May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

May 20, 2019

ヒゲナガオトシブミ♀とイチモンジカメノコハムシ

Higenagaotosibumi51419

せっかくの日曜日だが所用をすませて昼食をとったら寝てしまい夕方近くなって河川敷に出てみたけどこれといった収穫もないので在庫から虫でも。貰い物の虫なんですが入れ物の蓋があいてしまっていたために他にもゾウムシの仲間などもいてたけど逃げられてしまい残ったのはイチモンジカメノコハムシとヒゲナガオトシブミ♀だけ。

Itimonjikamenokohamusi51119

先ずはイチモンジカメノコハムシから。

Itimonjikamenokohamusi51219

よく似たジンガサハムシはヒルガオを食草にするけれど、イチモンジカメノコハムシはムラサキシキブやヤブムラサキといった植物が食草です。

Itimonjikamenokohamusi51419

ジンガサハムシと比べるとピカピカ度が低いけど透明感は同じようなもんです。

Itimonjikamenokohamusi51319

横から見るとこんな具合に盛り上がった形をしていてUFOみたい

Higenagaotosibumi51119_1

赤褐色をしたオトシブミ。たぶんヒゲナガオトシブミのメスでいいと思うけどオスみたいに触覚が長くなく首も長くはないので色以外に特徴が少ないような・・・

Higenagaotosibumi51219_1

室内で撮影すると色がでなくて黒い写りになるのが困りものです。

Higenagaotosibumi51319

山地のコブシやイタドリの葉でよくみつかるようです。落とし文というぐらいだけら葉を切って卵を産み付けて幼虫が育つ揺り籠をつくり下に落とすのだそうです。

Higenagaotosibumi51519

ちゃんと翅があって飛びます。

Higenagaotosibumi51619

もう一枚。夏鳥の渡りもなんか終わってしまった感がつよくなってきました。これからは虫と茸だな。

May 16, 2019

シロエリオオハム

Siroerioohamu51619

淀川にシロエリオオハムがいてるというので朝から見に行ってきました。シロエリオオハムって海にいてる鳥で日本では冬鳥として飛来するものの大阪あたりでは見ることのない鳥なんですよね。それが川にいてて、しかもきれいな夏羽とあっては見に行かないわけにはいきません。

Siroerioohamu51119

現地について皆さんがいてる場所からではよくわからないようなのでちょっと歩きにくい場所に入り込んでなんとか証拠写真。対岸の方が近い場所で泳いでいました。

Siroerioohamu51219

パタパタがみれました。

Siroerioohamu51319

時々潜って見えなくなるのですがそのまま下流側に移動したらしく戻ってこないと思っていたらゴムボートが対岸にやってきたのでもしかしたらこちら側にやってくるかもと思ってこちらも下流へ。そしたら悠然と我々の目の前に泳いでくるじゃありませんか

Siroerioohamu51419

きれいな夏羽だけど目がよくわかりませんね。

Siroerioohamu51719

目の前を通過していったあと人が歩いて道ができてるところに入り込んで追いかけてみました。枝や葉っぱが邪魔であまり撮れなかったんですけどね。

Siroerioohamu51819

シロエリオオハムとオオハムは非常に似ているようなのですが、喉のところがオオハムは緑がかった黒でシロエリオオハムは紫がかっているらしい

Siroerioohamu51919

首の後ろとかがシロエリの方が白っぽく、嘴も短く見えるんだそうです。

Aokamikirimodoki51119

また対岸の方に移動してしまったようなのでこれはこんなもんでいいだろうと思って虫なんかを探しながら引き返すことにしました。アオカミキリモドキと思われるのを見つけたのでカシャ📷

Kuwahamusi52119

川沿いにもけっこう桑の木がはえているみたいです。クワハムシをみつけました。

Koajisaki51219

開けたところにでると川の中に大きな木が。最近コアジサシをみんなが撮っているのはここなんですね。

Koajisaki51119

しかしあんまりコアジサシはとまってません。そのうちみんな飛んで行ってしまったのでこちらも移動

Kusahuji51119

きれいなクサフジがたくさん咲いていました。

Hime51119

クサフジに吸蜜にきたヒメアカタテハ

Kurobositutuhamusi51119

お、今まで見たことにないテントウムシ似のハムシ。もしかしたらこれがイタドリハムシというやつなのか?

Kurobositutuhamusi51219

うちに帰ってから調べるとどうやらイタドリハムシではなくてクロボシツツハムシというハムシみたいです。

Ooyosikiri51219

あちこちでギョシギョシと大きな声で鳴いていましたが姿が見えないので探しもしてなかったオオヨシキリ

Ooyosikiri51119

意外と近いところにとまって鳴いてました。

Iwatubame51119

うまく撮れないイワツバメ

Yomogihamusi51119

ヨモギの芽先に潜り込んでるちょっと大きなハムシはヨモギハムシでいいかな

Hirakatasi51119

今日のオマケ。ここのんでカラーマンホールを見たのは初めて。

May 11, 2019

三光鳥の日2

Sankoutyou52619

今日も緑地にはサンコウチョウ♂がいてるようなのでそっち方面へ。このサンコウチョウはすこぶる愛想悪いらしくこっちが緑地に到着するまでにすでに行方不明になったと連絡が・・・。それでももしかしたらを期待して行ってみることに。

Yanagihamusi51119

現場に到着する前に保険というわけではないけど撮るものを見つけておきました。ヤナギハムシです。池の周囲の柳の木にハムシらしい幼虫がいっぱいついたシダレヤナギの枝を以前見つけておいたんですよね。今日見てみると蛹から抜け出たヤナギハムシが抜け殻についたのがあったので採取。

Kawasemi51119

暗い現場の池にはサンコウチョウではなくカワセミがいてたのでこれも記念撮影📷

Sankoutyou52119

外が明るいと影が濃くてせっかくのサンコウチョウも今一つ

Sankoutyou52219

う~ん、一応ちゃんと写ってるかな・・・

Kisyoubu51119

その後時々姿を現すもののほとんど撮れない状態。暇なので池のキショウブを撮ったり

Yanagihamusi51219

もう一匹ヤナギハムシを採集して撮影。

Yanagihamusi51319

ヤナギハムシのメスとか未成熟個体は体色が黄色いそうなので蛹がたくさんついていた枝にいてたのは未成熟個体ばっかりでしょうね。赤い色をした成熟したオスを今度は探してみたいものです。

Sankoutyou52319

サンコウチョウはというとカメラマンも少なくなった頃一人で歩いてる時にチャンスがきました。ほぼ目線の高さなんですが、逆光なんですよね。

Sankoutyou52419

正面顔

Sankoutyou52719

あぁ・・惜しい!大きな葉っぱがサンコウチョウの前に😖

Sankoutyou52519

尾羽が見えへん

Sankoutyou52819

まあ逆光やけどなんとか撮れてるからええかな・・今日はもうえらい暑くてこれ以上こんなところにいてるときついので木陰で休憩してから帰りました。帰ってきてからわかったことですが、地元のN公園にもサンコウチョウがはいってたらしいし、お城にもいたとか。他の公園に行ってたらもっといいのが撮れたかもしれません。

May 09, 2019

三光鳥の日

Sankoutyou51319

7日、8日とI公園にサンコウチョウ♂がいてたというので、まさか三日目はいないだろうが行ってみることにしました。そしたらなんと・・いてました。春の渡りで同じ場所に三日も居続けるサンコウチョウなんて初めてです。

Sankoutyou51119

尾羽がとても長いきれいな個体でした。

Sankoutyou51219

青い目と嘴がきれいに撮れるのを期待して撮ってるのですがこれがなかなか難しい。顔だけがあっちむいてて目のないのばっかりが撮れるんですよね・・・

Sankoutyou51719

後で聞いた話では今日は緑地にもお城にもサンコウチョウが入ってた様子。ここのサンコウチョウは今一つ出がよくないので途中でほかに移動しようかとも思いましたが結局ここに最後までいてしまいました。

Sankoutyou51519

高い所から低いところまであちこち素早く飛び回るサンコウチョウを撮るために基本+1補正で撮ってるのですがそれでも黒っぽく写るのを回避できてないのも多数

Sankoutyou51619

しばらく姿を見せないのでどうしたのかと思ってたら暗い場所でじっとしてました。細かい枝がちょっと邪魔かな・・きれいなお顔がなんとか撮れました。

May 06, 2019

マミジロ♂

Mamijiro51619

ここんとこお城にはこれといった鳥は現れていないようだが今日はマミジロ♂がいてるみたいなのでやっぱりお城に行くことに。着いてみるとマミジロは2羽いてたようだがどこかに飛んで行ってみつからない様子。しばらく森の中をうろついていましたが紅葉園の上に現れたというので行ってみることに。

Mamijiro51119

小道の下にいてるマミジロ♂のきれいな個体をみつけたもののすぐに見えなくなってしまったので再び登場するのを待ってみました。

Kurotugumi51119

その間にマミジロとは違う黒くない鳥が躑躅の植え込みの中にいてるのでみているとどうやらクロツグミ♀みたいでした。その後市民の森に飛んで行った個体がみつかったようなので見に行くと

Mamijiro51219

枝にとまってるのが見れました。この個体は頬のあたりに白っぽい部分がまだあるのでちょっと若いオスなのかな?

Mamijiro51319

違う木に飛んで行ったので追いかけて行って撮った後ろ姿

Mamijiro51419

やがて地面に降りて餌探し

Mamijiro51519

少しの間餌を探してましたが周囲を囲まれてるのが気に入らないのかまた飛んで行ってしまい、天気も悪くなってきたので撤収

May 04, 2019

三光鳥が撮れずに虫撮り

Turumiryokuti51119

今日も良いお天気で今日こそはと期待してお城へ。しかし、誰にきいても今日はこれといった鳥がいてないというので地下鉄に乗って風車の公園に転進。ここでの目的はキノコだったのですが・・・

Umeharusimeji51119

梅林をのぞくとまだウメハルシメジが残っていたので草をかき分けて撮影。ここでハルシメジを撮ったのは初めてかと・・・。昨年撮ったキノコを探しに去年の場所に行ったけれど目的のキノコを見つけることができずに虫探しに転進。クワバタケでハムシを探してると野鳥カメラマンらしき人たちが上を見上げて何かを探してる様子。しばらくして黒くて長い尾羽をなびかせた鳥が地面近くを飛びました。サンコウチョウや!今年はまだサンコウチョウを見ていないのでものすごく期待したのですが、しばらくするとパタッと飛ばなくなってしまい、どこにいったのかわからず断念

Sugurizoumusi51119

その後虫探しを再開してると本日の同行者がスグリゾウムシというのを捕まえてきてくれました。

Sugurizoumusi51219

なんか丸っこいゾウムシで一度地面に落とすと拾い上げるのに苦労しました。

Nijuuyabositentou51119

歩いていると目の前のつつじに飛んで来たテントウムシ。普通のテントウムシよりはやや小型の上に黒点の数が多く、色がまた地味な感じの赤褐色をしてます。あとで調べるとニジュウヤボシテントウだということがわかりました。

Nijuuyabositentou51219

ちょっと角度を変えた画像。白っぽく見えるのは細かい毛がはえているからです。普通のテントウムシはアブラムシを食べる益虫としてしられていますが、このニジュウヤボシテントウは植物を食べ、とくにナス科の植物の害虫として知られているそうです。

Kurohiratayokobai51119

イタドリの葉の上には小さなクロヒラタヨコバイがいてました。なんかものすごく小さな虫です。

Nemofira51119

帰りかけてたのですが同行の人がお勧めだというネモフィラを風車の丘に行って見ました。空の色を写したようなブルーは陽があたってる状態のを撮るよりも影の中で撮るとさらに青く見えてきれいでした。

May 03, 2019

ニセアカシヤの花が咲くとき

Aobato51419

今日はもしかしたらサンコウチョウに出会えるのではないかと思ってお城へ。

Kibitaki52119

公園に入って最初に見たものはキビタキ♂。オオルリ♂も飛び回っていたけど高く撮りにくいとこにいてるのでパス

Mebosomusikui51119

今日はチョリチョリとなくメボソムシクイが増えたようで、鳴き声の方向にいてたのを一枚📷 メボソムシクイが現れるようになると春の渡りも終わりだというけれど、さて・・・

Kibitaki52219

階段下を飛び回っていたキビタキ♂。この子と遊んでいたために上ではヨタカがいてたのに到着が遅れてヨタカはカラスに飛ばされたあと😖

Kibitaki52619

桜広場ではムギマキがいてたというのでカメラマンたちがとどまっていたけれど私はキビタキ♀を撮ったのみ。

Kibitaki52319

神社裏でマミジロの声がするのでカメラマンたちがここでもとどまっていたけれど声のみの出演でした。じっとしてたキビタキ♂がきれいでしたのでまた撮影。ぞろぞろとカメラマンの行進が続くけれどこれといったものに遭遇してない様子。西の丸にはマミジロ♀がいてるそうだが今日はパス

Aobato51119

飛騨の森に移動するとニセアカシヤの木の下で数人のカメラマンが撮影中。もしやサンコウチョウか?と思いきや、アオバト♂がいてるという。その姿をやっと見つけるとアオバトがニセアカシヤの花を食べてました。へ~、アオバトって花も食べるんや。

Aobato51319

花とアオバトの組み合わせもけっこういいかも

Aobato51219

少し立ち位置を変えて撮影

Aobato51619

もう一枚

Aobato51519

少し離れた位置からも。露出をかけすぎてたので少し修正

Kibitaki52419

腰かけて休憩してると目の前にキビタキ♂が降りてきたので📷

Kibitaki52519

カメラマンが待ち構えているコルリの場所には雀と四十雀とキビタキ♀が来るのみ。キビタキ♀を撮ったけどこれってメスなんかな?嘴の下がうっすらと黄色いし、眉班も。

Tubanasihumidukitake51219 

帰るつもりで駅近くの塔横にくるとなんとキノコがたくさんはえてました。

Tubanasihumidukitake51119

どうやらツバナシフミヅキタケみたいですが、こんなところにキノコが出てるなんて初めて見ました。

May 02, 2019

樺太青足鴫を見に行った

Karahutoaoasisigi51319

サンコウチョウでも探しに行こうかと思ってたら野鳥園にカラフトアオアシシギという珍鳥がきてるらしいので電車を乗り継いで行ってきました。やっと現地に到着してみると朝は観察棟前にいてたらしいのですが飛んで行って北池方面にいってるらしい。ひょっとしたら戻って来るかもしれないので近くにいてる鳥を撮って待機。

Kiasisigi51119

先ずはキアシシギから。最近はシギチを撮ることも少なくなってキアシシギを見るのも久しぶりです。

Aoasisigi51119

これは普通のアオアシシギ。体の影で足の色がわかりませんね。

Tyuusyakusigi51119

続いて飛んで来たチュウシャクシギ

Akaasisigi51119

そしてアカアシシギ

Akaasisigi51219

もう一枚アカアシシギ。夏羽のアカアシシギは今まで撮ったことあったかな?もうちょっと真剣に撮ればよかった・・・

Nankouyatyouen0502

今日のお品書き。こあとサルハマシギが追加されましたが私は撮れてません。カラアカハラまだいてるのかな?

Karahutoaoasisigi51819

待っていても戻ってきそうにないので北池の観察小屋に行ってみることに。かなり遠いしシギチに精通している人が近くにいてなかったので取り合えずアオアシシギと思われる姿のものを探して撮りまくり。あとでみるとオオソリハシシギなんかも混じっていて難易度は高い。おそらくこれがカラフトアオアシシギだと思う。

Karahutoaoasisigi51119

個体数の少ない稀な旅鳥だそうだが、アオアシシギとの違いは嘴の基部が太いこととか水かきがあるとかこんなに遠くてはわからないことばかり。

Karahutoaoasisigi51219

あ、カニを捕まえたのかな?遠すぎてカニかどうかもわからんけど

Karahutoaoasisigi51419

足の色がなんとなくわかるかな?

Karahutoaoasisigi51519

デジタル100倍以上は使わないようにしてるけどこのお天気ならいけるかも

Karahutoaoasisigi51619

周りのメダイチドリよりは大きいけど普通のアオアシシギと比べると足が短いらしい。ということで一応証拠写真は撮ったけどもっと近くで撮れんことにはどもならんね。

April 30, 2019

キビタキ♂とコマドリ♀

Kibitaki43519

今日は雨予報なので一日ゴロゴロするつもりだったけど雨が早々とやんでしまったのでお昼から出かけることに。いっつも農業公園や服部緑地ばかりなので久しぶりにお城に行ってみることにしました。

Akahara42119

雨上がりの日は鳥は出てこないとはいうけれど、本当に今日はもひとつの日のようでエゾムシクイの声は聞こえるけれど姿はなし。桜広場で知り合いに出会ったのできいてみるとマミチャジナイとキビタキぐらいしか見ていないとか。神社裏の通りを目指して歩いていると途中でアカハラが枝にとまってるのをみつけました。

Kibitaki43119_2

その後キビタキ♂が近くに飛んで来たので少し撮影。なかなかきれいな喉とお腹をしてたました。

Kibitaki43219

しかし、横向きと後ろ向きをみて黒い部分がやや少ないというか分かりやすくいうとハゲた個体だというのがわかりました。

Kibitaki43319

お腹側がきれいなだけにじつに残念な個体ですね。

Komadori44119_1

マミチャジナイがいてたという所まできましたが、そこにいてた人たちにきいてもお出ましはないらしい。西の丸にコマドリとコルリがおるらしいので行ってみることに。コルリはなんか愛想なしみたいなのでコマドリ♀へ。

Komadori44319

ここんとこずっと雌ばっかりみてたので近くで見れるのはありがたいが今一つ面白くないな・・・

Komadori44419

おまけにものすごく暗くなってきて動きがとまりません。

Komadori44519

けっきょく平成最後の撮影はこのコマドリ♀で終了。

April 29, 2019

アカハラとクワハムシ

Akahara41119

今日はお天気も下り坂。でもひょっとしたらノジコに会えるかもと思って今日も緑地へ。小鳥の森に行く前にどこかにキノコとか柳につくハムシとかが見られないかとあちこち捜索。桑の木の葉にハムシを見つけたので次は鳥を期待して移動

Komadori44119

相変わらずコマドリ♀は遠いところにでてきます。

Kibitaki43119_1

キビタキ♂も登場。いつもここで見るキビタキは背の白斑が不鮮明だけどこの個体ははっきりしてます。

Kibimesu41119

この地味なのはもしかしたらと思ったけどキビタキ♀でした。

Kuwahamusi41219_1

ぱっとしないのでさっき捕獲してきたハムシを撮影。

Kuwahamusi41119_1

きれいな青藍色をしてるし胸の部分に凹みがあるのでクワハムシで良いかと・・・

Kuwahamusi41319_1

でも無理やり連れてきたので不機嫌で走り回るもんだからきれいに撮るのはとても難しい。今度は木についてる葉の上のを撮りたいものです。

Akahara41319

で、帰り際に上で枯れ葉をひっくり返してるアカハラを撮影

Akahara41219

胸から腹にかけての赤っぽい色を撮りたいけどなかなかこっちを向いてくれませんでした。アカハラを撮ってるうちに雨が降りそうになってきたので撤収。

April 28, 2019

(小瑠璃と駒鳥)×2

Koruri41719

いつもの公園に昨日はコルリ♂がはいったという連絡をいただいてましたので今日まだいてるのかどうか行ってみました。

Koruri41119

コルリはすぐにいてるのがわかりましたがうまく撮れるような場所にはほとんど出てきません。

Komadori43119

おまけにコマドリ♀が同じところにいてて力関係ではコマドリ♀の方がコルリよりも上なのかここに登場するのはコマドリばかり。

Komadori43219

まあ近くで撮れるからええんやけどね・・・どちらかというと今期お初のコルリ♂が目当てだったんですよね。

Kiruri41219

やっと見れる場所に出てきてくれました。

Koruri41319

Komadori43319

コマドリの方が尾をあげたポーズをよくとってくれます。

Koruri41419

コマドリばかりが出てくるので別のステージが用意されました。

Koruri41619

いい色をした個体です。

Komadori43619

コマドリ♀だって日当たりがよければなかなかきれいなんですよね。

Koruri41919

Koruri41819

毎年撮っているけどコルリ♂のきれいな成鳥が撮れるとうれしいです。

Koruri41519

コルリが安定して撮れるようになった時に携帯がなって今日はノジコが緑地に現れたという連絡が・・・。コルリ♂は緑地にもいてるそうなのでそっちに転進。

Koruri411119

Koruri411009

で、これが緑地のコルリ♂。相変わらず遠いところに出てきますが、こちらの方も今日の個体はなかなかきれい

Komadori43419

Komadori43519

こちらにもコマドリ♀はいてます。

Oorurimesu41119

本命のノジコがまた現れないかと期待してましたが撮れたのはオオルリ♀とか

Kibitaki43119

キビタキ♂ぐらい。夕方までねばってましたがノジコはまたの楽しみにとっておくことになりました。

April 25, 2019

駒鳥♂♀と黄鶲♂など

Komadori42419

緑地にコマドリを見に行ってきました。もう抜けてしまったのではと心配してたのですがまだオスもメスもいてました。

Komadori42119

現場に着くと意外なことにメスのコマドリは湿地から出て南側斜面にいてました。

Komadori42219

何かこの斜面に虫でもいてるのでしょうか。

Komadori42319

オスは湿地の東側に出てくるというのでそちら側にまわってしばらくすると出てきてくれました。

Komadori42619

今日は曇天でどんどん暗くなっていくのでとまってくれないとブレブレのものばかり。

Komadori42719

場所をかえて遠い方にも出てきてくれました。

Komadori421019

正面から撮ると胸の黒っぽい首輪とか灰色の胸が目立ちます

Komadori42819

あまりきれいな場所ではないけど少し近づいてきました。

Komadori42919

お立ち台の天辺にはとまらないみたいです。

Kibitaki42119

お、きれいなキビタキ♂も現れました。

Botan41119

帰りはいつもの公園へ。牡丹の花がきれいに咲いてます。

Kibitaki42219

さっそくキビタキをGET・・・喉や胸の色はよいのですが、風切り羽などはまだ黒くなっていない個体でした。

Kibitaki42319

これはなかなかきれいな成鳥♂です。

Kibitaki42419

ものすごく近い場所なんですが枝が多すぎでいい角度で撮れません。

Sendaimusikui41119

やっとムシクイが撮れました。エゾムシクイを撮ったつもりだったのですが、嘴や足の色が黄色っぽいのでセンダイムシクイのようです。

Botan41219

先日撮った牡丹の花ものせておきます。

Botan41319

大輪の白牡丹はとてもきれいだと思うんですよね。

Harusimeji41119

ウメハルシメジも出てました。日当たりのいい場所のはやや小ぶりで傘が裂けやすいみたいなだし、木陰の草地のは大きいけどナメクジの餌になりボロボロになるのがたまに傷。そろそろサンコウチョウやツツドリも目撃されだしたようなので春の渡りもいよいよピークかな。

April 21, 2019

カニムシとか

Kanimusi41119

 春の渡りが盛況なのになんだが、虫を見に連れて行ってもらった。今日の目的はサソリから尾の部分を取り除いたような姿をしているカニムシという虫。杉の皮をめくるといてるというのでカリカリ・・・いてました。

Kanimusi41319

木陰に持ってきてベンチの上に置くと意外とよく動いて隠れようとします。エサがよってくるまであまり動かないということだったのですが、やはり環境の変化には敏感なようです。

Kanimusi41619

誰かさんの指先が一緒に写ってますが、こんな小さな虫です。体長2、3㎜といったところでしょうか。

Kanimusi41219

もう一匹みつけてもらったのでじっとしているのを一枚📷

Kanimusi41419

これぐらいに小さいとデジタルテレコン2倍で撮影してます。

Kanimusi41519

うちに帰ってから調べたところによると樹皮下にいてるのはトゲヤドリカニムシと呼ばれているもののようなので、このカニムシもきっとトゲヤドリカニムシなのでしょう。

Gihutyou42119

カニムシを撮影中近くをギフチョウが低空飛行をしていきました。なんかどこかにとまりそうな雰囲気だったので急いで追いかけてツツジの花にとまったところを撮影。さっきまで暗いところで2倍テレコンを使っていたのででかすぎると思いテレコンを解除して再撮影

Gihutyou42219

やっぱりこれぐらいがちょうどいいかな?翅に目立った欠けもないきれいな個体でした。その後一か所で待ち構えていていましたが、気温が高すぎるせいかなかなかとまらず、とまっても見える角度ではないので撮影できたのはこの一頭のみ。ギフチョウを撮るにはもう終盤もいいところなのでまた来年かな・・・

Tabesanae41119

今日撮影したほかの昆虫たち。まずはタベサナエ♂

Sioyatonbo41119

なぜかメスしかみなかったシオヤトンボ

Hosomiotunentonboi41119

合体中のホソミオツネントンボ

Kotubame42119

吸水におりていたコツバメ

Amagaeru41119

虫ではないけど白いアマガエル? ちょっとだけ緑色がかっているのがわかりますでしょうか。水色の花はキュウリグサだったかな?ということでカニムシもギフチョウも撮れたので本日は終了

April 18, 2019

ノゴマ♂とコマドリ♀

Nogoma41119

緑地のノゴマ♂はまだいてるというので見に行きました。ノゴマは愛想の良い鳥だけど今日のノゴマもとってもフレンドリー💓

Kitunenowan41119

ノゴマに行く前にちょっと気になっていたキツネノワンというキノコがはえているかどうか探しにクワの木の下に。今年もいっぱいはえてきてました。

Kitunenowan41219

ええ形をしてます。

Nogoma41719

で、人気のノゴマ♂

Nodoma41219

地面の方でもよく歩いてくれます。

Nogoma41319

棒の先にもとまってくれます。正面顔

Nogoma41419

横顔

Nogoma41519

左向くと目に光が入らないんですよね。

Nogoma41819

この向きが一番男前

Nogoma41619

下に降りそうな格好

Kurotugumi42119

ノゴマ以外に撮れた鳥というと小鳥の森の遠いクロツグミ♀

Jubitaki41119

民家集落の中のモミジにいた遠いキビタキ♂

Komadori41119

そしてコマドリ♀

Komadori41219

メスだけどわりときれいな方だと思います

Komadori41319

やっぱり遠いな・・・

Komadori41419

正面

Kinoko4181

キツネノワンはあったけどアミガサタケは出てないのかと思って銀杏の木のある草むらを帰りに見に行ったら白いキノコをみつけました。

Kinoko4182

裏を見ると黄金色というか淡いオレンジ色のヒダでなかなかきれい。でも、名前がわかりません。最後にとけない謎を抱えて本日は終了

April 14, 2019

春の雀と蝶と茸

Nyuunaisuzume41119

お天気も良いので今日は蝶々探し。その前に武庫川上流の土手の桜でニュウナイスズメを探してみることに。今年もたくさんニュウナイスズメがきてました。

Nyuunaisuzume41219

まずはニュウナイスズメのメス。ちょっと地味かな

Nyuunaisuzume41319

ニュウナイスズメのオス。下から見てるとお腹ばっかり写るのでできるだけ羽とか頭が写ってるのを

Nyuunaisuzume41419

有名な桜のラッパ吹き

Nyuunaisuzume41519

青空がとてもきれいだったのでもう一枚

Kotubame41219

目的地でみつけたコツバメ

Kotubame41319

コツバメもギフチョウと同じく春の一時期にのみ現れるスプリングエフェメラルです。

Gihutyou41119

そして、ギフチョウ。草の葉の先がギフチョウにかかっているのが惜しい

Gihutyou41319

せっかく翅を全開にしてくれたのに反対側に立っているとは残念

Hukurositonetake412119

人が増えだしたので向こうの丘に行こうとして前回みつけたチャワンタケ類を見るとこんなふうでした。フクロシトネタケとは違うのかな?

Gihutyou41419  

やっと地表にとまって翅をひろげてくれましたが後翅が枯れ葉にひっかかっていたのか欠けているのか今一つ

Gihutyou41519

今度はきれいに開いてくれたけどやっぱり後翅が擦れて欠けてるみたいでいいのが撮れません。ま、また来年にでも撮るかな・・・

Miyamaseseri41119

コツバメ、ギフチョウとくるとミヤマセセリを撮らねば。ギフチョウを待っていたらいつのまにか近くにとまってました。

Miyamaseseri41219

休憩所で一服してたら現れたミヤマセセリ

Urasujityawantake41119

そこでみつけたウラスジチャワンタケの幼菌

Amigasatake41119

なんと建物そばにアミガサタケがはえてました。

Amigasatake41319

日当たりが良くて銀杏の木も桜もないところでみつけたのは初めてかも

Amigasatake41219

3個もありました。

Amigasatake41419

もしかしたら山桜の下あたりにいけばもっと出てるかもと思って斜面下に降りて探してみるといくつか発見

Sinsanda41219

武庫川堤の桜。以前は下は畑だったと思うけどどうなるんでしょうね。あまり変にいじってほしくないな

«小椋鳥、野鶲、クロツグミなど