July 21, 2017

今日もキノコ探し

Sakebatake72117
 
前回ヘルメットマウンテンで見に行かなかったところのキノコなんかを撮りにでかけました。まずは出だしだけを撮ってその後どうなったか気になっていたサケバタケから Sakebatake72217 ストロボも使ってみたのですが汚い黄色にしか映らなかったのでノーストロボで。襞が少ししわしわの上に茶色くなってました。
Kesyouhatu72217_2 今日はお子様の団体さんで池の周囲が賑やかでしたのですぐに移動。樹液の出てる木からはかなり臭ってくるのでカブトムシでもいてないかと思ってうろうろしながら上を見上げてましたがカナブン以外にこれといった虫はきてませんでした。目を下に向けると薄黄色をにおわせたピンクのケショウハツなんかがあるのでそれを撮ってみました。 Beniusutake71117 今年もベニウスタケはたくさん出てましたが、大きくなるのはまだこれからといった感じ Miyamabeniiguti71117 ミヤマベニイグチはまだ撮ったことないキノコだと思ってたんですが、ここでコウジタケだと思ってたキノコがどうもミヤマベニイグチみたいです。色が薄いので思いもよらなかったけど管孔面を傷つけてみても青変性はありませんでしたのでミヤマベニイグチということに・・・もっと色が濃いくないとベニイグチらしくないんですよね。 Beniiguti73117 で、お山の裏道を歩いていてみつけたこれがベニイグチ Numerikoujitake71117 今日いちばんたくさん見たイグチがこのヌメリコウジタケ。あまり雨が降ってないのでぬめり感はあまりありませんけど・・・ Oosiroonitake71117 本日最大のキノコ。オオオニイグチやったかな Oosiroonitake71217 まだ開ききっていないのも Botanibotake72117 そういえばここで撮りたいと思ってたウスキテングタケ・・・近くにあったコナラの木が伐採されてしまったっため目印がなくなりすっかり撮り損なってました。やっとそれに気がついた時にはもう遅しで、どれもこれもシオシオのパ~(ρ_;) 代わりといってはなんですがボタンイボタケかな?と思って撮ったキノコは↑こんなふうになってました。すっかり厚みがなくなり扁平な感じでした。 Kiiroiguti71117 なんかもの足りない感がいっぱいでレストハウスで休憩の後、東側の軽登山路を少し歩いてみることにしました。あんまり奥に踏み入るわけではないけど道沿いだけでもけっこうキノコがみられます。キイロイグチがありました。 Daidaiiguti71117 ダイダイイグチもでてます。 Kinoko07201 う~む・・・白いキノコでツバがあるというとシロタマゴテングタケとかドクツルタケが思い浮かぶのですがさて?
                                        Matuouji71117 Matuouji71217 
見晴らしのよさげなところに出ると巨大なマツオウジがお出迎え。小さいのも茂みの中にありました。
Kinoko07202_2
 
これも正体がはっきりせんキノコで管孔面はわりときれいな黄色で密で青変性があるんですよね。 Konakaburitengutake81117 見た目がボロボロなんで無視していこうかと思ったけど思いなおして撮ったキノコ。たぶんコナカブリテングタケかと。初見 Hiroobijoukaimodoki71117 池の橋の上にたって携帯をかけてた時に撮ろうかやめようか悩んでいたハムシ。小さすぎる上に距離が70㎝以上あるので撮影しにくい。ヒロオビジョウカイモドキという名前らしい Miyamabeniiguti71217 公園の入り口近くでみつけたミヤマベニイグチと思われるキノコ。開ききった姿よりもこちらの方がそれらしく思います。写真を撮るにはもう暗いので今日はこれまで

July 20, 2017

サンコウチョウに威嚇される

Sankoutyou71117
 
もしかしたらまだ見たことのない赤い茸に出会えなるといいなと思ってトンネルのむこうがわに朝から行ってみました。今年は春の雨不足がたたってかキノコも出足が悪くて、あんまり期待はできないんですよね・・・。
Kasiruriotosibumi71117_3 カシルリオトシブミかな?めちゃんこ小さいのでマクロモード+2倍デジタルテレコンで撮影 Hanaotibatake71117_2 ハナオチバタケも出てました。 Sankoutyou71517_2 赤いキノコを探して少しだけ山道の方を歩くと何か変わった声の鳥が近くにいてるのに気がついてあたりを見ると、なんとサンコウチョウがいてるじゃありませんか!もう一羽サンコウチョウがいてるようなのでそちらと鳴きかわしてるのかな?どっちにしても尾の長いやつではないけどね。 Tamagotake71117 藪の中を見下ろしてると赤いタマゴタケが見えたので下に降りてから無理な斜面をなんとか這い登り、なんとかタマゴタケGET Kappaturutake72117 その近くでツルタケが出ていたのでこれもcamera  このツルタケは少し違和感を感じます。カバイロツルタケというには柄の色とか違うし、普通のツルタケにしては妙に条線との境目がくっきりしてるような・・・カッパツルタケとかいうのがあるそうなのでもしかしたらカッパなのかも?
Sankoutyu71317_2
 
木のベンチの方に行こうとすると再びサンコウチョウが!それにしてもサンコウチョウにしてはおかしな声で鳴くし、やたら下の方にやってきます。えっ?もしかしたら威嚇されてるの?そのうちにこっちに向かって突進してきたりしてちょっとびっくり。もしかしたらどこかに雛がいてるのかもしれないと思ってそこは退散。 Kokabutomusi71217 樹液のでてる木にはよくクワガタムシやカブトムシがいてたりするのでそれとなく注意しながら歩いてると一匹発見 Kokabutomusi71117 スジクワガタのメスかなと思ってあんまり撮らなかったのですが、うちに帰って調べるとクワガタムシでそれらしいのがいてない。ほかの甲虫を調べてる時に気がつきました。コカブトムシ♀ですやん!たしかに胸?のあたりに少しくぼみがあるし、なんといっても頭に小さな小鬼の角みたいなのが一本あるじゃありませんか。しまった~!コカブトムシなんか遭遇することなさげな虫なのに、もっと撮ればよかった(。>0<。)
Nenkin7201_2 山道を歩いていて道端に黄色い粘菌の塊を見つけました。これからどう変化していくのでしょうね。
                  Kusahatumodoki71217_2 Kusahatumodoki71117_4
今日いちばんたくさん見たキノコがこれ。クサハツモドキかクサハツだと思うのですがどうでしょう?
 
                  Kesyouhatu71117_2 Siroonitake71117_2
白地にわずかに紅が入ったきれいなキノコ。ケショウハツかな? オニテングタケも出てきていよいよ夏本番といった感じですね。
Kurotitidamasi71117_2 ここは小さなキノコがとても多いところです。これなんかクロチチダマシというキノコがあやしいけど、よくわかりません。  
                  Niwatake71117_2 Kikubanaiguti72117_2
左がニワタケで右がキクバナイグチ

Okinakusahatu71117 クサハツのようなオキナクサハツのような・・・? Sazanamiiguti72117 このイグチも正体がはっきりしません。 Jakouageha71117 ジャコウアゲハ♀が小さい広場にいてたので撮影 Kamemusitake73117 今日もカメムシタケを見つけました。 Kappaturutake72217 やっと山の周回コース終了。さっきのカッパはすっかり平たくなってました。 やっぱり普通のツルタケなんかな?    

                 Sankoutyou71617_2  Sankoutyou71717_2
もういてないだろうと思ったサンコウチョウはまだいてました。近くに飛んできてもこう暗くてはブレブレでどうしようもないので引き上げることに
Miyamaakane71117泥濘の道の先に今年もミヤマアカネがいてました。
Batta07202なんかわからないバッタみたいなのを撮って今日はこれまで
 この虫はササキリの幼虫らしいというのが わかりました。        

July 16, 2017

黒い小粒茸と白い椋鳥

Kotubutake71117
 

今日は日曜日だけど昨日の疲れもあるし、夕方から所用もあるので休み。水曜日に小学校裏で見つけておいた黒っぽいコツブタケを採集してきたのでそれを撮影。 Kotubutake71217 黒といっても黄色い部分も混じった複雑な色なんですけどね。コツブタケというと茶色いというイメージなんですよね。 これは水曜日に撮影しておいた画像

Kotubutake72117_2

 

で、今日採集してきた時点での画像。けっこうしっかりした根?を持ってます。 Kotubutake72217 まず半分に切ってみました。思ってた通りかなりが茶色く胞子化してました。
                                       Kotubutake72317 Kotubutake721417
さらにそれを半分にスライスしてみました。さすがに端の方の部分はまだ胞子化が進んでいないような
Mukudori71117_2
 
夕方になったので出かけようと玄関を出たところ前の街路樹下に今日はムクドリが集まってました。上から見るとその中の一羽が白く見えます。白といっても頭部だけであとはほかのムクドリとまったく同じ。部分白化のムクドリのようですね。 Mukudori71217 普段はムクドリが騒いでいても見向きもしなかったけれど、これからは近所のムクドリにも目を向けることにしましょう。

July 15, 2017

夏の昆虫と茸探し

Oomurasaki71217_2
 
うちの周りでクマゼミが鳴き始め、暑さと湿気のほかに音でも夏を感じる頃になりました。クマゼミが鳴きだすと梅雨も終わりが近づいてることになるのでしょう。夏の昆虫などを探しに今日はお山の公園に連れて行ってもらいました。
Benihimeyokobai71117
最初に撮影したのは小さな赤い虫。あまりにも小さいのでトリミングしてます。なんか虫というよりはグッピーとかの熱帯魚のような感じに見えます。ベニヒメヨコバイかな?
 
Bekkouhagoromo71117 キベリハムシでもいてないかなと思ってサネカズラのあるところに行きましたが残念ながら見つからずまたまた小さなベッコウハゴロモの幼虫なんかを撮ったりしてると
                 Oomurasaki71117  Oomurasaki71317
 
オオムラサキ♀を見つけました。オオムラサキはもう一頭いてたのですが、どこかに飛んで行ってしまったのでオスだかメスだかは確認できませんでした。
 
Kurianaakizoumusi71117 ここでのほかの収穫は大きなゾウムシがいてたこと。 Kurianaakizoumusi71217 クリアナアキゾウムシというみたいです。 Kogasiraawahuki71117 茶黒い虫もいてました。名前をしらべても絶対これというものはわからないけどコガシラアワフキというのがこれに近いように思います。
                  Yamadoritakemodoki73117 Yamadoritakemodoki73217
 
キノコ探しもしましたが圧倒的に多いのはヤマドリタケモドキと思われるキノコですね。あちこちにはえてました。
 
Kinoko07151 ヘビキノコモドキのような違うような微妙なキノコもありました。 Tamagotakemodoki71217 とても興味をひいたキノコがありました。初めてみましたが、おそらくタマゴタケモドキというキノコだと思います。 Tamagotakemodoki71117 ツバがあってキタマゴタケに似たキノコだけど傘に条線がありません。今日見つけたのはわりと小型なのでキタマゴタケと間違うことはないと思うけど、猛毒のキノコです。キタマゴタケと間違って食べると危険! Himekurootosibumi71117 移動先で見つけたヒメクロオトシブミ。2匹いてました。Turutake71117
移動していて大きなツルタケを見つけました。まだツボの鱗片を傘につけたままのキノコです。
Musi71117 ゴミやらなんやらを背負って動いてた虫を発見。クサカゲロウの幼虫なんかはこんなことをするのだそうですがゴミに化けて身を守ってるのでしょうね。 Beniiguti72117 今日も見事に美しいベニイグチを見つけました。ここでベニイグチを見たのは初めてです。 Kabairoturutake72114 カバイロツルタケの幼菌かな?卵から出てきたばかりですね。ということで初物としてタマゴタケモドキが撮れたのがちょっとうれしい日でした。

July 13, 2017

触ると危険、食べたら死ぬで

Kaentake71117_2
 
今日はお山の公園の西側と山の上の方を捜索しようと考えて出撃。
Hasamitunokamemusi71117_2

ベンチに座ってカメラの準備をしていたら肩に何かとまりました。あわてて払いのけたらそれがハサミツノカメムシ。たまたま近くにニセショウロの仲間がはえてました。

Midorinigaiguti71117_2

ミドリニガイグチの団体さん。黄色っぽく見えるけど図鑑の解説にある通り、柄に赤い部分があるんで間違いなくミドリニガイグチだと思います。

                               Murasakihoukitakemodoki71117_2 Kihidatake71117_2

ムラサキホウキタケモドキとキヒダタケ。掲示板前の石垣上にはイロガワリキヒダタケがいつもはえるけど、ここのは普通のキヒダタケで傷つけても変色しません。

Kuriiroiguti71117_2

自然の家方面に出ようとして見つけたクリイロイグチとおもわれるキノコ。茶色い傘に水滴がついていて面白いかも

Nisinomiya71117_2道を渡るときに気がついた平面ガエル。ぴょん吉、懐かしい~!

Kotengutakemodoki71117_2

コテングタケモドキかな。ほかにもっと大きなものもあったけど幼菌とともにあるのがいいよね。

Kiguti07131_2

傘の裏が濁った黄色をしてたけど名前のわからない大型のイグチ

Momijitake71117_2

モミジタケのつもりで撮ってるけど、モミジタケによく似たキノコがあるとどこかで読んだような・・・

                                       Siroibokasatake71117_2 Siroyaritake71117_2

シロイボカサタケとシロヤリタケかと・・。シロヤリタケは階段から出てました。春はここらへんを登るとシャグマアミガサタケやオオセミタケがはえていたのに今日はこれといったものがみつかりません。

Kaentake71217_2

山の天辺の木陰のベンチで昼食。アオゲラとかホトトギスでも飛んでこないかなと思ったけどとくに何もなし。気まぐれで来た時とは違う道を通って降りようと思い少し森の中に入るとなんと木の付け根にこんなキノコが!初めて見たけどカエンタケですやん。そこらへんにカエンタケ注意の札がはってあるけどもうこの時期からはえるんや

Kaentake71317_2   

小さなのもあちことから出てます。カエンタケは触るだけでも炎症を起こす可能性のある超猛毒茸でとくに珍しいキノコではないらしいですが、クヌギやコナラなどの枯れ木の下から出てきます。 最近はカシノナガキクイムシによるナラ枯れが多いためにカエンタケもまた増えているということらしいです。

                                        Kaentake71417_2 Kaentake71517_2

ほかの木の下も見てみると同じようにはえてました。ここらへんは猪が耕してるけど猪はこんなものは食べないのかな?

                                        Kuroazaawatake71117_2 Kuroazaawatake71217_2

そのままこのルートで山を下りて行ったのですが、これがとんでもない道で急こう配のただの細い山道を近くの木にすがりながらひたすら下の道を目指しました。杉木立のあたりでちょっと気になる茸がありました。キッコウアワタケかクロアザアワタケか迷ったのでで裏面をいらうとすぐに青く変色していきます。キッコウアワタケでは極端な変色性がないそうなのでこれはクロアザアワタケでいいはず。

 
Iguti07132_2

やっと急斜面が終わったようでほっとしたけどここがどこら辺になるのか不明。しかし、キノコがたくさん生えている場所です。さっそく名前はわからないけどピンクの傘のきれいなキノコを発見。イロガワリなのか?

                                       Iguti07133_2 Kinoko07134_2

立ち上がって先を見るとなんと大型キノコの団体さんがあるじゃないですか!でもこのキノコたちの名前がわかりません。こっちの方はあまりこないので知らなかったけどここはなかなかのキノコポントかも

Nagaenourabeniiguti71117_2       

やっといつもの山の裏の周回路にたどり着いたみたいで一安心( ̄○ ̄;)! 少し歩いて気がつきました。この溝を掘ったような狭い道は・・・ほとんど山の西側の裏じゃないですか。ここなら池のほうから下におりてすぐのはず。池横の登山路とはぜんぜんつながってないのね。池の方から楽な道を通って帰ってもいいけど山の裏にはまた何かはえてるかもと思って構わずに前進。傘の裏面の色にやや不満があるけどナガエノウラベニイグチではないかと思うキノコを見つけました。

Haiiroonitake71117_2   

やっといつも歩くあたりに来ました。この前来たときにはなかったはずだけど、ハイイロオニタケと思われるキノコが今年も出てました。

Beniiguti71117    

こんな大物まで隠れてました。傘の色は少し淡い色だけどベニイグチですね。

                                       Kikubanaiguti71117_2 Karebakitunetake7117_2

駐車場前まで戻ってきました。色の悪いキクバナイグチカレバキツネタケ

Konbouamebati71117_4
 
 

オマケ。山登りの途中で飛んできた大きな蜂。コンボウアメバチという蜂です

July 09, 2017

夏の茸はイグチから

Akayamadori71317
 
そろそろヘルメットマウンテンにも夏の茸が出ているだろうと思って雨のやみ間にバイクでGO
Kumotake72117 いつもの所には今年もクモタケがたくさん出てました。 Kiamiasiiguti71117 下の池に降りていく途中で目にも鮮やかな黄色いイグチ。最初はキイロイグチだと思って撮ってたんですが、柄を見ると網足になってるのでキアミアシイグチだと思います。 Yamadoritakemodoki71117 池の縁に降りるとヤマドリタケモドキと思われる大きな幼菌がお出迎え。もしかしたらと見上げると
                 Akayamadori71117  Akayamadori71217
ありました。アカヤマドリ!去年も早い目にここに出てたんですよね。  
                 Osiroitake71117_2  Togaribeniyamatake71117_2                     
ソライロタケとかスミレホコリタケとか生えてないかと思ってぐるりと池をまわりましたが今日は見つからず。オシロイタケとか尖ってないけどトガリベニヤマタケみたいなのを撮って登り道へ。
Sakebatake71117 石垣の下から見上げると倒木の影に何か黄色いものが見えるので望遠で一枚camera 図鑑の中でこれに近いと思われるのはサケバタケというキノコなんですがどうでしょうね。もっと大きくならないとはっきりとはわからないかな
Akakubinagahamusi71217 レストハウスにあと少しとところでちょっと気まぐれをおこして展望台方面に寄り道してみました。途中のサルトリイバラかなにかにルビーレーッドの小さな虫を発見。へ~ こんなにきれいな赤色の虫は珍しいなと思ってしばらく撮影。 Akakubinagahamusi71117 帰ってから調べるとアカクビナガハムシというのがそれらしいです。
Awtake71117_2
このキノコ、よくみかけるのでアワタケかなと思って撮ってるけど自信なし
 
Irogawari71117 お昼を展望台ですまして、以前ここでコツブタケを撮ったなと思いだして裏を見るとイロガワリらしいキノコをみつけました。ほとんど虫食いでボロボロなんですが一応camera Akayamadori71417 再び歩き出して階段の上を見上げるとここにもアカヤマドリがありますやんヽ(´▽`)/  2か所でアカヤマドリを見つけたのは初めてです。
                  Iguti07091 Iguti07092
 
次に見つけたキノコの団体はやっぱりイグチだけど調べてもこれといった名前を見つけることができません。サザナミイグチあたりが怪しいと思ってるけど、知っているかたがいたら教えてください
                                       Yamadoritakemodoki71217 Tigirehatu71117_2
一緒に生えてたヤマドリタケモドキと色の薄いチギレハツタケだかカワリハツだかわからんのを撮ってからいつもの山の裏道へ。
Nigaigutimodoki71117_2
ニガイグチモドキと思われるイグチがありました。 アシボソニガイグチの方が近いかもBotanibotake71117 それときれいな形のものはないけれどボタンイボタケかもしれないキノコがいくつか   
                  Tengutake71117_2 Gomutake71117_2
テングタケとかゴムタケも久しぶりに撮影しました。
                  Kabairoturutake71117 Akaibokasatake71117
雨がふりそうになってたのですが倒れてたカバイロツルタケを拾い上げたり、色の薄いアカイボカサタケなんか撮ってると時間がかかってついに雨が・・・

Koujitake71117 雨で色落ちしたかのようなコウジタケを撮って今日は急いで撤収

July 06, 2017

白狐の盃など

Sirokitunenosakaduki71117_3 梅雨の晴れ間と仕事の休みがうまく重なったので今日は箕面にシロキツネノサカズキを見に連れて行ってもらった。初夏には定番の茸だけどまだ見たことなかったんですよね。
                  Kamemusitake72117_3 Kotubutake71117_3
 
その前に前回のカメムシタケを他の茸仲間が撮りたいというのできれいな苔の緑を背景に撮影会。コツブタケを持ってきてくれてたのでこれもカットして撮影。
Sirokitunenosakazuki71217
 
で、これがシロキツネノサカズキの開いたの Sirokitunenosakazuki71317 開きかけを上から撮ったやつ。開ききったものより開き始めの方がいいよね。 Sirokitunenosakazuki71417 横から見るとこんなんです。 Sirokitunenosakazuki71517 たくさん出てる枝があってきれいでした。 Daidaigasa71117 ほかのキノコも。まずはダイダイガサ Nunawatake71117 ヌナワタケだそうです。ジュンサイみたいなぬめりのことをヌナワというらしいです。柄の部分をみるとぬめりがあるのがわかります。 Kudahokori71117 粘菌も。クダホコリの出始めやったかな
                                        Edanasitunohokori71117 Tamatunohokori71117
左がエダナシツノホコリで右がタマツノホコリ
 
 
Nagaenotyawantake71117_3 ナガエノチャワンタケだと思います
                 Kinoko07071_3  Kinoko07072_3
                 Kinoko07073_3  Kunugitake71117_3

↑名前のはっきりしないキノコたち Usumaegurohanenagaunka71117_2 連れが何か見つけたらしくて喜んでました。行ってみるとガガンボみたいなへんな虫。帰ってから名前を調べるとウスマエグロハネナガウンカというのが近いような・・・ Usumaegurohanenagaunka71217 前から見るとなかなか愛嬌のある顔をしてます。 Otosibumika71117 ノブドウに来るアカバネサルハムシというのを撮りたかったのですが今日はお留守のようでした。それに近いようなのがいてたのですが逆光だし遠いしでよくわかりません。オトシブミの仲間かな? Esakimonkitunokamemusi71117 最後にエサキモンキツノカメムを撮って今日は終了。

July 03, 2017

亀虫茸など

Kamemusitake71217

もしかしたら冬虫夏草のカメムシタケなんかが出てるのではないかと思って去年撮ったポイントへ。駅について外にでるとお出迎えがありました。 Sesujituyumusi71117_2 駐輪場前を歩くセスジツユムシ?・・・アシグロツユムシとかホソクビツユムシといった似た種類もあるのでツユムシの仲間ということで。今日はハグロトンボとともにこの虫はいっぱいみました。 Kinoko07031 泥濘の道を捜索していておかしなものをみつけました。小さな切り株が針山のようになってます。
                  Kinoko07032 Kinoko07033
粘菌なのかなんなのか? 右の画像の黄色い部分は粘菌のススホコリかなにかだと思うのですけどね。
Kinoko07034_3
茸もでてますが名前はわかりません。
Yotusujikamikiri71117_2
左岸に戻っていつもの場所に到着。しかし、今日は階段を修理したのかきれいになっていて作業中なので少しほかの所へ。ヨツスジハナカミキリがいてました。
Kinoko03045_2
間伐材にはキノコもはえてましたが正体は不明。 Hagurotonbo71117 戻って来ると作業は終了してたので階段をあげって中へ。ハグロトンボがいてたのでたまには撮ってあげないとね。 Umanoketake71117 ウマノケタケがはえてたのでこれも撮影camera
                  Kinoko07036_2 Nenkin71117_2
 
名前のわからないマメザヤタケの仲間っぽいのとか白い粘菌とかを撮ってから登り道へ。 Kamemnusitake71317 すぐに赤い糸のようなものに目がとまりました。根元をゴソゴソするとやっぱり!カメムシがついてました。今期初カメムシタケ。それを撮っていると土留めのフェンスからも赤いものが出てました。枯れ葉ぐらいしかたまってないはずなのにえらく取り出しにくくて外に出すのに苦労しました。
                                       Kamemusitake71517  Kamemusitake71717 
とても長い柄をしてる上に途中で二股にわかれてたようです。そら おいそれとは出てこんわな・・
Kamemusitake71617_3寄生されてたカメムシはこんなん。名前は調べてません。
                  Kamemusitake71117_2 Kamemusitake71817_2
 
 

オマケといってはなんですがもう一個見つけてしまいました。 Kamemusitake71917_2 全部で3個カメムシタケをみつけましたが2個を並べて撮影。 Mamekogane71117 マメコガネかな?海を渡って米国の農作物をあらすジャパニーズ ビートルというやつですね。野菜嫌いの大統領にはどうでもいいかもしれないけど、不法移民どころのさわぎではないよね。

June 29, 2017

花、虫、茸@B公園

Hasu61117_2
 
お天気は今一つだけど茸の様子など見ておこうと思って出かけてきました。梅林の北側あたりはとくに何もなかったので南側へ。
                  Itatitake61217 Itatitake61117
 
すぐに茸を見つけました。どうやらイタチタケみたいですが、幼菌の傘に細かい毛みたいなのがたくさんついているのを見たのは初めてかも。このあとキツネタケはたくさん見ることになりました。
Uraginsijimi62117_2
飛び回っていたウラギンシジミ♂が見やすいところにとまってくれたので一枚camera
 
                 Hinanohigasa61117 Boberia62117
ヒナノヒガサやボーベリア菌に侵された小さなコガネムシを撮ってると
Kumotake61217_2
 
クモタケを見つけました。歩いているとクモタケはそのあといくつも見つけたので一つクモの巣穴を壊して取り出してみました。 Kumotake61317 クモは菌糸にまかれた状態で取り出しにくそうだったのでこれ以上は解体するのはやめておきます。 Kurokonomatyou62117 クロコノマチョウを見つけたので少し追いかけて撮影。 Amisugitake61117 アミスギタケなどを撮ってると雨が降り出したので、森の中にいてると傘をさすほど濡れることはないけれど雨宿りすることに。
                                        Kinoko06291 Kinoko06292
 
雨宿りのための移動中撮影したキノコたちですが名前はわかりません。
Murasakisijimi63117_2
 
今日はムラサキシジミをよく見ましたが、なかなかじっとして翅を開いてくれる子がいてなかったのですが雨があがってやっと開翅を撮ることができました。 Oohouraitake61117 松林には変わったキノコがはえてたりするので小川をまたいでそちら側も捜索。オオホウライタケを見つけました。色が白っぽいところがちょっと気になりますが、大筋では間違っていないはずsweat02 Kaimentake61117 松の木の付け根の部分になにやらキノコっぽいものを発見。触ってみるとフニャっとしてて、誰かさんのお腹のよう。たぶんカイメンタケの幼菌だと思うけど大きくなったころにまたのぞいてみたいと思います。
                  Kinoko06293_2 Benihidatake61117_2
 
日本庭園にも行ってみました。小さなテングタケの仲間が頭だけだしていたり、ベニヒダタケみたいなのもありました。 Hasu62117 蓮の花がきれいに咲いてましたので少しだけ撮影 Tyoutonbo61117 お天気がよかったらチョウトンボも倒立してくれると思うんですけどね・・・   
                  Turutake61117 Kawarihatu61117
 
ツルタケとかカワリハツみたいなのもすでに出ていました。 Nioikobenitake61117 ニオイコベニタケかな?雨にあたってなければもっときれいなんでしょうが Naratakemodoki61117 梅林で見つけたナラタケモドキHebikinokomodoki61117 ヘビキノコモドキも出てます。 Nejibana61117 ネジバナがもう咲いてました。この花は見つけると必ず撮ってしまいます。 もう閉園時間ですので出口に向かって移動してるとオニヤンマ♀が水路で産卵する姿をみつけました。 Oniyanma61217 上下運動するので大きく撮ることはできないけどなんとか写ってるのがあったので少しトリミングしてみました。
Oniyanma61117_2 ということでものすごく珍しいものが撮れたわけではないけど梅雨空が続いてやっとキノコも動き出したのがわかったのでこれからですね。

June 22, 2017

金色のUFO

Jingasahamusi61117_2 今日もゼフィルスを求めて出かけてみました。森の中へと続く道にこれから入るぞという時に畑地の端っこで探してみたいと思ってたジンガサハムシを見つけてしまいました。その時はカメラを出す暇もなく撮れはしなかったのですがここでしばらく立ち止まって捜索してしまったので目的地に到着するのが少し遅れてしまいました。 Midorisijimi62117_2 ポイントに着いてすぐに開翅してくれた蝶を遠くに見つけることはできたのですが、翅表は青みを帯びた褐色でミドリシジミ♂には違いないとは思うけど翅の色がちがって見えるのはおそらく後ろ向きだったからと思われます。しかも、2枚撮っただけで目を離したときにどこかに隠れてしまいました。 Semonjingasahamusi61117_2 ミドリシジミはいなくなっても諦めきれずにそこらへんをウロウロしてたら、なんときらりと金色に光るジンガサハムシをみつけました。しかし、よく見ると背中には金色に輝くⅩの文字が!セモンジンガサハムシという種類のようです。

Benisijimi61117_3 今日は栗の花にもゼフィルスは見つけることはできずベニシジミがいてました。 Uraginsijimi61117_2 ウラギンシジミ♀がフジの蔓に産卵してましたのでカシャcamera
Monosasitonbo61117_4
トンボはモノサシトンボがつながっていたのでcamera
                                       Namitentou62117_3 Namitentou62217_3
星の数と色が違うナミテントウです。
 

Himekurootosibumi61217_8 オトシブミが初めてまともに撮れました。 ヒメクロオトシブミというやつですKurourihamusi62117 クロウリハムシだな Kimadaraseseri61117 キマダラセセリがきれいだったので一枚

                 Urihamusimodoki61117  Kikubiaohamusi61117

小さな虫はたくさん見れました。(左)ウリハムシモドキと(右)アオバネサルハムシ

Jingasahamusi61217 帰るときにジンガサハムシのいてたヒルガオの咲く場所によってみました。ジンガサハムシはすぐに見つかりましたがその姿からは想像できないくらい素早くて近くで撮るのも離れて撮るのも一苦労。それでもシャッターをきることはできたので撤収。ゼフィルスはダメでも森の宝石をゲットできたのでこれでよし!

June 19, 2017

深山鴉揚羽

Miyamakarasuageha61717
 
 
午前中は色々と雑用をこなしてたので昼から出かけてみました。ゼフィルスの方も今一つ今年は発生がよくないような感じですのでゼフィルスとは関係ないジンガサハムシの食草になるヒルガオを探しにFirst canion方面へ。最寄りの駅についてみると今日はかなり暑いので水を買って折り畳み傘を広げて歩くことにしました。 Himekimadaraseseri61117 谷の入り口近くの小川の上をカラスアゲハが飛んで行ったので今日はもしかしたら谷の中に入ると吸水してるカラスアゲハに出会えるかも。それよりもどこかにヒルガオがないかと思って上の栗林のあたりも歩いてみましたがぜんぜんありません。ここらの農家の人たちはじつに勤勉で草刈りをよくするみたいでヒルガオなんて雑草は刈り残すことはしないんでしょうね。で、ほかにみつけたのはかなり擦れたヒメキマダラセセリのみ。緑地の乗馬センターから手に入れたあれを利用した堆肥を積み上げてあったので雨が降ったらそういった場所にはえるキノコが出てくるかも。 Miyamakarasuageha61117_3
収穫はないけど暑いので涼しげな谷に入ってみました。もう夕方ですので河原にはンコ少年たちとかばか者たちの姿はなし。代わりにハイキングコースの上にシカの群れがいてました。鳥の声を聞きながら河原を行くと隠れるかのようにミヤマカラスアゲハ♂が吸水に降りてました。
Miyamakarasuageha61217_2
夏羽のミヤマカラスアゲハの後翅裏面の半月状の白線ははっきりしなかったり消失してるものも多いのにこの個体はまだきれいな白線をしてます。
                                       Miyamakarasuageha61317_3 Miyamakarasuageha61417_3
Miyamakarasuageha61517_3
そして美しい翅表をご開帳~(o^-^o) 
Miyamakarasuageha61617_3
ちょっと角度的によくないので上から撮るといいかもと思い、以前ナラタケモドキを撮った根際にあがって撮ろうとすると逃げられてしまいました。そして飛んで行った先が最初の画像になります。
Awabuki62117_2
大きなアワブキの木がありました。きっとスミナガシやアオバセセリが発生すると思うのですがここではまだ見たことありません。
Hebiitigo61117_5
 

谷の入り口に戻って帰り支度をするために腰かけてると横にヘビイチゴがありました。鮮烈な赤が気に入ったので最後に撮って今日は終了

June 18, 2017

ミドリシジミ登場・・だが

Midorisijimi61117今日もゼフィルス探し。そろそろミドリシジミが現れておかしくない時期になりましたし、来週は天気がよくないというので今のうちに撮っておこうと朝早い目にでかけました。ミドリシジミの食草であるハンノキが川沿いに現れだしたあたりで携帯が・・・。日曜出勤予定のものが風邪で休んだので代わりに出勤することに。目的地に着く前にいきなりカラータイマーが赤になった気分。目的地に到着すると最初はぜんぜん見つからなかったので木道の上まで行って戻ってくると途中で笹の上から飛んで木道にとまったミドリシジミがいてました。飛んだ時に緑色に翅が輝いたのでオスです。しかし、木道の振動で再び笹の中に入り込み撮りにくいところへ。けっきょくミドリシジミはこの一頭のみ。

Murasakisijimi621117_3

青く輝く翅の蝶が飛んだのでゼフィルスかと思って喜んだのですがムラサキシジミ♀でした。ずいぶんときれいな翅をしてるので最近新たに羽化した個体なんでしょうね。

 

Togeari61117_2 木道の手すりの上に大きな蟻がいてました。大きくてもアリンコですのでトリミングしてますが、トゲアリというやつです。 Rurisijimi61117_2 時間がないので今までゼフィルスの遭遇したあたりを大急ぎで見て歩きました。しかし、みつかるのはルリシジミぐらいでぱっとしません。 Hosomiotunenntonbo62117 蝶がダメならトンボでもということで撮ったホソミオツネントンボ Mizuiroonagasijimi61217 元の木道付近に戻ってきました。下でウラナミアカシジミも見つけたのですが残念ながら撮りにがしてしまいました。残念!でも、ミズイロオナガシジミはGET! Mizuiroonagasijimi61117 同じ場所だけど尾状突起が良く写ってるやや小さめの画像も Oosiokaratonbo61117 最後にきれいなオオシオカラトンボを撮ってから急いで職場に。歩きと電車では急いでも急ぎようがないけど思ったよりも時間がかかりました。sweat01

June 15, 2017

アカシジミとウラゴマダラシジミ

Uragomadarasijimi63217
 
今日は仕事は休みだったのですが、午前中は歯医者にいったりしないといけなかったのでお昼ごろに遅い出撃です。この時間では歩きに時間がかかるところにはいけないので電車を降りるとそこはフィールドだといういつもの所です。 Akasijimi63117 ハイキングコースを歩いてみましたが栗の花にもゼフィルスはみつけられず、その近くでやっとアカシジミを一頭。その後、山道も登ってみましたが収穫はなし。 あっという間に夕方になってしまったのでまた栗の木の前でなにかいてないかと思いみてますと Akatateha61117 撮りにくいところにアカタテハが下向きにとまって吸蜜してました。 Akasijimi63217 夕日のあたる葉の上にはわりときれいなアカシジミもいてました。
Akasijimi63317
すぐ近くの木にアカシジミが降りてきたので見てると、どうやら産卵しているようでした。アカシジミの食草はクヌギやコナラなんですが、アラカシなんかも食べるそうなのでアラカシの木なんでしょうね。枝先などの葉の付け根に卵を産み付けるようです。
Uragomadarasijimi63117
もう日没前ですので帰るつもりだったのですが、この暑さなら地上で水分補給する蝶もいてるかもしれないと思って対岸の泥濘の道を少しだけ歩いてみました。こう雨が降らないとさしもの泥濘の道の水たまりもすっかりなくなってましたが、まだ湿気が多く残る水たまり跡にはクロヒカゲとかルリシジミがきていました。今まで気がつかなかったけど、ここにも栗の木があり背が低い木なので蝶がいたら撮りやすそうです。栗の花を見上げてるとなんとウラゴマダラシジミを見つけました。こんな時間でも蜜を吸うのがいてるんですね。
Uragomadarasijimi63317
さらにもう一頭見つけました。こちらの方が翅に傷みもなくとてもきれいな個体です。ウラゴマダラシジミはよく訪花する蝶といいますが栗の花にとまってるのは初めて撮ったかもしれません。
Ramikamikiri61117
久しぶりにラミーカミキリを見つけました。同じ葉の上に2匹がとまってました。おそらく体が大きい方がメスで小さい方がオスなんでしょうね。ラミーカミキリもいい色をしてますが、ルリボシカミキリというのを撮ってみたいものです。箕面で撮った人もいてるけれど北の山にはよくいてるみたいです。
Yamaajisai61117
6月の花といえばアジサイですね。これはたぶんヤマアジサイだとおもいますがきれいに咲きだしてましたので撮影してみました。
 

June 11, 2017

帰ってきた玉ちゃん

Tamasigi61217
 
どんよりとしたお天気でしたが昼から回復するという天気予報でしたので今日は久しぶりに赤い橋の公園にゼフィルス探し。ゼフィルスだけではなく今日のここでの目的はヒルガオの花につくジンガサハムシを探すことです。栗の木があるところに寄り道してみましたが今日はぼろっとしたアカシジミが近くにいただけでこれといったものがみつかりません。が、そこで意外なものを発見 Sumirehokoritake61117 これってスミレホコリタケだと思うんですよ。かなり虫食いでしたが、もうこんなものが出るシーズンなんですね。 Hosimisuji62117 坂道をボチボチ歩きながら蝶を撮って歩きました。これはホシミスジですね。ミスジチョウも期待したのですが今日はお留守のようでした。Namihikage61117 ごく普通のヒカゲチョウですが今期初撮影 Kimadaraseseri61117 キマダラセセリも久しぶりに見ました。 Akasijimi62117 やっとたどり着いた赤い橋から下をみてましたがいてたのはやっぱりアカシジミだけ。
Awabuki61117
アワブキの花がさいていました。アワブキはアオバセセリやスミナガシの食草です。葉っぱがなかなか特徴があって整然と並んだ葉脈がきれいです。
Uguisu61117
一応展望台に上ってみましたが収穫もなく下山。途中でウグイスが大きな声で鳴いてましたが、声を出すときに限ってうしろを向いたりするもんですから口があいたのは撮れませんでした。
Akagoromobyoukin61117
これは・・・?竹につく赤衣病菌みたいですが、これは竹じゃないですよね。触ると表面は乾いていて発泡スチロールみたいな感触。
Akasijimi62217_2
もう一度栗の木のところに行くとこんどはまだきれいなアカシジミが一頭だけいてました。
Namitentou61117_2
神社の駐車場端で見つけたナミテントウ。地色と星の数はけっこうバリエーションがあるんだそうです。
Murasakisijimi62117
ウィルス病ですっかり梅の木がなくなった梅林でムラサキシジミ♂をみつけました。なんか久しぶり。
Tamasigi61117_2
なんかこれといった収穫がないので少し電車で戻ってそこから歩きでタマシギの田んぼへ。メスがいなくなったと聞いてたのですが今日はメスもいてました。もしかしたら後妻さんなのかも?でも、遠いんですよね。50倍で撮ってもこの大きさ。
Tamasigi61817
100倍だとこれぐらいには撮れます。卵を抱いてたり子育て中のタマシギ♂はみますが、ペアのタマシギはあまり撮ったことないんですよね。
Ooyosikiri61117
タマシギはぜんぜん動きがないので以前シロハラクイナを撮ったところに行ってみました。ここならヒルガオもあるだろうと捜索中にオオヨシキリが近くで鳴いてくれたので一撮影。ヒルガオはあるけどジンガサハムシは見つけられません。ということは、やっぱり山に行かないといてないのかも。
Tamasigi61517
タマシギの田んぼに戻って来るとタマシギはさらに遠くに移動してました。反対側から撮った方が近いけど逆光になるのでやっぱり西側から撮影。
                 Tamasigi61617_2  Tamasigi61417_2
今日はオスの方が隠れがちなのであまり撮ってません。
Keri61117
ケリの雛が出てきてましたのでこれも。すっかり大きくなってますね。
                 Keri61317  Keri61217
ケリの親と雛の集団
 
Tamasigi61717
もう帰ろうとすると動きがあったりするもんですからなかなか離れられなくて6時過ぎまでここにいてました。今日は歩きすぎで疲れたので今度はあまり歩かないところに行きたいな・・・。

June 08, 2017

6月の雨後

Hanasyoubu6117_3 曇りだったらタマシギでも見に行くつもりでいてたのですが、どうやらいつもの場所のタマシギはメスがいなくなったらしいので今日は雨後のキノコや虫を探しにB公園に行ってみました。いつもは電車で行くのですがバイクでも行けるだろうと原付にガソリン入れてスタートしました。ところが西入口を素通りして北入り口に行ってしまったので歩きで引き返す距離が少し増えてしまいました。ま、それはいいとしてすぐに気になるものを発見。 Hirugao61117 ヒルガオの花がたくさん咲いてました。ヒルガオにはジンガサハムシがつくときいてたのでもしかしたらと思って探してみたのですが見つかりません。やっぱり山の方でないとダメなのでしょうか。 Tohosiosazoumusi61117 いつもゼイフィルスを探す場所を目指して歩くのですがそこでちょっと色のかわったゾウムシを見つけました。トホシオサゾウムシというやつだと思います。 Hitoyotake61117 ヒトヨタケっぽいキノコも出てました。 Murasakisijimi61117 ハンノキをチェックしていたらムラサキシジミを見つけました。下のほうでとまってくれると翅の表が見れるかもしれないのに・・・ Kawasemi61117 池にはカワセミの若いのんがずっと同じ場所にいてました。 Muasirohositentou61317
ベンチに腰かけて帽子をとると帽子の上にものすごく小さなテントウムシがついてました。
Muasirohositentou61217
かえってから調べるとムーアシロホシテントウみたいです。あまりにも小さいのでいつもなら無視してるところですが今日はあまりいいものには出会えそうな気がしません。
Mizuiroonagasijimi61117
なんどもミズイロオナガシジミをよく見かける場所あたりを歩くのですが、やっと見つけたのが高いクヌギの木の上で、周囲の枝葉が邪魔してまともなのは撮れそうにありません。それにポツポツと雨が降り出すと蝶の方も隠れてしまったので今日は断念することに。
Kurourihamusi61117
クロウリハムシと思われる虫が飛んできて葉裏に隠れたので一応これも撮影
Kinoko61117
チップの上にはなにやらキノコがはえてましたが正体は不明
Kikurage61117
頭の上のキクラゲがきれいでした。
Suehirotake61117
雨をすって大きくなったんでしょうか?ずいぶんと立派なスエヒロタケがありました。
Hansyoubu61217
いそいで日本庭園の方にも入ってきました。花菖蒲がきれいな季節ですね。クリノキはないようだったけどマテバシイに花がたくさんついてるのでもしかしたらこっちの方で探すとゼフィルスも見つかるかも
Kinoko61217
ツヤツヤに光るツルタケのような小さなキノコが一つ。
Benitake61117ベニタケ類だけど名前はわかりません。
Kinoko61317バイクの所に引き返していていつもは行かないあたりを歩いていて見つけたキノコ。傷物だけどキチャハツのような???
Kinoko61417
さてこれもわからないキノコです。
Kekogasatake61117
ケコガサタケっぽい小さなキノコ。柄に毛があるか抜いてみるべきだったかな?
Itatitake61117
いつもこの時期にいっぱい生えてるイタチタケらしいキノコ。もっと開いたのもたくさん生えてました。ということで急いで撤収。行きよりも帰りが不安なんですよ~(;;;´Д`)
 

«舞い降りた西風の神

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ