March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

March 23, 2019

相思鳥と姫菅葵に茶碗茸

Sousityou31319
蝶々の様子見を兼ねて今日はA公園へ。駅を出ると蝶々を撮るにはちょっと残念なお天気でしかも寒い。まあ、蝶々がダメならキノコ探しとか鳥探しをすればいいかなと考えてゆっくりと歩きます。
Himekannaoi
山道にさしかかったあたりで気になるものをみつけました。おそらくヒメカンアオイの花だと思われます。
Himekannaoi31219
谷に入ったあたりでもまたみつけました。ヒメカンアオイはギフチョウの食草として知られていますが、土細辛といって生薬の原料にもなって鎮咳去痰効果があるのだそうです。
Tukusi31119
休耕田あとには土筆が出ていて春らしさを演出してくれてました。
Ebinukahokori31119
何かキノコでも生えてないかと思って歩いてましたが、粘菌のヘビヌカホコリをみつけたのみ。
Sousityou31119
少し明るい場所に出てくると流れの傍にソウシチョウがおりてきてました。
Sousityou31419Sousityou31219
なんか妙に太ってるように見えるのは寒いから膨らんでるのでしょうか?
Kabairosakazukitake31119
この季節ならきっとカバイロサカズキタケが出ているだろうと以前撮った湿地の上に行ってみましたが、なんにも出てません。猪に掘り返されてダメになったのかと思い移動。バードバスの丘に上がる木のステップの階段でやっとカバイロサカズキタケをみつけました。
Kabairosakazukitake31319
カバイロサカズキタケは乾燥に強いのでしばらくは見られると思います。
Kabairosakazukitake31419_1
一番大きなのに硬貨を並べて大きさ比べ。見栄をはって大枚500円!
Hukurositonetake31119
もう少し上にあがった所には初めて見るチャワンタケが!
Hukurositonetake31219
なんやろこれ?直観的にフクロシトネタケのまだ開ききってないやつではと思ったのですが・・・
Himekannaoi31319
ギフチョウにはまだ早いと思うけど、公園内にもヒメカンアオイをみつけました。新鮮なヒメカンアオイの花って初めて見ます。
Syouro31119
Syouro31219
道端に小さな丸い芋みたいなのをみつけました。ずいぶんと傷だらけですがこれはショウロでは?
Syouro31319
半分に切ってみたところ中は真っ白。
Hikuina31119
池の向こうの湿地にはヒクイナがいてました。周囲が草だらけでまともに撮れるところにはなかなか来てくれそうにありません。これを撮る少し前に鼻をかむために立ち止まったところ目の前にコジュケイがいてたのですが、逃げ足が速くて撮れなかったのがちょっと残念。
ココログのリニューアルで使い勝手が悪くて更新に時間がかかってしまいましたが見る方は変わらないと思います。

March 14, 2019

春きのことミヤマホオジロ

Togariamigasatake32119山の方に行けばもっとキノコが出ているのではないかと思って今日はヘルメットマウンテンに行ってきました。


Akunioitake31119
先ず道を歩いていて興味をひいたのがこのアクニオイタケ。いっぱい出てました。

Siitake31119その近くにはえてたシイタケ。枯れ葉の下にはたぶん木が埋もれていてそこから出ているんでしょうね。

Musasabitake31119隠れるように出ていたムササビタケと思われるキノコ。

Togariamigasatake32219山道を進んで行くと今年もトガリアミガサタケがはえてました。

Togariamigasatake32319ここのトガリアミガサタケはいつ見ても大きいですね。

Oosemitake31119さらに奥に行くと冬虫夏草のオオセミタケが頭をのぞかせてました。なんか小さいけどもっと大きくなるのでしょうか

Nendotake31119ネンドタケだな

Sagariharitake31119ショートカットして池の方に降りていくとサガリハリタケをみつけました。

Sagariharitake31219撮っている時には気がつかなかったけどクモの巣みたいなのがいっぱいついていて気になります。

Miyamahoojiro31119池や河原にはアオジとホオジロ、ジョウビタキにツグミ、シロハラといったのが見れただけだったので公園内に引き上げ。あ、アニメのコスプレイヤーみたいなのが写真撮ってた。公園内でカメラマンに遭遇したのでしばらくその場で待機。ミヤマホオジロ♂をちょっとだけ撮れました。

Miyamahoojiro31219う~ん・・・枝被りがひどいけど有馬富士で撮ったのは冠羽がたってなかったのでこれでもいいか。ほかに出てきたのはルリビタキ♀にメジロ、シロハラ、アオジ。

Miinomomiuramodoki31119ん、これはミイノモミウラモドキかな?

Ciborinia_gracilipes31219椿にはツバキキンカクチャワンタケという茸が地表にはえるけれど、モクレンにもこういった菌核菌がはえます。初めてみたけどハクモクレンの木の周囲でみつけたのがこれ。ciborinia gracilipes(キボリニア グラキリペス)といいいますが、和名はないそうです。ツバキキンカクチャワンタケは略してツバキンというのでモクレンの菌核菌なのでここではモクキンと呼びましょうか(笑)

             Ciborinia_gracilipes31319_2 Ciborinia_gracilipes31119

で、そのモクキンはモクレンやコブシの花びらに菌核を作ってはえてくるのだそうです。ツバキンなどよりは赤みのある色をしてます。ということで最後に初めて見る茸が撮れたので調子よく下山。

March 11, 2019

茸の季節の始まり

Togariamigasatake31419 あちこちでトガリアミガサタケがはえてきているようなので茸探しに緑地に行ってきました。雨はよく降るし春らしい気温になってきたのでちょっと期待
Togariamigasatake31119いつもの所をざっと見てみたけれど何もみつかりません。ぜんぜん生えてないことはないだろと斜面の上を捜索。やっとトガリアミガサタケ幼菌を一つみつけました。
Tyawantake31119一つ見つけたので安心して椿の木の下でツバキキンカクチャワンタケを探していて道端でみつけたのがこれ。
Tyawantake31219もう一つ。これはツバキンではないように思うのだけど何だろう?カバイロサカズキタケにしては色が違うし、ウラスジチャワンタケというのも違うような・・・
Tubakin31119これはツバキキンカクチャワンタケで間違いなし。
Togariamigasatake31219人と立ち話をしていたら目の前にトガリアミガサタケがあるのに気がつきました。なんどもこの前を歩いているはずなのに気がつかないもんですねえ。
Togariamigasatake31319そのすぐ近くには幼菌もありました。
Itatitake31119小鳥の森をぐるっとまわってみました。これはイタチタケかな?
Kikurage31119可愛いキクラゲ。若いキクラゲって本当にきれい。
Tyawantake31319同じ木についていた極小キノコ。
Ruribitake31119このへんを飛び回っているルリビタキ♂
Ruribitake31219これがミソサザイだったらなあ・・・。
Usubasihaitake31119ウスバシハイタケかな?毛のはえてるようなキノコで裏はトゲトゲ。
Usubasihaitake31219裏が紫色に見えるのは若いキノコだからとか
Himekikurage31119日本庭園を通過した時にみつけた小枝についていたヒメキクラゲ
Yosigamo31119池にはヨシガモがまだいてました。ナポレオンハットともそろそろお別れかな・・・
             Yosigamo31319 Yosigamo31219
今日はヨシガモを撮って終了。休みのたびに雨やら曇天で今日やっと3月最初の撮影ができました。

February 24, 2019

リベンジ、クロジとツリスガラ

Kuroji21119この前はせっかく出かけたのにボーズだったお猿のお山のクロジ。リベンジに行ってきました。クロジポイントに到着するも今日も何にもいてないのでトラツグミポイントに移動。しかしここもなんにもいてません。またクロジの所に戻ってくる途中で斜面下のブッシュのあたりに動くものを発見。遠いけれどクロジであることがわかったのでポイントに戻って待ち構えることに。
Kuroji21919お立ち台の切り株にクロジ♂がとまってくれました。肉眼ではわからないけど暗くてスピードがのびません。感度を2000まであげてやっと60分の1秒。座り込んで体が動かないようにして撮影
Kuroji21219こっちはメスですね。
Kuroji21719まだ少し黄ばんだ色が残ってるけどオス若かな?
Kuroji21419いつの間にか地面にクロジが何羽もうろついてました。地べたものはどうもピントが合わなくてボツが多かったな・・・
             Kuroji21319  Kuroji21819
クロジとはいうものの濃い青灰色といった色ですね。
             Kuroji21519  Kuroji21619_2 
クロジを調子よく撮っているとそこに乱入者が!
Sirohara22119シロハラ♂ですやん。お前らミミズとか虫を食べるんと違うんかい!
Sirohara22219クロジをお押しのけるわ、落ち葉は跳ね上げるわで荒らしてくれます。 このあとトラツグミを期待してしばらく休憩してましたが、やっぱりシロハラしか姿を現さないので下山することに。
Turisugara22119早い目に引き上げたので中津に寄ってみることにしました。十三大橋のあたりに集まってるカメラマンたちを見つけたのでここでしばらく待ってみることにしました。ツリスガラの集団が時々移動するのでそれを追いかけてみるのですがなかなか近くでは撮れません。ここは横にまわって撮影できるのがいいのだけど今日はすぐ横で少年野球をやっていてボールが飛んでこないか気になります。
Turisugara22319 プチ飛びもの( ^ω^ )
             Turisugara22419  Turisugara22719
4時ごろになると飛んでくるとかいう話を聞きました。
Turisugara22519 かなり近くまできてくれました。
Turisugara22619 近くのが飛び去っったので、さあ帰ろうと時計を見ると本当に4時でした。いっぱい遊んだので気持ちよく撤収。

February 23, 2019

シジュウカラとメジロ

Sijuukara21119_2天気予報は晴れだけど外を見るとえらい曇りなので昼までごろごろ寝ていて、昼から出かけてみました。午後からでは近く以外はいけないので近くで梅に来るメジロでも撮ろうと思ったのですが、到着してみるとメジロは不在。裏にまわってみると人家の庭から出たり入ったりしているシジュウカラが紅梅にとまるのが見えたのでしばらく遊んでもらいました。
Sijuukara21219梅の木って枝が多いのでなかなかシャッターがきれる場所にはとまってくれません。
Nougyoukouen21119この紅梅も花付きが悪くなったのか花の時期が少し悪いのか今一つでした。
Tubakin21119竹林の南に椿の木がたくさん並んでいるので探せばきっとツバキキンカクチャワンタケがあるはず。暗い場所を下を向いて歩いているといくつかみつけましたが傷んでいたりよごれていたりとあまり状態の良いものはありませんでした。
              Tubakin21219 Tubakin21319
チャワンタケというわりには椀状でないものもけっこうあります。
Mejiro22219_2メジロは夕方近くになってからやっと群れが梅林に入ってきました。紅梅自体にはあまりメジロはとまってくれないようなので背景を紅梅にしたメジロを撮ってみました。
Mejiro22119青い空バックもなかなかきれいです。
Mejiro22419なかなか背景すっきりといったのを撮るのは難しいな・・・ということで本日は終了。

February 21, 2019

鳥運なし。されど・・・

Senbonkunugitake21319箕面にきれいなクロジがくるというので電車でGO。目的地にたどり着くまで茸などを探しながら歩きました。
Toutyuukasou21119 連れがもしかしたら小さなクモとか虫の冬虫夏草かもというので撮ったのがこれ。ん~・・よくわからんね。
Sidarehanabitake21119伐採木を積み上げているところでみつけたシダレハナビタケとおもわれるキノコ。ちょっと傷んでいるのが残念。
Senbonkunugitake21219山道を登っていてみつけた切り株下にはえていたセンボンクヌギタケと思われるキノコ。
Senbonkunugitake21119じつはできたら今日はセンボンクヌギタケを探してみたいなと思ってました。撮影にはちょっと遅かったようなものばかりですがギリギリでセーフといったところでしょうか。
Senbonkunugitake21419センボンクヌギタケのヒダです。
Koganenikawatake21119コガネニカワタケをみつけました。よく似たハナビラダクリオキンとかキイロニカワタケなんてのもあるので間違ってる可能性もあり。
Wahidatake21119クロジのポイントにたどり着きましたが、クロジは午前中にちょっと出ただけで、トラツグミもどこかに飛んで行ったあと。アオゲラは午前中しばらくいてたけどその後は声だけの登場で何も撮れずじまい。陽もさしてこないし、冷えびえとする中を待ち続けたのにさっぱりでした。ワヒダタケの裏を撮って今日は終了。
Kabutomusi21119オマケ。帰り道でみつけたカブトムシのミイラ。誰かが置いたのかな?

February 17, 2019

古墳の公園へ

Joubitaki22219ルリビタキが梅の木にとまってる画像を撮ってみたくて古墳群の公園へ。駅からすぐの公園だし、最寄りの駅から1時間ほどで着くようなので行ってみる気になったのですがね。公園の中に入ると何やら変な雰囲気が・・・。歩いてる人たちの多くが老いも若きもスマートフォンをにらんで歩いています。どうやらポケモンGOのイベントで集まってる人たちであることがあとでわかりました。
Daisenkouen21119初めての公園なのでどう歩いていいのかわからないのでうろうろ。日本庭園は有料だけど初めてなので入ってみました。
Daisenkouen21219池泉回遊式の明るい雰囲気の日本庭園です。なぜか中華風の建物なんかもあるのが気になるけど静かな雰囲気が好きです。
Joubitaki22119葦が堀にはえてる小さな古墳の周囲に梅の木が何本かあり、どうやらここがポイントのようでしたがいてたのはジョウビタキ♀のみ。
             Joubitaki22319 Joubitaki22419
背の低い梅の木にとまってくれると撮影しやすいんですよね。
Joubitaki22519 やってこられた地元の人の話では前はルリビタキ♂がよくきていたようですが、最近はジョウビタキ♀に追われてあまりみないということでした。それでも古墳西のあたりで今日はルリビ♂を見たという話を聞いたのでしばらくうろうろ。
Kogera21119しかし、撮れたのは低い位置にとまってたコゲラとか
Mejiro21119隣の古墳まわりの梅の木に飛んで来たメジロぐらい。
Mejiro21219 もう少し撮りやすいところにとまってほしいものです。
Sakaisi217堺市のマンホールの蓋。 あ、しまった!本場の百舌鳥を撮るのをわすれてた。

February 14, 2019

紅いベニマシコ

Benimasiko21519久しぶりに京都にでも行ってみようと思ってたら朝からどんよりしたお天気で小雨もぱらついてたりしたので断念。早い目にお昼をすましたので淀川河川敷に行ってみることにしました。
Tyougenbou21219狙いはベニマシコ♂だったのですが、川沿いに歩いているとチョウゲンボウ♂がじっととまってました。
Tyougenbou21119
猛禽がねばっているようではここらへんでベニマシコを探すのは無理かな・・・
Oojurin21219野草地区の先までいってみましたがこれといった出会いがありません。また下流側に移動して池をのぞいているとオオジュリンが水を飲みに降りてくるようでしたので少し撮影
Oojurin21119オオジュリンを撮るのは今期はお初です。
Kawarahiwa21119もう一度先まで行って舗装路沿いに戻ってこようとするとカワラヒワの団体さんが近くにいてたので少し撮影
Kawarahiwa21219カワラヒワってよく見るけどあんまり撮ることがないんですよね。
Benimasiko21219カワラヒワと一緒にベニマシコ♀が一羽いてたけどえらい枝被りです。
Benimasiko21319もう少し下った所でこんどは数羽のベニマシコに遭遇。そのうちの一羽がとてもきれいなオスでした。
Benimasiko21419できるだけ枝被りのない位置に来るのを期待してたけどどこか被るし、日が差してると影ができてなんか残念なのしか撮れません。
Benimasiko21119顔の前の枝が気になるけどすぐ近くで撮れたので 贅沢は言えません。今期初めて赤い子が撮れたのでよしとしますか・・・。

February 11, 2019

白いホシハジロ

Hakkahosihajiro21419最強寒波の襲来で雪が降るかもしれないと思って家にこもってましたがうちの辺りは雨が降っただけみたいでちょっと拍子抜け。雨があがってから出かける用もあるので神崎川と猪名川の合流点にいてるという白いホシハジロを見てきました。
Hakkahosihajiro21519最近は公園化している河川敷ですが河川敷に降りれる場所があるかどうかわからなかったけど金毘羅さんの石灯篭の向かいあたりに下に降りれる場所がありました。すぐにホシハジロの群れをみつけましたが、その中には白いのはいてません。白いホシハジロはキンクロハジロの群れの中で発見。しかし、案の定を寝てました。
            Hosihajiro21119  Hosihajiro21219
しかたないので起きている普通のホシハジロ♂♀などを撮りながら白いのが起きてくれるのを待ちました。
Hakkahosihajiro21119ちょっとづつ下流に流されていくのについて歩いているとやっと目を覚ましてくれました。
Hakkahosihajiro21219
白化ホシハジロは昔、甲子園浜で見たことはありましたが、その時も後ろ向いて寝たままで起きているのを見たのは今回が初めてです。 
Hakkahosihajiro21319パタパタもしてくれて、まあ撮るべき姿は撮れたかな。その後対岸に向かって移動し始め川の真ん中あたりから大阪の加島側で潜水を繰り返してたので、神崎橋の上から撮れば少しは近く見えるかもしれないけどもう夕方なので諦めました。
Kanmurikaituburi21119カンムリカイツブリがすぐ近くを泳いでましたのでそれを撮って今日は終了。

February 07, 2019

カリガネを見に行った

Karigane211219少し遠いので今まで行きそびれていたカリガネを見に稲美町まで行ってきました。カリガネはいままで見たことないし、少数が越冬にやってくるだけなので珍しいから見れる時に見ておかんとね。JRに乗って土山の駅までは座ってるだけなもんで簡単に行けるのですが、問題はそれから。地図を見るとカリガネがいてる池まで2㎞弱あります。バスがあればバスに乗るつもりでしたが1時間に1本あるだけだし、すでに出た後みたいでした。しかたないのでやっぱり歩き。
Mikoaisa21119途中コンビニなどに立ちよったりしながら30分ほどかけてやっと到着。南の池にはど真ん中にソーラーパネルなのか人工物が面積をしめていてその周囲にミコアイサをみつけました。
Kawaaisa21219続いてカワアイサ
Kawaaisa21119カワアイサはすぐにパタパタをしてくれましたが、やっぱり背景の人工物が気になります。 
やっと一人だけカメラマンを見つけたので聞いてみると今日はまだ見てないけれど南の池の周囲にたいてい上がって来るはずだとか。
Zugurokamome21119東に向かって歩いてると池の北側の真ん中あたりで気になるものをみつけました。遠くてわかりにくいけど嘴が黒いのでユリカモメではなくてズグロカモメです。加古川の河口で見たことあったけど池にもやってくるんや。しかし、遠いわ・・・
Karigane21119池の東端まで行って対岸の土手の上にオオバンと共にいてるカリガネをみつけました。しかし、オオバンが池の中に降りていくとカリガネも一緒についていきす。
             Karigane21219 Karigane21319
しばらくオオバンと泳いでたので水の上のを撮影
Karigane21419 ソーラーパネルが邪魔なのであまり岸から遠くへはいかないみたいでしたので大きく撮ってみました。カリガネってマガンによく似てるけどやや小型でピンクの嘴と黄色いアイリング、それに嘴の上あたりが白いというのが特徴だそうです。
Karigane211319ひとしきり泳いで再び元の土手の上に上がっていきます。
             Karigane21819 Karigane21719
前から後ろから
Karigane21919嘴の上の部分もこれだけ白くなればもう立派な大人といえるかも。
Karigane211419どこにいてもオオバンが画像に入って来るのでなんか邪魔な気がしますが仲がいいんでしょうね。
Zugurokamome21219池の北側でベンチに座ってお昼をとってると先ほどよりはずっと近いところにズグロカモメがいてたので撮影
Zugurokamome21419左向きも
Zugurokamome21319_2池の横を流れている細い川の上をズグロカモメが飛ぶみたいだったので待ち構えて小さく撮ったのを思いっきりトリミングしてみました。
Kawaaisa21319陽が差してきたのでもしかしたら頭の緑光沢が撮れるかもと思って北側の池の縁に来てたカワアイサ♂を撮影。
Inamityou0207_2
オマケは稲美町のマンホールの蓋。以前クロツラヘラサギを撮りに来た時に撮ったのとは違うように思うのは気のせいかな?         
 

February 02, 2019

甲子園浜波高し

Hoojirogamo21419行きやすい野鳥観察地を一通りまわったけど満足できる所はあまりないなという今日この頃。今日は久しぶりにホオジロガモ♂を見に行こうかと思って甲子園へ。
Rokkousan21119堤防の遊歩道上に立つと六甲山に雪がまだ少し残っているのが見えたので一枚  六甲山と行っても関西人にとっては神戸の北側に並ぶ大小山が連なっている山地全体が六甲山で、ここが六甲山でここが東おたふく山でここが摩耶山と分けてみている わけではありません。
Hoojirogamo21119東に向かって歩き出すと砂浜前で出たり潜ったりする鳥を発見。いきなりホオジロガモ♀に遭遇しました。嘴の先が黄色いのがメスです。
Hoojirogamo21219嘴の先が黄色くないのがオスの若様。ほとんどメスと区別できません。ホオジロガモの成鳥♂の姿はみつかりませんでした。
Umiaisa21119ウミアイサ♀はみつけましたがすぐに見失いました。一応東の端の河口まで見に行きましたがこれといったものには遭遇しませんでした。
Misago2119ミサゴは何度も見たけれど飛びものは得意ではないので小さく写ってるのをトリミング。
Hoojirogamo21319再び砂浜前まで戻ってきた時遠くに白い色のカモを発見。こんどこそホオジロガモ♂!しかしこのオスは海上に浮かんでいる時間がものすごく短く。ファインダーの中に捉えたと思ったら海中に潜ってしまいます。おまけに天気はともかく海の方は波がたってうまく写ってくれません。一応緑光沢の頭が写ってるのでこれはましな方
            Hoojirogamo21519  Hoojirogamo21619
海が荒れてなければもう少し近くを泳いでくれるのかな?以前はテトラの前を泳いでくれたりしたんですがね・・・もう一度見に行った時にはまだいてましたが、そのうちに飛び立ってしまい帰ってこなくなったので引き上げ。
Suzugamo21119スズガモが一か所に集まってましたので砂浜に降りていって撮影。
Suzugamo21219もう一枚。スズガモの周りにハジロカイツブリがいてました。
Hajirokaituburi21219ハジロカイツブリが一か所に集まってましたのでこれも撮影
Hajirokaituburi21119ハジロカイツブリは10羽ほどの集団でした。こんなに集まってるのは海が荒れてるからでしょうか?風もきついので今日は早めに撤収。   
 

January 29, 2019

オジロビタキと猛禽類

Ojirobitaki12219_2今日は珍しいことに急に仕事が休みになったので病み上がりの人の付き添いをかねてオジロビタキのいる公園まで行ってきました。で、以前にも撮ったけどオジロビタキです。現地に到着するといいお天気で陽がさしてました。曇りの光線状態の方が色がわかりやすいんですけどね。
             Ojirobitaki12519 Ojirobitaki12419
今日はまた愛想がよくて可愛いのがいっぱい撮れました。
Ojirobitaki12619_2 これをニシオジロビタキとしてるblogをみかけますけど、やっぱり元祖オジロビタキですよね。
Ojirobitaki12119 地味すぎて背景と同化してピントがあってないこともありました。
Haitaka1119東側のオオタカが来る池にたどり着くといきなりオオタカがカラスに追われて森の中を飛んでいくのに遭遇。再び現れるのを期待して待ってたらハイタカ♂が代わりに登場。遠い上に顔の前に枝が飛び出していてきれいな個体だけにじつに惜しい
             Haitaka11219  Haitaka11319
けっきょく一番たくさんシャッターをきったのがこのハイタカ。わかりにくいけどノビもしてくれました。
Wasi1119そのうちにカラスの一団が登場。オオタカがいてないかと思ってみてたけど黒いのばっかり。しかし、大きさの違うのが一羽いてることに気づいた人がいてたので慌ててカメラを構えました。
Wasi11219_2 画面の端の方に写ってるが2枚撮れただけでしたが、トリミングしてみるとこんなの。なんじゃこりゃ~?  ワシなのか?はたして正体は・・・
目利きさんからオジロワシの幼鳥ではないかというご意見をいただきました。検索してみるとそれっぽい画像も出てきます。カラフトワシとかソウゲンワシという話もありますが、目撃できる可能性という点からするとオジロワシが一番高いかも。
Ootaka11119オオタカを探しに車に乗って移動。今まで行ったことのなかった近くの池に連れて行ってもらいました。池をぐるりと回り込むと下から飛び上がったのがいててそれがこのオオタカの幼鳥。背中側しか見えない上に小枝がいっぱいでていてなんか今一つ
Ootaka11219幼鳥だけどなかなか格好がよろしい
Ootaka11319だんだん高い所に移動していきました。お腹側が見れる位置に移動すると距離があるんよね。
Ootaka11419  その後飛んで行ってしまったので撮れたのがこの程度。
Mikoaisa12219オオタカがいてる池なのにカモがたくさん浮かんでいて、その中にミコアイサを見つけたけれど全員寝てました。
Mikoaisa12119
一羽だけ起きてくれたミコアイサ♂がいてたのでこれを撮影。
Mikoaisa12319時々上を向くのは首の運動なのか、求愛行動なのか? 距離はあるけど10羽ほどの団体さんを見れたので今日はこれまで。

January 28, 2019

ベニマシコとヒラタケ

朝行くことができればヤマセミが撮れるかもしれないといわれてるトンネルのむこうがわですが、とても朝早くには行けそうにないのでお昼ごろにのぞいてきました。
Joubitaki13119駅を出てすぐにイソヒヨドリをみつけたのでカメラを用意して撮ろうとしましたが、ジョウビタキ♀が飛んできてイソヒヨドリと入れ替わってしまいました。
Isosigi12119
橋を渡るとイソシギがいてたのでこれも撮影。クサシギと比べるとやっぱりちっさい。ここはイソシギもいてればクサシギもいてるので運が良ければ両方が撮れるかもしれません。
Hiratake11119いうtものように泥濘の道を歩いていて見つけた可愛いヒラタケ
             Hoojiro12219 Hoojiro12119
奥まで行ってみましたがアオジが出てくるほかは普通のホオジロがいてるだけ。なぜかものすごく近づけました。
Nosuri1119時々小雨が降ってるぐらいなのでカメラマンはゼロ。貸し切りなのですが撮るものがありません。もちろんヤマセミの姿もなし。引き返していて上空を旋回している猛禽に気がつきました。尾羽が丸く開いてたのでこれはノスリですね。ここで撮ったのは初めてかも。
Benimasiko12419ちょっとだけ期待していたベニマシコがいてました。
             Benimasiko12319_2 Benimasiko12219
この木には3羽のベニマシコがきてましたが赤い子がいてません。
Hiratake11219毎年いっぱいヒラタケが出てくる切り株。もうボロボロだったのでなくなってしまったと思っていたらまだありました雑草が生えてる場所が道にせりだしてたので隠れて見えなくなってたようです。
Hiratake11319驚いたのがその切り株横をはしっている溝の中にヒラタケがいっぱいはえてたこと。
Hiratake11419 きっと落ち葉の下には枝があってそこから出ているのでしょうね。それにしてもエノキタケを期待してたけど全く見ませんでした。
Kogamo11119ここに今日来た時にはオスが一羽しかいてなかったコガモの群れ。いつの間にか隠れてたオスが流れの上に出てきたのかな?今日はまあこんなもんでええか。
 

January 24, 2019

ミヤマホオジロとか

Miyamahoojiro11319冬の定番の野鳥、ルリビタキ、ツリスガラ、ベニマシコと撮りに出かけてルリビタキ以外はほとんど坊主に近い状態が続いてます。今日こそはということでミヤマホオジロ狙いでA公園に行ってきました。公園を目指して森に差し掛かったあたりで超ベテランさんが戻って来るのに遭遇しました。まだ正午前だというのに帰ってきてるということは、もしかしたら今日もあかん日ではという不安が・・・。聞いてみるとこれといったものはいてないとか・・・
Atori11219公園に到着してポイントまで来ましたがカメラマンは二人だけ。朝はよく出てたらしいのですが、そのあとは鳴かず飛ばずでさっぱりだとか。先客の2名もいなくなり手持無沙汰なのでその場を離れて昼食をとり、再び戻って来ると松林から鳥がバラバラと飛び立ちました。カメラを構えてじっとしていると鳥たちも戻ってきてくれました。まずはアトリから撮影。
Atori11319アトリは都市公園でも撮れるけど山の方で撮ると本場で撮ったという気がしませんか?
Miyamahoojiro11519     一羽だけミヤマホオジロ♀がいてました。
            Miyamahoojiro11719  Miyamahoojiro11819_3 
アトリと一緒に移動してるのかな?仲は良さそうでした。
Miyamahoojiro11619池の周囲にはえている木の中から飛んでくるみたいで休んでる姿も見ました。
Ruribitaki12119一応ミヤマホオジロも撮れたのでほかに何かいてないかと思ってウロウロ。木道近くでジョウビタキと追いかけっこをしてたルリビタキ♂をみつけましたがぜんぜん撮らしてくれません。
Ruribimesu11119ルリビタキ♀は愛想良く手すりにとまってくれました。
             Nisesyouro1119    Nisesyouro11219
バードバスの丘にも上がってみました。木の実みたいに転がっていたニセショウロの類と思われる黄色いキノコを見つけたので半分に切ってみると中には胞子がつまってました。
Aoji12119_2反対側の天望所はアオジだけでした。
             Hoojiro1119 Hoojiro11219
再び池の縁の松林に戻ってホオジロなどを撮ってると
Miyamahoojiro11219ミヤマホオジロがいつのまにか増えてました。しかもオスもいてます。
Miyamahoojiro11419ミヤマホオジロ成鳥♂ですが、頭の冠羽を立ててほしいのですね。
Miyamahoojiro11919成鳥♂は一羽だけなのかな?
Joubitaki12119今日もジョウビタキ♂を撮って終了。ここにとまる前は赤い実のついている木にとまってたのに・・・なんか残念。ということで今日はこれまで。   
 

January 22, 2019

あかん日

Joubitaki11119今日は午前中は病院に行ってたので午後からの出動。さて、どこに行こうかと悩んだ末、原付でいけるヘルメットマウンテンへ。最近はベニマシコが出ているそうなので期待していたのですが・・・
Joubitaki11219到着してみるとなんか静かでカラスが水浴びしてるのがわかるだけで何かいてるような気がしません。カメラマンも二人だけ。聞いてみると潜ったまんまで全然セイタカアワダチソウの上に出てこないとか。時々ジョウビタキ♂がやってきて愛想をふりまいてくれてましたので何枚か撮影。ジョウビタキ♂も今期は初めてだったような。
Benimasiko11119誰もいなくなってからはるか彼方にベニマシコは登場してくれたのですが、カメラで捉えた時にはメスに入れ替わってました。こちらからでは手前の草が邪魔で撮りにくいので移動したのですがもういてませんでした。
Aoji11119ベニマシコの代わりにいてたアオジでも。2時間ほどウロウロしてねばってたのですがついに諦め。アオゲラかなという声が聞こえたので探したのですが、山の方にむかって飛んでいくそれらしいシルエットを見たのみでした。ということで前回といい今日といい不調のまっただ中にいてるような・・(ノ_-。)   

«天気晴朗なれど風強し