実の下にあった枯れ葉から出たのが付着したものかもしれない。

Kinoko7141 

フウの実からでているけどなんかウマノケタケみたいな・・・

Kinoko7133

これはフウの実からでてるしキノコらしい形をしてます。でもフウノミタケといわれてるものとは違うような

Sirosoumentake71119

シロソウメンタケの群生があったので撮影。

Wakakusatake71119

ワカクサタケが今年もはえてました。

Akuironumeritake71119

近くに若草色とは違う色のおなじ感じのキノコをみつけました。たぶんアクイロヌメリタケと呼ばれているものです。

Kitamagotake71319

菌友さんが来てくれたので再びキタマゴタケを撮影。今度は少し場所を変えてみるとそこにもキタマゴタケは出てました。まだ完全に開ききってないキタマゴから。

Kitamagotake71419

後ろ側に倒れたキタマゴタケの傘があります。

Kitamagotake71519

これはちょっと古いのかな?

Kitamagotake71619

でかいキタマゴがあるというので行ってみるとこんなの。これほど大きなキタマゴタケは見たことありません。

Uraguronigaiguti71119

ほかにも色々出てたのですがこれなんか他にも成菌があったのであとで撮ろうと思ってたら忘れてしまってこの画像では種類を特定できません。成菌はウラグロニガイグチかコゲチャイロガワリみたいなのだったと思います。

Murasakiyamadoritake71319

以前もここで撮ったことがあったのですが、今年も出てたムラサキヤマドリタケ?

Murasakiyamadoritake71219

紫色の網足をしているキノコなんて他に聞いたことがないのでムラサキヤマドリタケとしたのですがどこか違和感が・・・

Murasakiyamadoritake71119

柄の網目模様は白いと書かれてる図鑑もあるみたいなんですがムラサキヤマドリタケでいいのでしょうか?

Aitake71119

アイタケもはえてました。

Yanagimatutake72119

巨大なヤナギマツタケを撮って 終了

Yamayuri71119

オマケ。雨の中のヤマユリ

July 11, 2019

梅雨時の緑地キノコ

Benitakerui71119

今日は雨でうちでゴロゴロしてたらいつの間にかやんだみたいだったので緑地にキノコ探しに行ってみることに。前歩いたところではあまり収穫がなかったので小鳥の森方面に移動。

Tenguturutake71119

道端でテングツルタケをみつけました。ヘビキノコモドキが多い中で久しぶりに見るとなんか新鮮です。

Awatake71119

Awatake71219

アワタケでいいのかな?

Matuouji71119

おお、すごく大きなキノコ。マツオウジだと思うけど大きすぎるよね・・って画像だけでは大きさが伝わらんね。

Nejibana71119

日本庭園でネジバナをみつけたので少し撮影。

Yamadoritakemodoki71119

ヤマドリタケモドキだな、きっと

Naratakemodoki71119

チップの道もこれといったものはないなと思ってたらナラタケモドキの集団があちこちに。

Komurasakisimeji71119

チップの道から出ようとした時にみつけたコムラサキシメジ幼菌

Tengutake71119

再び小鳥の森周辺でみつけたテングタケ類。

Kawarihatu72119

う~ん・・・カワリハツなのか?それともほかのキノコなのか?

Benitakerui71219

盛りあがってた枯れ葉をどけるとそこには目にも鮮やかなベニタケ類が!柄やヒダが白いのでドクベニタケかドクベニダマシがあやしいのですが・・・

Turutake71119

溝の上に出ていたツルタケを撮って今日は終了

July 08, 2019

桑の木で虫など

Kibosikamikiri71219

古い資料に大阪市内で珍しい茸がでてたことがあると知り、その現場に行ってみました。しかし、日曜日ともなるとお子様たちが水辺を走り回り気温も高いせいか土も乾き気味。ベニタケ類とかキチャハツ、ヘビキノコモドキや小さなカラカサタケやオチバタケの仲間っぽいものを見ただけでこれといった収穫はなし。せっかく大阪まで出たので地下鉄を乗り継いで東の緑地に行ってみることにしました。

Kaimentake71119

最初に撮ったものは日本庭園の一角でみつけたカイメンタケ。去年の今頃はいい大きさのものがあったのですが今年は今一つ。

Yanagimatutake71119

桑の木のところにいくとヤナギマツタケがでてました。

Yanagimatutake71219

まだ傘の裏には被膜がついており襞が見えません。

Kibosikamikiri71119

桑の木では定番のキボシカミキリをみつけました。

Kibosikamikiri71319

なかなか敏感なカミキリムシでこちらが少しでも動くと飛んで逃げます。

Yabukiri71119

背の高い桑の木にも何か虫がついていないか見て歩くとヤブキリがいてました。最初木についてたのでクダマキモドキかと思ったんですよね。

Kimadarakamemusi71119

外来種のキマダラカメムシも交尾中なのを発見。ここには桑の木が多いのにトラフカミキリとクワカミキリといったものはいてないのでしょうか?山の方で桑が多くはえてるという場所を知らないのでここに期待してるんですけどね・・・

Hitoyotake71119 

木立の股の間からヒトヨタケがはえてました。

Nijuuyahositentou71119

ニジュウヤホシテントウをよくみかけたので撮影📷 頭の上というか背胸部の模様がオオニジュウヤホシとは違います

Turumiryokuti71119

前は青い花だった風車前花壇も今はオレンジ色のマリーゴールドにかわってました。といことで本日は終了

July 05, 2019

クロハラアジサシと茸とか虫とか

Kuroharaajisasi71519

クロハラアジサシが現れたというんで見に行ってきました。

Kuroharaajisasi71219

以前にもここで電線どまりのクロハラアジサシを撮ったことはあるのですが着いた時はお天気が悪くて今一つ

Kuroharaajisasi71419

皆さん飛びものを撮りにに隣の池の方に集まっている様子なのでそちらに。クロハラアジサシはさっきの池と北側の池とを行き来しているようでした。

Kuroharaajisasi71319

飛びものはまともに撮れないので画面の片隅に写っているのをトリミングしてます。

Obitonbo71119

クロハラアジサシがいてない間に撮影した虫でも。コフキトンボ♀の帯トンボ型

Tyabanetuyahamusi71119

柵の中にいてたので近寄れませんでしたがチャバネツヤハムシかもしれません。

Hariganeotibatake91117

今日はキノコがよくはえてきてました。ハリガネオチバタケもきれいなランプシェードを並べてました。

Hanaotibatake91117

正直ハリガネオチバタケとハナオチバタケの区別って見た目でははっきりしません。

Onihusube71119

以前オニフスベが出ていたところに行くとそれっぽいけどまだ小型の幼菌が一つでてました。

Kinoko07041

モリノカレバタケの仲間だと思うけど名前は特定できてません。

Kinoko07044

こっちはホウライタケの仲間っぽいが・・・

Kinoko07043

きれいなキノコだけど名前がわかりません。

Hebikinokomodoki71119

これはヘビキノコモドキで間違いないはず。

Akadamakinugasatake71119

竹林の中をのぞき込むと一つだけアカダマキヌガサタケがでてました。これに近づくには周囲の枝を切り払って進むしかなさそうです。

Akaganesaruhamusi71119

橋を渡ったあたりでブドウの仲間が生えているのに気づきました。そしてそこにはアカガネサルハムシが一匹。へえ~、こんな所にもいてるんや

Yaguratake71119

倒れた古いキノコからまた白っぽいキノコがでてました。ヤグラタケというやつですね。

Sumirehokoritake71119

花壇の芝生に茸っぽいものがころがっていました。虫食いだらけですがスミレホコリタケとおもわれます。もしかしたらキクメタケの可能性もあるかも

Kuroharaajisasi71619

クロハラアジサシをもう一度見に行くと青空を背景にとまってました。飛び出しを撮りたかったので少しねばってみました。

Kuroharaajisasi71119

電線ってやっぱりとまりにくいみたいですね。戻ってきてとまるのにバランス悪そうでした。

Kuroharaajisai71719

クロハラアジサシのエンジェルポーズが撮れたので今日はこれまで。

June 29, 2019

キヌガサタケ

Kinugasatake62319

先週は乾燥したキヌガサタケがみれただけでしたが、あれから約一週間がたち雨も降ったので新しいのが出ているかもと思って仕事前にのぞいてきました。

Kinugasatake62119

狙い通り!キヌガサタケを二つみつけました。一つはみつけた時にはなにやら黒い大きな虫がついておりグレバや編み笠の上の方を食べてました。近くでよくみようとすると逃げてしまいましたが、前胸部が赤い甲虫だったように見えました。いったいなんの虫だったのか気になります。ま、胞子をあちこちに運んでくれればまた来年とかに他の場所でもキヌガサタケが見られるかもしれませんのでいいですけどね。

Kinugasatake62219

惜しい・・・虫に食われてなかったらもっときれいなのに。

Kinugasatake62519

もう一つのキヌガサタケがこれ。

Kinugasatake62419

違う向きのも撮ってみました。背は低いけれどその分スカートの膨らみが豊かになり、まさにエレガントな女王様です。でもうんこ臭いというのがたまに傷ですけどね。

June 24, 2019

虫と乾燥絹傘茸

Nihonkawatonbo61119

今年はミドリシジミを見ていないのでハンの木のある公園に車で連れて行ってもらいました。オスはいてなくてもメスならけっこう長く見られるはずなので期待してたのですが・・・

Semadarakogane61119

黒いのでクロコガネかと思ったのですが、セマダラコガネの黒色型ではないかと。

Semadarakogane61219

こちらはずいぶん大きいのでほかの虫かと思いましたが、やっぱりセマダラコガネだと思います。

Bararuritutuhamusi61119

きれいなハムシなんですが名前はとくていしづらいですね。バラルリツツハムシかも

Marumunejoukai61119

普通のジョウカイボンのつもりで撮りましたが胸の黒い紋があることと上翅後半も黒っぽいのでマルムネジョウカイというやつですね。

Ooitotonbo61119

オオイトトンボがいつもの池にいてないので今年はダメなのかと思ったら少し南側の池にいてました。

Kiitotonbo61119

キイトトンボは今年も元気です。

Nihonkawatonbo61219

驚いたことに春のトンボであるニホンカワトンボ♂がまだいてました。カワトンボの中では真っ先にいなくなるはずなんですが今年はどうしたんでしょうね。

Obabotaru61119_20190624005201

この前撮ったオバボタルはどうも特徴がはっきりしなかったのですが、今日見たものは触覚も長く平たく、赤い斑紋も小さめ。まちがいなくオバボタルですね。

Nenkin61119

粘菌の休眠体らしきものを撮ってたら

Nijigomimusidamasi61119

ニジゴミムシダマシをみつけました。

Midorikamikiri62119

ミドリカミキリに今年はよく遭遇します。

Ootyabaneseseri61119

オオチャバネセセリを久しぶりに見ました。

Ruritateha61119

離れた木には樹液が出ているのかルリタテハがきてました。ええ色してます。

Kooniyanma61119

コオニヤンマが出てきましたね。こいつが出てくると川沿いにいてる他のトンボも食べてしまうのでちょっと困りものです。結局今日はミドリシジミどころかほかのゼフィルスにも遭遇しませんでした。ただ車で引き上げるときにアカシジミかと思われるのが飛んでいるを目撃しました。

Kinugasatake61119

家に戻るのに寄り道をしてキヌガサタケの様子を見に行くと去年と同じ場所に一つでてました。しかし、すっかり乾燥して七夕飾りか切り干し大根みたいになってました。半日ほどしかもたない茸だし雨も降っていないのでしかたないのですが瑞々しさがなさすぎるのでもしかしたら昨日でてきたやつなのかも

Kinugasatake61219

倒れかけてるものを助け起こしてさらに接合手術をくわえたらこのとおり。今年もキヌガサタケを見ることができました。

June 21, 2019

三光鳥と蛍

Sankoutyou61619

アカショウビンを期待してやや遠い森に連れて行ってもらいました。結果から言うとアカショウビンの今日のお出ましはありませんでした。遠くの声をきいた人はいてたみたいでしたが・・・。

Miyamakawatonbo61119

現場に着いて川沿いを登っていってるとミヤマカワトンボがいてたのでちょっと遠いけど一撮影。まともに翅が開いたのが撮れたのはこれ一枚。しかもトリミングしてます。

Moriaogaeru61119

モリアオガエルが一匹いてました。卵塊の上にとまってるのを撮ってみたいものです。

Obabotaru61119

小さなホタルをみつけましたがこれはたぶんオバボタルとかいうホタルかと・・・

Sankoutyou61119

近くにはサンコウチョウも

Sankoutyou61419

サンコウチョウはたくさん入ってるみたいですね。こちらのペアは夫婦初の共同作業というやつで巣を作ってる段階。

Sankoutyou61519

Sankoutyou61319

こちらがメス

Sankoutyou61719

枯れた枝葉が邪魔だけどまあ写ってるので・・・

Dabidosanae61119

サンコウチョウもずっと追いかけてると疲れるのでほかに撮影できるものを探しに徘徊。ビニールシートの上にとまってくれたダビドサナエ♀

Eguritorakamikiri62119

積み上げた薪にはエグリトラカミキリ

Genjibotaru61119 

水辺近くの栗の木でゲンジボタルを見つけました。

Genjibotaru61219

お尻には発光体がついていてこれが光ります。

Genjibotaru61319

すぐに飛ぼうとするんですよね。

Genjibotaru61419

手乗りぼたるなどを撮って遊びました。アカショウビン撮りたかったなあ・・

June 18, 2019

ウラナミアカシジミなど

Uranamiakasijimi61119

今日もゼフィルス探し。今年はゼフィルスは不作なのか、いてるのはいてるけど数を見ることがありません。昨年の台風の影響かただ蝶運が悪いだけなのか・・・

Kutibutozoumusi62119

最初に撮ったのは緑っぽいゾウムシ。コフキゾウムシかと思ったけれど触覚が長いのでちょっと違うような。クチブトゾウムシの仲間ということにしておきます。

色々と調べてみたところ一番近いと思ったのがオオクチブトゾウムシ。黄色っぽい粉をふき地色が赤味のある茶色というのが判断の根拠なのですがいかが?

Togeari61119

湿地の木道でよく見かけるトゲアリ。アリタケという冬虫夏草を探してみたのですが残念ながらみつかりませんでした。

Oomonsironagakamemusi61119

カメムシはよくみつかりました。オオモンシロナガカメムシとかいうカメムシ

Oohosikamemusi61119

オオホシカメムシ

Tobiirooohiratakamemusi61119

トビイロオオヒラタカメムシだったかな?

Hannokihamusi61119

たぶんハンノキハムシ

Muneakaooari61119

これはムネアカオオアリだと思います。

Midorisugitake61119

Midorisugitake61219

茸も雨が降って出てきました。最初は黄色いヒダを見てサマツモドキかと思ったのですが、サマツよりもヒダが粗いことやうっすらとツバのあとがみられるのでミドリスギタケではないかと・・・

Mujinatake61119

ムジナタケがたくさん出てました。

Turutake61119

まだ傘がひらいてないけどツルタケだと思います。

Musi06171

茶色のハムシっぽい昆虫。名前はわかりません。

以前キイロクチキムシというのを栗の花でみつけて悩んだことがありましたが、これもクチキムシ科の昆虫のようです。候補としてはクリイロクチキムシかウスイロクチキムシあたりかな・・

Hutasujisanae61119

久しぶりに見たフタスジサナエ

Harabirotonbo61119

ハラビロトンボ♀もいてました。

Uranamiakasijimi61419

栗の近くでやっとみつけたウラナミアカシジミ

Uranamiakasijimi61219

色々やってみたのですが体全体が見えないんですよね。顔がのぞいてるだけでよしとしますか・・・

Hemerokarisu61119

最後にヘメロカリスが咲きだしてたので記念写真📷

Sasayuri61119

園芸種ではない天然のササユリが一つの茎に数輪花をつけてるというので帰りに見に行ってきました。

«ゼフィルスとクロツバメシジミ